床暖房の効果


おはようございます。思ったより急には寒くならず、比較的暖かい三連休でしたが皆様いかがお過ごしでしょうか?私は、姉一家が来訪したのでバタバタしていました。姉の娘も来年は中学生。早いものです。

さて、White GUWUでは、さっそくいくつかの実験を行っているのですが、その1つが床暖房運用にあります。White GUWUは天井が高いうえ、32畳の1部屋という住宅としては異常に広い空間があります。そのため冷暖房は大きな課題となります。もっとも学校やオフィスなら普通の広さともいえるので、住宅だけ特別・・・ということはないはずです。

White GUWUでは熱容量を考え、ガス床暖房を導入しています。断熱材などは十分に施工しているのですが、果たしてその効果は?床暖房の効果を実証するために、White GUWUではエアコンを付けていません。冬の間はガス床暖房で運用するつもりです。

さて、まだ11月下旬ですが、寒い朝も多いのですが・・・ランニングコスト、イニシャルコストはともかく、現状では「十分」だと感じます。暖まるまでの速度は遅いですが、床が少し暖まれば、気温が低くても意外にいけます。15度台で、くつろいでみましたが首が若干寒いくらいで、大丈夫です。温度上昇のカーブは低いですが、これはまだ秋なのでメモリを10段階の2から3程度しか運用していないからでしょう。また一度暖めると、意外にもちます。これは断熱材の効用もあるのですが、ガス床暖房の特性でもあるのかもしれません。なまあず本舗設計室の事務所では電気床暖房なのですが、すぐに冷えます。

今後もコストなどを含め検証していく予定です。お楽しみに!

カテゴリー: GUWU

新しい時代の建物考~GUWUに住んでみて~


おはようございます。日に日に寒くなっていきますが、紅葉がきれいですね。クリスマスイルミネーションと重なるのはもったいない感じもします。紅葉が終わってからイルミネーションでもいいのに・・・とここ数年感じていますが皆様はいかがお感じでしょうか?

さて、美好町計画ことWhite GUWUも完成し、現在いろいろ運び込んでいる最中です。White GUWUはなまあず本舗の新たな住宅像を示す場でもあり、内部に展示物がある多目的ルームとして利用しています。見学は随時受け付けていますのでお気軽にお問い合わせください。

White GUWUを使い始めて改めて気がついたのは、住宅の常識は疑ってかかるべきだな、ということです。White GUWUにはカーテンがありません(一箇所ブラインドがあります)。カーテンが不要なのです。高窓を中心に構成され、日差しがあまり入らない間取りとなっています。カーテンは汚れやすいですし意外にコストもかかります。また結露などの原因にもなります。ただ必要だ・・・と皆様思っていたと思います。しかし・・・White GUWUではカーテンを排して困ったところはありません。南側掃き出しはシャッターを閉じている間はそもそもカーテンは必要ありませんし、空けても目線はパーテーションで遮られます。断熱に関してはLow-Eガラスのおかげで問題ありません。

他にも玄関框がなかったり、間仕切り壁がなかったり・・・とないものが多いです。しかしメリットが多いですし、デメリットもあまり感じません。デメリットの部分は人によって感じ方が違うと思います。そのあたりを許容できれば、今後の住宅の1つの候補として立派になりたつと思っております。

カーテンなどがなければ、それだけコストダウンになりますし、長い目で見て交換の費用なども節減できます。そのような建設費以外の経費を削ることもこれからの住宅には必要ではないか?と感じます。

カテゴリー: GUWU

完了検査


おはようございます。だいぶ涼しい・・・というより寒くなってきました。町で服装を見ても本格的に秋が深まってきたなと感じます。私も冬着をそろそろ出さなければ。

台風18、19号と連続で来ましたが、幸い府中は大きな影響はなかったのですが、やはり台風は怖いものです。今回が大丈夫だったからといって毎回大丈夫なわけではありません。くれぐれも根拠のない確信で大丈夫だと思わないでください。

さて、昨日、White Guwu(美好町計画)の完了検査を無事終了いたしました。完了検査とは、建物がきちんと建っているか?役所等が最後の確認を行うことです。図面通り施工されているか?チェックします。設計者は当然のことながら、先にきちんとチェックしているのですが、やはり外部の目でチェックしてもらうのは必要です。今回は無指摘で済みました!

DSC_0198 (Custom)完了検査の様子。

今回は、役所、施工者、設計者、施主と4回のチェックが入ります。なまあず本舗では、より安全な建物にするために、施工中の構造のチェックは特に念入りに行っています。構造のチェックは意匠(普通の建築士)が行いますが、なまあず本舗では構造設計の担当が行います。もちろん完了検査は構造の工事が終わっていますので意匠の担当が行います。それぞれの専門性を活かし、チェック漏れがないようにしていきます。

もうすぐ、全容もこのブログでお知らせできると思います。お楽しみに!

カテゴリー: GUWU

美好町計画(GUWU)の進捗状況


おはようございます。3連休も終わりました。快適で過ごしやすい季節ですね。こんなときは山に出かけたいものです。
さて、美好町計画の木工事が終わりました。現在の状況は、下の写真のような状況です。マウスでグリグリして見てください!これはリコーのデジカメTHETAで撮影した全天球画像です。

GUWU第一号案件の美好町計画も10月完成に向けて最後の仕上げに入ります。 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

今後の工事は、室内塗装工事、クロス工事、残りの設備、外構となります。10月中旬には全て工事が終わると思います。見学は来週より受け付けを開始する予定です。気軽にお問い合わせください。

カテゴリー: GUWU

府中市商工まつり報告


おはようございます。今日は蒸し暑いですね。株式会社なまあず本舗は、夏期休業を終え本日から営業を再開致しました。ただいま、たくさん溜まってい るメールや郵便物の処理、ショップの受注処理に追われています。みんな同じようなのか?電話が鳴りませんね。そのうちたくさんかかってくると思いますが (汗)。

さて、8月8~10日に開催された、府中市商工まつりの様子を報告致します。今年は府中市制60周年ということで、主催者側は非常に張り切っていたわけですが・・・残酷すぎる結末が待っていました(涙)

P1010461

20140809_104808_Android (Custom)

初 日は、非常に涼しくお盆休み前ということもあり、近年にはない賑わいを見せました。ここ数年静かでしたからね。初日は・・・。今年は見た目にも違いました からね。なまあず本舗のブースも、午前中からクーポンを持ったお客様で賑わいました。なまあずショップのウリである、50円なまあずクジですが、クーポン を持ってくるとなんと10円!!だったのでお得感があったのかもしれません。50円でも安いのですが(汗)。午前中から特等、1等がでてしまい、あっとい う間にクーポンの先着50名が終了。ここ数年、クーポン〆切はなかったので、びっくりしました。

20140809_104835_Android

今年のなまあず本舗のブースは、通常の2倍で、左側に、なまあずショップ、右側に、なまあず本舗設計室のブースとしました。これにより、落ち着いて設計室のブースを見たい方の要望に応えることができました。一方ショップのほうは賑やかでしたね。

20140808_104613_Android

今 年の設計室の目玉は、なまあず本舗所員全員で作った、1/6軸組模型です。モデルは、府中市美好町に建設中の「美好町計画」で、なまあず本舗設計室オリジ ナル工法の「GUWU」の第一号物件です。テックワンP3プラスを利用した建物で、32畳の居室、広い小屋裏、室内干し専用空間など、なまあず本舗設計室 の設計力を活かした建物となっています。このサイズの模型は作ったことがなかったのですが、非常に迫力がありますね。作るのは本当に大変でしたが。

20140809_105335_Android

トラス部分は、分割して本物と同様に作りました。トラスのうち、1つは接着剤を使わずトラスの原理を使って作りました。

20140807_091842_Android

トラス尻も形状はちょっと違いますが、うまく納めました。GUWU公式ホームページはこちら。

20140807_151125_Android (Custom)

他に、岡部株式会社の7月の新製品のブレスターZを展示。高性能な筋かい金物で、初期剛性がありながら、柱が徐々に倒れていく間も耐力を維持し続け粘る画期的な金物です。他にもGOTAなど展示致しました。ご協力頂きました岡部株式会社の皆様に御礼申し上げます。

20140808_143912_Android 20140808_151343_Android

今年のミニチュア教室は、ドーナツ。非常に好評でした。最強助っ人も手伝ってくれましたし。たくさんの力作が完成しました!

P1010463

今年も、のべ先生のタイルアート教室を開催!こちらも大人気でした!!

初日、2日目と非常に盛り上がりました。

そして・・・

3日目・・・

P1010515

予定していたとはいえ、台風の大雨が大國魂神社境内を襲い、あえなく中止となりました。日曜日なので、商工まつりはたくさんのイベントが残っていたのに残念です。まあ天気には勝てません。なまあず本舗も中止決定をうけて、ブースの撤退を開始しました。

とはいえ、近年には珍しく非常に盛り上がったので良かったです。また来年も出展いたしますので、よろしくお願いします。

軸組模型作りダイジェスト


おはようございます!今日は台風が去って東京は良い天気です。

昨日まで3日間、府中市商工まつりに出展していました。最終日は残念ながら台風による大雨で中止となりましたが、他の二日間は気候もよくたくさんのご来場者があり、なまあず本舗のブースにもたくさんご訪問いただき嬉しかったです。

なまあず本舗の展示の目玉であった巨大軸組模型のダイジェストを紹介します。

今回の軸組模型は、GUWU第一号物件である美好町計画のものです。美好町計画は7月23日に上棟したので、模型のほうがちょっとだけ遅いことになります。今回は様々な皆様にご協力をいただきました。まずは本物を施工をしてくださっている株式会社ハウステックス様。いろいろ参考になる意見を伺いました。調布の平子工務店様には模型の接合部のご指導を頂きました。2センチ角材の調達が困難だったとき調達いただいた株式会社タカキ様。実際に使ったテックワンP3プラスの展示用部材、および耐震部材の模型展示及び説明も手伝っていただいた岡部株式会社様。その他部材の調達及びピット選定などアドバイスを頂いた小田川商店様。他たくさんの皆様のご協力を賜り完成・展示することができました。この場をお借りして御礼申し上げます。

今回利用したのは2センチ角(60センチ)と2センチ×4センチ(60センチ)の2種類です。縮尺は約1/6です。加工しやすいように若干数値は丸めていますが、高さ方向をデフォルメしていないので、ほぼ実情に即した形状になっています。

20140729_145836_Android (640x478)

平子工務店さんにアドバイスいただいたダボ。2センチ角材なので、家具用のものが利用できました。株式会社タカキ様に調達いただいた角材の品質が非常に良いので全数割れなど発生せず非常にスムーズに加工することができました。使用した角材は100本超!!加工は、なまあず本舗設計室の設計部長の山口を中心に設計部メンバーで行いました。

20140805_140906_Android (Custom)

部長の山口は、仕事同様真剣そのもの・・・。

20140806_204916_Android (Custom)

簡単な金物を組み合わせてトラス尻金物などを再現。形は違いますが、接着剤なしで自立するトラスを作りました。

20140806_201709_Android (Custom)

だんだんできてくると嬉しいのですが、巨大なのでショップに迷惑を(汗)

20140807_111954_Android (Custom)

最後には店全体が模型になってきました。

P1010460 (Custom)

商工まつりの会場に運搬し、最終調整して展示。たくさんの皆様に見て頂きました。やはり1/6サイズは巨大で迫力がありますね。

アンケートなどを見ると、意外にも広い部屋に興味があることがわかりました。また広い小屋裏も思いの外好評でしたね。実際の建物が10月に完成予定ですが、そのときはこの模型もあわせて見学会を開こうと思います。

 

 

 

美好町計画の上棟 その2


その1に引き続き、美好町計画の上棟の様子を紹介します。その1の段階で昼過ぎ程度だったので、楽に屋根まで行けるのか?と思いましたが、やっぱりこの猛暑。しかも屋根も初めての構法だったので、思ったより時間がかかりました。だからといって暗くなるまではかかりませんでしたが。

R0032589 (Custom) (Mobile)

トラス部分の拡大写真です。今回、テックワンP3プラスの新仕様のトラス尻金物を採用しています。柱梁の仕口から離してトラスを施工できるので、木の割裂などを防ぎやすいクレバーな形状になっています。計算で大丈夫!といっても実際の施工性や耐久性は気になるものです。できるだけ安全策を講じていきたいです。ちなみに斜材が取り付く水平材は、建物中央で分割されており、7m超のスパンにもかかわらず、それぞれの材料は4m未満。よって普通のトラックでも楽々運べます。これがトラス構法の最大のメリットです。梁の中央で分割されているので不安に感じる方もいらっしゃると思いますが、実際見てみると安心しますよ。私も栃木の幼稚園の実例を見学しましたが、あちらは12m飛ばしていましたが、不安感はなかったですね。設計、施工には細心の注意が必要ですが、今後チャレンジしていきたいと思います。

R0032583 (Mobile)

午後は、屋根を貼ります。屋根パネルはあらかじめ工場で作って運んでいます。なのでクレーンでつり上げて運びます。

R0032575 (Mobile)

敷地内にクレーンを置けて作業ができるというのは、非常に楽ですね。なかなかない好条件に恵まれました。ただ見通せない部分もあるので、身振りなどで指示を送りながら安全には十分注意して作業しています。

R0032584 (Mobile)

クレーンから屋根パネルを降ろしながら、パネルの位置を調整します。棟から軒まで一枚のパネルなので長さは4m近くあります。近くで見ると迫力があります。このパネルはLIXILのダントツルーフという断熱材をあらかじめ施工したパネルです。非常に断熱性が高いだけでなく、パネル上になっているので施工が楽です。勾配天井がある建物で断熱が必要な場合などに採用します。初採用だったため、こちらも慎重に作業します。

R0032591 (Mobile)

始めはスピードが上がりませんでしたが、慣れてくると早いです。後半はあっという間に張り終わりました。職人さんたちの感想は二分しましたね。大変!という声もありました。ただ時間はやっぱり異常に短いし、慣れれば楽という意見が大半でした。慣れればね・・・。通常だと、母屋・棟を施工し、垂木を取り付け、合板下地をはり・・・と屋根の上で延々と作業が続きます。そして合板の上に通気層を設けると更に作業が増えます。そう考えれば一発で施工できるダントツルーフのような商品も場合によっては非常に武器になりますね。何しろ1日で上棟から断熱材付きの屋根下地まで余裕で終わってしまうわけですから。ちなみに翌日雨が降ったのですが、そのままの状態でも一切漏りませんでした。素敵です。

R0032598 (Mobile)

明るいうちに上棟式の準備ができ、ちょっとした宴会。関係者の皆様お疲れ様でした。

 

美好町計画の上棟 その1


おはようございます!梅雨が明けてから暑い日が続きますね。夏好きの私もちょっとバテ気味ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?もう少し体が暑さに慣れれば大丈夫だと思うのですが、まだ慣れていない方が多いと思います。無理せず十分体に気をつけてください。

さて、美好町計画は7月23日に上棟式を迎えました。その様子を紹介いたします。

P1010369 (Custom) (Mobile)

当日は、早朝からたくさんの職人さんたちが集まりました。前日のうちにトラスを組み立てて床に並べておきます。こうやって見るとトラスは巨大ですね。そして材木をたくさん積んだ車もスタンバイ!

P1010371 (Custom) (Mobile)

クレーンを使って一気に材料を敷地内に運びます。晴れて良かった。当日は微風でクレーン作業も問題なし。ただし・・・暑い!梅雨明けしたばかりなので、猛暑が体にこたえます。

P1010375 (Custom) (Mobile)

柱をどんどん建てていきます。金物工法なので、簡単に建ててドリフトピンを打ち込んでいきます。今回、なまあず本舗設計室も施工店も金物工法テックワンP3を初めて利用しましたが、施工性は良好です。ピンが細めで打ちやすいです。

P1010384 (Custom) (Mobile)

柱が立ち上がったら、トラスを載せます。順番を間違えると大変なので、組み立て順は作業前に決めています。トラスは巨大で重いのですが、クレーンでつり上げ屈強な職人さんたちがしっかり取り付けてくれました。

P1010402 (Custom) (Mobile)

梁・桁などを取り付けていきます。写真を見れば分かるのですが、同時に足場も作っています。現場スペースに余裕があるので、作業はしやすいはずなのですが、何せこの暑さ・・・見ているだけでクラクラしそうなわけですから大変です。ただしここまで午前中の早い段階で終わったので、改めて金物工法の効率の良さを感じます。

P1010417 (Custom) (Mobile)

写真右側は小屋裏です。大きく広い小屋裏によって平屋建ての単調さにリズムを与えています。美好町計画のキモは、この小屋裏ではなく、小屋裏に空いた吹き抜けです。これも後日紹介します。

今回、初めてのテックワンP3および、テックワンP3プラス(トラス部)の施工でしたが、大きなトラブルがなくて良かったです。ただし新しい工法ならではの難しい点なども垣間見えましたので、これからの物件ではそれらの課題に取り組んでいこうと思います。トラスは思った以上にがっちりしており、安心感があります。7m超飛ばしているのですが、まったく不安がありません。今後広めの建物を設計するときに大きな武器になると思います。

その2では、屋根と上棟式までをお伝えしようと思います。