XL釘(エクセル釘)

この記事は約1分で読めます。

こんにちは。

近年の木造は、外壁に構造用合板等の面材を貼るのが一般的になっています。ただ、指定の釘を指定ピッチで打ち込むほか、めり込みなどもあるので、意外と大変です。また釘なので抜けやすいとか感じる人もいます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カナイ ワイヤ連結XL釘 エクセル釘 鉄丸釘 黒 めっき釘 XL-NZ50(225本×10巻)
価格:4,800円(税込、送料無料) (2024/5/13時点)

楽天で購入

 

 

抜けが気になる人はビスを使うようですが、指定のビスでなければ、逆に折れやすくて意味がありません。やはり釘の方が良さそうです。ただ耐震補強だとなかなか難しいです。一部最初の止めつけだけビスで固定してから、釘を打つなど工夫が必要です。

そこでXL釘というのがあります。エクセル釘を呼ばれるようですが、XL-N50は鉄丸釘で、頭部の径が通常よりも大きく、めり込みを軽減する効果があります。またXL-NZ50は、メッキしてあります。ツーバイフォー用のXL-CN50もあります。めりこみにくいので、職人さんも安心して打ち込むことができるうえ、打ち込んだ釘の性能が安定するので、特に耐震補強ではお勧めの釘ですね。

コメント