市の旧耐震住宅の各戸訪問と耐震化への壁


おはようございます。

府中市では、旧耐震住宅を地域を決めて一軒一軒訪問して、市の耐震助成制度の説明を行っている最中なのですが、その訪問員を弊社の代表の石塚もやっております。もしご訪問の折には、説明に耳を傾けていただければ、と思います。

説明するまでもなく、古い住宅の持ち主は、自分の家が地震によって倒れるかどうか不安です。実際訪問していて、不安じゃない、と自信を持って答えてくださった方は一名でした。その方は、旧耐震とはいえ、筋かいを大量に入れて当時から地震対策を施していて、現在もほとんど問題がない・・・と感じているからで、決して根拠がない話ではありませんでした。しかしその他の方々は、訪問以前に不安や興味をもってくださっていました。

中には、診断までは終わらせているが、補強に踏み込めない人もいました。やはり予算の問題・・・というのが大きいのですが、それよりも今後の先行き、この建物をどれくらいの期間、使い続けるのか?子どもたちはどうやってこの建物を使っていくのか?悩んでいる方が多かったです。また在宅介護などで工事自体が難しい、という方もいらっしゃいました。

なまあず本舗設計室では、長年多くの耐震相談、耐震診断、耐震補強を行ってきました。予算の問題がクリアできれば、他の問題は相談次第でかなり対応できる、と思っています。毎年のように在宅介護の家の耐震リフォームも行いました。耐震化だけでなく介護しやすく、という工事もできるので経済的ですし、便利性も向上します。取り壊して子どもと新しい住宅を、という方には、建替時の既存住宅の解体助成制度もあります。これは耐震性がないと判断(実際は耐震診断を行う)された建物の建て替えに対して出る補助金で、既に一件採用例があります。

この先何年住み続けるか??これには明確な答えはありません。しかしながら不安を抱えて老後を過ごすのはあまりにも寂しいです。診断、補強に助成金が出る今だからこそ、思い切ってやる!!ということが必要なのではないでしょうか?後で・・・というのはほとんど無理です。実際診断してから時間が経つと、補強する方も少なくなります。やっぱりやめておこう、になってしまいます。しかしながら、今年は5年程前に診断した方から、補強の依頼がきました。やっぱりやろうと。そう思った日が吉日です。

診断された方もされていない方も、ぜひご相談ください。診断、補強経験の豊富な建築士がご対応させていただきます。まずはお電話でご予約くださいませ。

ついでに・・・の怖さ


ついでに何かサービス、というと聞こえは良いですし、嬉しいですね。しかし建築の世界では裏があることが多いです。他の業界もそうかもしれませんが・・・単純に喜んではいけません。

もっとも、善意のサービスで嬉しい場合のほうが多いのですが、たまに・・・ということがあります。

実際にある例では、リフォームをお願いしたら、ついでだから屋根を点検しますよ・・・といって親切に?のぼって調査して、雨樋が・・・とか屋根がずれて・・・とか。そして修理します。

もちろんそのようなこともあるんでしょうけど、そう都合良くずれていません。結局無駄な金額を払って修理を依頼する・・・ということもあります。これは非常に良く聞く話です。訪問業者も同じような手口を使いますね。

私が診断で訪問すると、同じような事象に頻繁に出会います。最近では、浴室の交換時に、周りに筋かいがないので入れておきます・・・と。その金額が載せられたかは不明ですが、そもそもその浴室の周りは

筋かいが入らない場所でした。それなので簡単な薄い板を天井に通しそこに、筋かいを筋かい金物に取り付けていました。全く効果はありませんね・・・。

同じような例。筋かいが取り付いているのは、45×90の板。横架材がないと筋かいなんか効かないので無意味ですね・・・。

また、いくらきちんと付けても、今度は引き抜き用の金物がなければ無意味です。上記の写真でもそれは見えません・・・。筋かいは筋かい金物だけで止めても意味がなくて、その場所に適した柱頭柱脚の金物が必要です。サービスでやるならそれくらいまでしっかりやって欲しいです。

サービスというと、お金を取っていない(取っている場合もありますが)ということもあり、適当になりがちです。やはりしっかりとお金を払っても正しいことをやってもらったほうがいいと思います。

お寺や神社の耐震診断・補強も・・・お任せください!


こんばんは!暑い日が・・・といいたいところですが、朝晩は逆に寒いくらいでして・・・皆様風邪には要注意です。なまあずの所員でも若干一名風邪引いています・・・。

さて、今年はありがたいことにこの時期になってもお仕事の依頼をいただいています。本当に感謝です!!期待に応えるべく頑張って取り組みます。

なまあずは、寺や神社に縁があり、新築や境内の建物、耐震補強などたくさんさせていただいております。

今年も、S寺の耐震補強工事を行ったばかりですが、C寺の耐震補強も始まります。寺の診断・補強は住宅と異なるので経験が重要です。

なまあず本舗では寺社や古い建物の診断・補強の経験がありますので、気軽に相談くださいませ。

大地震の教訓から建物の設計を考える


 

熊本地震は、度重なる地震により当初よりも被害が大幅に拡大しています。余震が止まらなければ応急復旧も救出も支援物質の輸送もままなりません。早く落ち着いてくれるよう願うだけです。

さて、今回被災した建物を見ていると「古い」というくくりだけで説明できないものが多く存在します。後年になってこの地震が建物の設計、デザインでターニングポイントになるかもしれません。

テレビ放送やネットで被災している建物を見ていると、古くて耐震性が足りない木造住宅を除いても以下の点がわかってくると思います。

・木造以外でも旧耐震の建物は倒壊したり被害が大きいものがある
→鉄筋コンクリート造や鉄骨造が強い!という考えはやめたほうがいい。

・伝統的建築物(神社等)も倒壊している
→昔からの伝統的建築物が強いという信仰的な根拠のない考えはやめたほうがいい

・ツーバイフォーや耐震性の高い新築も倒壊している
→地盤の状況、増築の有無、施工の妥当性、設計の妥当性で、耐震性の高い新しい建物も安全とは限らない

・死者が出ている建物は断層沿いに直線上に並んでいる
→断層上の激震地域は非常に揺れやすい。地盤がずれてしまったらその真上の建物はたとえ新築であっても被害は免れない

・倒壊した木造家屋は1階から壊れているものが多い
→やはり耐震補強はまずは1階を優先すべき。できたら2階も行いたい。

・建物は倒壊すると、脱出するのが難しい
→家具や建具も脱出の障害になる。天井などパーツが多ければ多いほど落ちてくる確率が高い

・曲面状のタイル貼り、ガラス張りの自動車ディーラー、1階が柱のみのポーチ状の建物、バランスが悪い異種形状がくっつく建物などは被災し大破していることが多い
→構造計算の可否よりも、最初から無理をしない設計をしたほうが地震については安全なのはいうまでもないことです。

・地盤が悪いところ、盛り土などは相変わらず倒壊しやすい
→地盤対策をしっかり行うことが重要

なまあず本舗設計室は、構造計算を得意としています。しかしながら構造計算で満たしても建物は被害を受けることがあります。それを防ぐには安全率を高めるだけでなく、地盤調査をしっかり行い、その調査結果に応じた地盤対策(杭や基礎)を行って建設する必要はもちろん、複雑な形状を避け、シンプルな建物にしていくべきだと思います。建物自体が無事でも、ガラスが全部落ちてきては、人が多くいる時間では被害が多く発生していたかもしれません。タイルが商店街などで落ちてきたら、人に当たるかもしれません。外装はもちろん内装もできるだけシンプルにし、看板などは十分の強度で取り付け、定期的に点検・補修を行う・・・そいういった普通の対策が震災時の被害を最小限にとどめるために必要だと思います。既存住宅も耐震補強だけでなく、ガラスの対策、避難経路を確保するための家具配置の提案なども積極的に行っていくべきだと思います。

今回の地震で比較的新しい建物の被害が多く発生したことを教訓に、新しい建物の設計・施工に活かし、既存建物の地震対策を見直していくことが必要だと思います。なまあず本舗設計室も情報を整理しこれからの設計・診断・補強に活かしていこうと思っています。

地下室の鉄筋の調査


耐震診断などで、コンクリート内部の鉄筋の調査を行う場合、設計事務所にある機材では調査が難しいので、特殊な調査を行う調査会社に依頼します。

鉄筋調査1
鉄筋調査1

もちろん、調査箇所などは、調査を行う設計事務所が指定します。どこにどれだけ必要か?など事前に検討が必要ですし、調査しやすい箇所を探すことも大切です。上のように調査箇所に場所がわかる表示を貼り、赤い鉄筋調査機をあてます。鉄筋調査2

鉄筋調査2

別な機械では目視で確認できます。

鉄筋調査
鉄筋調査3

鉄筋調査で鉄筋があった部分にテープを貼って配筋の間隔を測定し撮影します。

この調査でわかることは、鉄筋のかぶり厚(鉄筋がどれくらいコンクリートに深く埋められているか?)と鉄筋の方向、位置、サイズです。

これらの実地調査と図面を照合して、各柱梁や壁の性能を導き出し、耐震診断を行う材料とします。

調査器具の価格はとても高く、メンテナンスを考えると設計事務所で持てる物ではありません。当然調査会社へ支払う調査代金も高額になりますが、非破壊でこれだけのことがわかるわけですから、トータルで考えると安価に調査ができるといえます(もちろん高いのは変わりませんが)。

 

耐震診断の申込み状況について


こんにちは!6月も終盤にさしかかり、本日は夏至です。夏至は、二十四節気の第10にあたります。一年で一番日照時間が長いことで知られています。だいたい6月21日か22日であり、今年はめずらしく22日のようです。

昔はどうやって調べていたんでしょうね。暦を作った人たちは本当に凄いと思います。

日照時間が長いので一番暑いとおもいきや、実際は違いますね。夏至を過ぎると本格的な夏が始まる感じです。冬至も実際は、過ぎてから本格的な寒さが来る感じです。空気が暖まる(冷える)のには時間がかかるためです。また日本では梅雨の季節であり日照時間が短いことも原因かと。晴れれば暑いのですが、今日の東京みたいに曇ると涼しいです。

さて、口之永良部島、箱根、浅間山、と噴火の話題が尽きないせいか、耐震診断のお問い合わせが増えています。例年5月から8月はほとんど診断業務がないのですが、今年は途切れません。現在も予定がいっぱい!というほどではないのですが、すぐに!できる状況ではありません。余裕をもったスケジュールでお申込いただけると助かります。現在診断受注状況は、府中市が4件、南部支部管内が2件、その他2件となっております。

なまあず本舗設計室では、診断員3名(日本建築防災協会講習受講済)、補助員2名体制で診断に対応しております。診断員はそれぞれ得意分野を持っていますので、物件に応じて割り振っています(指名も受け付けています)。ただソフトに入力するだけの診断ではなく、構造設計の見地から本格的な診断を行っております。木造だけでなく、ツーバイフォー、鉄骨造、鉄筋コンクリート造、それらの混構造など対応しておりますので、ぜひご相談ください!

ツーバイフォーの耐震診断


おはようございます。清々しい天気に恵まれ府中は・・・選挙カーが行ったり来たり。皆様いかがお過ごしでしょうか??

最近、ツーバイフォーの耐震診断の問い合わせが多いので、ここで本舗のツーバイフォーの耐震診断の特色を書いてみたいと思います。

まず、診断法は、建防協の一般診断法と精密診断法です。在来と違い、正直ほとんど差はありません(・・・)。また出来ることも限られています。そこで本舗ではオリジナルの内容を含めて、より効率良くより現実的な診断を心がけています。

まず一般診断法は、図面診断に告示チェックを加えています。ツーバイフォーは材料の名前と勘違いしている方もいらっしゃいますが、実は仕様規定が在来木造より厳しいのです。それを守らないで建てている建物が非常に多いのが現状です。中にはツーバイフォーといいながら、ほとんどツーバイフォーでない建物も散見されます。目視による調査に限界がある一般診断で効率的に診断するために、構造設計の技術を取り入れ安価ながら比較的的を射た内容にしております。

ただ劣化などは限界があります。そこで精密診断法では、サーモグラフィーによる調査を標準としています。サーモグラフィーは温度差を色で表現するもので、インフルエンザの空港などでの検査などでも見ることがあると思います。建築調査でも非常に有効な道具です。ツーバイフォーは気密性が高い反面、壁内に水が入るとあっという間に腐ってしまうことが多いです。そこで水分が入っている壁を見つけ出し、目に見えない劣化にできるだけ気づけるように導入しています。またスタッドの位置、断熱材の施工不良なども見つけることができますので、非常に有効な手段といえます。あくまで温度を見る道具ですので、目安にしかならないという欠点に目をつぶっても調査で利用したいです。よって本舗では、ツーバイフォーの診断は精密診断法をお勧めしています。

他にもツーバイの構造計算を数百棟行ってきた経験からの診断、磁石などをつかった調査など、通常の耐震診断しかできない事務所の診断とは大幅にグレードが違います。また補強設計・工事の経験もありますので、いざ補強となっても安心しておまかせください。価格的にも在来の診断とほとんど変わらない(若干高い)レベルに抑えております。ツーバイフォーの耐震診断をお考えの方は、気軽にお問い合わせください。

参考ページ:ツーバイフォーの耐震診断(なまあず本舗設計室)

2014年度補正予算案の住宅関連の施策


おはようございます。新年早々に、2014年補正予算案が閣議決定されました。すでに情報は流れていますが、主に消費増税で落ち込んでいる持ち家需要の喚起を図る目的です。

まず、省エネ住宅ポイント制度。2010年の住宅エコポイント制度とほぼ同じで、一定の省エネ性を備えた住宅の新築や、断熱リフォームなどに対して様々な商品などと交換できるポイントを発行するというもの。今回の期間は昨年12月27日から今年の11月末までの契約分。通常のポイントは30万ポイントを限度としていますが、同時に耐震改修を行うと15万ポイントを加算できます。

また新築ではフラット35Sの金利の引き下げ、贈与税非課税措置も延長、などすでに真新しさはないものの、一定の効果があるものも打ち出されています。

現場にいると、そこまで住宅が落ち込んでいるのかな~と疑問に思うことがありますが、致命的に落ち込んでからでは遅いということでしょうか??設計事務所をやっていると麻痺してしまいますが、個人住宅って絶対買わなければならないようなものではないはず。賃貸も含め豊富にストックがある日本において、果たして良い政策なのか??考えさせられます。

とはいえ、建てよう、リフォームしよう!という人にとってはお得な話なので、ぜひぜひご参考に。

最近の耐震診断


おはようございます。東京も本格的な冬を迎えました。寒い!!

さて、寒くても耐震診断はせねばなりません。きつい??と聞かれますが実は動いているので夏よりはるかに楽です。夏は・・・(汗)。

今週は、耐震診断だけで4件実施いたします。府中2件と世田谷1件と葛飾1件です。木造2階建てから、木造3階建ての共同住宅まで様々。長野で大きな地震が発生したばかりですからね。

なまあず本舗設計室では3名の診断員がいます。石塚と後藤と樋口です。石塚はツーバイフォーと木造、後藤はS造、RC造、SRC造、木造、樋口は木造です。それぞれ構造計算も出来る技術者ですので、意匠系だけやっている設計事務所の診断とはひと味違います。また場合によっては意匠の設計部隊にも手伝ってもらい、それぞれの長所を活かした調査も行っております。

さて、今週1件目は、世田谷の木造3階建ての診断。売買前に調査したいとのことで不動産屋さん立会で行いました。所有権も移転していないので非破壊の一般診断法で診断しました。そこそこ古く、検査済証、図面、計算書もないのですが、JIOの検査を行っており、非常にしっかりした作りでした。調査から調査速報まで半日程度と非常に素早く行いました。とりあえず非常に良い建物で良かったです。

今週2件目は、府中市K様邸。府中市の助成金を利用しての診断です。府中市では昭和56年以前に建てられた木造住宅の耐震診断・補強工事に助成金を出しています。なまあず本舗設計室は、この助成金対象の耐震診断を行うことができます。あまり耐震性を考えて作られた時代のものではない住宅で、ちょっと耐震性が不安でした。これから本格的な診断作業に入ります。

今週3件目は、本日府中市A様邸。こちらも府中市の助成金を利用しての診断となっております。今週4件目は葛飾W様邸共同住宅です。今年初めからメールで相談があり、ようやく診断できる状態になりました。共同住宅の場合、住んでいる人の了解も頂かねばなりませんので非常に診断を行いにくいです。住んでいる方のことも考慮して日曜日の診断となりました(通常は日曜日の診断は行っておりません)。

今のところ、今年最後の診断になりそうです。診断は現地診断に注目しがちですが、そのあとのパソコンの耐震診断ソフトでの診断、書類作成、図面作成にも時間がかかります。それでも木造は数週間ですが、鉄筋コンクリート造などは、場合によっては1年がかりということもあります。想像よりはるかに大変な作業となっています。正直料金的に高いな、と思うことはありますが、そう思われないように頑張って診断させていただきますので、よろしくお願いします。

府中市内で工事集中!


おはようございます。今朝は寒い!と思ったのはつかの間。あっという間に気温が上がり「暑い!」という有様。気温の変化はきついですね。上着を脱ぎました。皆様も気をつけてください!

さてさて、なまあず本舗設計室は、府中市を中心に活動している設計事務所なのですが・・・普通「府中市を中心に」といってもいろいろな市に飛び回るのが普通です。しかしなまあず本舗設計室はその仕事の大半を府中市内で行っている珍しい設計事務所なのです。そのため自動車で動くことすらすくなく、大半の現場は自転車です。

現在、拠点の一つであるWhite GUWU(美好町計画)は府中市美好町ですが、そこから歩いて数分の本宿町では、M様の耐震補強工事を行っています。そこから歩いて数分(というより見えそう・・・)の本宿町のE様邸は今週新築契約を締結します。自転車というより徒歩圏内で3件のお仕事をさせて頂いています。そのほか見積もり中のA様邸も美好町(ここも美好町計画から徒歩圏内)です。もうすぐ基本設計が終わるK様邸も府中市本町と徒歩では辛いですが自転車なら10分で到着できます。このように近所なので打合せもスムーズですし、現場チェックもこまめに行うこともできます。移動も時間がかかりませんので低コストですし、地元ならではの特性を活かした設計を行うことができます。

そんなわけで、本当に「府中市を中心に」活動している設計事務所なのです。正直ここまで集中しているのは珍しいのですが(汗)。府中市内の設計、耐震、リフォームは、なまあず本舗設計室にお任せください!