混構造や地下室付き住宅の耐震診断について


最近、混構造の耐震診断について問い合わせが多くなっています。
木造の診断と鉄筋コンクリートの診断ができるのであれば、そんなに難しくない・・・といいたいところなのですが、実際両方詳しい人ってあまり多くないのと、木造部分と鉄筋コンクリート造部分で別々に診断するので、2棟分なので、費用的にかなり高くなってしまう・・・ということもありなかなか診断が行われないのが実情です。あと、混構造は強いと勘違いしている方も多く診断の需要が少ないのも問題なのかもしれません。

コンクリートのかぶりが浅いと割れてしまい鉄筋が錆びて壊れてしまいます。
コンクリートのかぶりが浅いと割れてしまい鉄筋が錆びて壊れてしまいます。

しかしながら地下室付きを含め混構造の戸建て住宅は危険なものが多いのも事実です。鉄骨造との組み合わせは更に危険なものが多いのですが、鉄筋コンクリート造も意外と危険です。最近調査したものでは、木造部分が載るRC造部分の天井(木造から見れば土台がのる基礎)が、薄すぎて若干たわんでいました。普通そんな施工をするはずはないのですが、木造との混構造の場合、鉄筋コンクリート造の工事になれていない業者が多く、知らず知らずのうちに危険な建物を建ててしまいます。それでも3階建てとして申請しているものは、構造設計者が設計しているのでまだマシなのですが、耐震偽装事件前は、特に地下室付きの上部木造2階建てや半地下の木造は構造設計すらされていないで施工されているものが多いのです。これらはかなり危険な建物が多く、また診断もしない方が多いので要注意です。

コンクリートのコア抜き調査
コンクリートのコア抜き調査

本来地下室は地震に強いはずですが、必要な性能がないと耐久性に劣り、危険な建物になります。

調査方法としては、木造部分は高さや土台部分の設計を加味した木造耐震診断を実施し(高さによる違いが顕著なので普通の木造2階建ての診断とは異なります)、地下室部分や1階のRC造部分は、鉄筋調査、コンクリート調査を元に簡易診断を実施します。精密な診断じゃないの?と言われますが、施工精度が追いついていない建物では精密に診断できないのです。鉄筋の基本的な仕様になっていてくれれば精密の意味もでてくるのですが、ほとんどの場合独自の方法です。特に古い建物(平成10年くらいまで)は顕著です。それに本当に精密にやろうと思うと調査金額が跳ね上がります。昔は当設計室も相談を受けると正直に精密診断の金額を提示していましたが成約するはずがありません(笑)。しかし相談などで危険な混構造が多いことに気がつき、少しでも安価にできないものか・・・と研究を重ね現在に至っています。

鉄筋のはつり調査。コンクリートを削って実際の鉄筋の状態を確認します。図面がない場合などこの調査が必要な場合があります。
鉄筋のはつり調査。コンクリートを削って実際の鉄筋の状態を確認します。図面がない場合などこの調査が必要な場合があります。通常は超音波による調査で鉄筋間隔やコンクリート厚さを測定します。

最近は、混構造で木造部分(精密診断法1又は一般診断法)と鉄筋コンクリート部分(コンクリート調査と鉄筋調査と実測による簡易診断)と建物全体の診断でようやく50万円を切るようになってきました(はつりがない場合)。外注の鉄筋調査とコンクリート調査だけで約20万円かかるので、この金額でも結構厳しいです。ただこの金額だと検討してみたい、という方も増えてきています。もちろん地下室や混構造の1階部分だけの診断というのもできます。その場合はもっと低価格(35万円くらい)でできることもあります。図面等があれば、更に精密に診断することもできます。お客様の要望に柔軟に対応いたしますので、詳しくはご相談くださいませ。

 

窓のタイプ


こんにちは

家を外観を決める大切なポイントの一つが窓です。種類が多く、デザインや機能も多彩ですが

用途やデザインに合わせて適切な形状を選ぶのも大切です。

大まかに分けて窓には3つ種類があります。

 

引いて開けるタイプ押し引きして開けるタイプそのほかのタイプです!

引いて開けるタイプの窓は、

例えば引き違い窓、片引き窓、上げ下げ窓といった種類があります。

開閉のためのスペースがあまり必要としないので、室内が無駄なく使えます。そして他の窓に比べて

面積が大きく取れますので、外の明かりを多く取り入れられますので気持ちいい空間になります。

主に、リビングや普段使う部屋。人が集まる部屋によく使われます。設計では風通しを良くする為に窓通しを

対面に配置する等気を配ります。

 

押し引きして開けるタイプの窓は、

例えば、すべり出し窓、たてすべり出し窓、内倒し窓といった種類があります。

欧米スタイルの住宅で多く使われています。上下、左右、内外など、開く方向もいろいろあり

デザイン性も充実しいて人気が高いです。

ただし、開く方向にガラス戸に飛び出ますので開閉時のスペースをきちんと確保しましょう。

高さの位置も自由が利きますが、他の窓に比べて面積が少ないです。

その為外から除かれにくくなるので、トイレや脱衣室などに使われることが多いです。

最近は和室等に、すべり出し窓を足元くらいの高さに設けて正座した時に坪庭を望むというプランも人気です。

 

そのほかのタイプの窓は、

出窓、FIX窓、オーニング窓、ルーバー窓等あります。開き方もさまざまです。

ただし、ルーバー窓は格子をかける等の防犯上注意が必要になり、最近はあまり見かけなくなりました。

ではまた次回。

コンクリートのかぶり厚


こんにちは!10月も下旬になりましたね。日本でもハロウィンがすっかり定着してきました。あのコスチュームや仮装がイマイチ慣れないのは私だけではないはずなのですが・・・馴染めません(笑)。

さて、現在P社ビルの補修を行っているのですが、今日、現場に呼ばれて行ってみたら

P1050425 (Small)

はい。鉄筋が露出しています。というより、元々コンクリートのかぶり厚(基準法だと3センチ)が取れていないというより、まったく被っていないレベルですねえ。

コンクリートは鉄筋を守っています。なくなると錆びてきます。またコンクリートも脆くなって剥がれ始めます。元はといえば、施工時にしっかり施工してくれていればこのようなことは起こりにくいのですが、今さら言っても仕方がありませんね。きちんとポリマーセメントで覆って補修しておきます。

鉄筋が出てくると言えば、最近軍艦島に行ってきました。こちらは鉄筋をしっかり覆っていたようですが、海風に長年あたって、鉄筋が錆びて覆っていたコンクリートが壊れてしまっています。

P1050062 (Medium)

↑軍艦島の様子。軍艦島に関しては別途記事を書きます。軍艦島に行く方は、「軍艦島に行くときの注意点」という記事を書いていますので、一度読んでみてください。

矩計図


こんにちは

今日は矩計図についてご紹介します。

矩計図・・・読み方は「かなばかりず」といいます。

建物を垂直に切った面を描いていまして、家を建てる時に必要な情報が積み込まれている図面になります。

家を建てる時に必要な情報というのは、「壁の仕上げはこんな建材を使いますよ」とか「床はフローリングですよ」とか

「高さはいくつ」「梁の寸法(サイズ)はいくつ」とか、各部分の納まりが描いてあります。

納まりというのが建築はとても大事で、下手に書いてしまうと現場から苦情が来ます。

私の知っている建築家の方はあえて若手の人に描かせてみるそうです。「矩計図が描けてようやく理解してきた」と。

試されるのでしょう。

嫌な事や厳しい事を言われ、そんな状況下で、ようやく一人前になっていくそうです。厳しい世界だと思います。

その中で、技術だけではなく人の付き合い方や人生の大事な事を師匠から弟子へと、脈々と伝わっていきます。

今、建築の業界は情報改ざんで信用が失われつつあります。

師匠も弟子も考える時期かもしれません。

 

 

シックハウス


こんにちは

2003年7月より、シックハウス対策が義務付けられる建築基準法改正に伴い、

住宅性能表示の基準と評価基準が変更されました。低ホルムアルデヒド仕様マークは、

「ホルムアルデヒド発散建築材料」のうち、ホルムアルデヒドの発散量をF☆☆☆☆からF☆までの4段階で区分してます。

「住宅部品表示ガイドライン」

F☆☆☆☆(フォースター)は低ホルムアルデヒド仕様マークです。

F☆☆☆☆  建材(構造用合板、床材、断熱材等)は制限なく使用できます。

F☆☆☆   建材は床面積の2倍まで使用できます(換気回数0.5回/時間の場合)

F☆☆    建材は床面積の30%までした使用できません(換気回数0.5回/時間の場合)

F☆      建材は居室(寝室、リビング、ダイニング等人が常時いるところ)に使用できません

 

ASCII

こんな風に建材に記入してあります。

外壁材の種類


こんにちは

外壁材は外観のイメージに大きく影響する、そして住まいの印象を決める大切な素材です。

今日は主な外壁材の種類と特徴をお話します。

【窯業系サイディング】

軽い素材で種類も多く一戸建ての木造に大変適してます。

主な種類に窯業系、金属系、木質系と種類が豊富。

【モルタル+塗り壁】

比較的安価で施工できます。

職人の手仕事による漆喰や珪藻土を使った塗り壁もあり独特の風合いが特徴でかつ人気があります。

重い素材です。時間経過するとひび割れができる時もあります。ご注意下さい。

【タイル】

外壁一面タイル貼りというのはあまり見られません。玄関等を一部分だけタイルを貼り付けて

違った印象を与えてくれます。

【コンクリート】

耐火性耐水性に優れてデザイン性に優れています。

RC造と呼ばれる建築物に使われているのはもちろんで予想通り重いです。

【ALC】

日本語に直すと軽量気泡コンクリートという素材です。コンクリートの中に空気が入っています。

『A』は空気『L』は軽い『C』コンクリートという意味です。

その名の通り軽い素材になります。鉄骨造によく使われていて耐火性に優れていて地震に強いです。

 

 

エコジョーズ


こんにちは

今日はエコジョーズ(省エネ高効率給湯器)についてです。

潜熱回収型給湯器 水からお湯を作るときにエネルギーを使います。

その熱が燃料エネルギーのおよそ80%しか回収できなかったのですが、エコジョーズでは排出していた(一次)熱交換エネルギーを二次交換熱エネルギーで水の沸点を下げることにより潜熱を回収できるようになりました。

普通の給湯器より少ないガス量で効率よくお湯を沸かすことができる給湯器です。ほかとの違いは排気熱を再利用することでさらに給湯熱効率が上がりました。瞬間でお湯が沸きますのでお湯をたくさん使う人向けです(4人家族等お湯を使う時間が被る人向け)

エコジョースとエコフィールがありますが、燃料に違いあってこれは商品名です。どちらも同じ高効率給湯器です。

ガス給湯器がエコジョーズ

石油給湯器はエコフィール

欠点は排水処理が必要になります。

 

 

明日は商工祭りです


こんにちは。

なまあず本舗は7日(金)8日(土)9日(日)の府中市商工祭りに参加します。

当日は架空の町のジオラマと建物のミニチュアを展示します。

 

DSCF0661

1回50円で引けるくじ引きや(クーポン有の方は10円(先着順)ミニチュア教室も開催します!

場所はこちらになります。

みなさんお楽しみに!

商工祭り

 

太陽光発電システムについて


こんにちわ、今日は久しぶりの雨ですね。

私は普段小田急線をよく利用するのですが、こちらだいぶ
昔に高架になりましてもう地上を走っているのは一部の区間のみとなってしまいました。

すると車窓から住宅の屋根が見下ろせていろいろな形があって結構楽しいです。
最近太陽光パネルを設置している住宅を良く見かけます。

屋根の形や敷地にとってもさまざまですがが決まってますから、大きさのそれぞれ違います。
見て思うのは、太陽光パネルも形が変わったなということ。
私が子供の頃、ソーラーカーとかエコが流行りだした頃でしてその頃の太陽光パネルと
今のデザインではその違いに驚きます。

 

今回は太陽光発電パネルの種類についてご案内します。
■太陽光発電システムの種類と特徴

①単結晶シリコン型
(セル)太陽電池本体)全体がひとつの結晶になっているのが単結晶です。
新商品は単結晶シリコンが主流になってます。

【利点】変換効率が20%前後高く、少ない面積設置でも多くの発電が期待できる。
【欠点】シリコンの使用量が多いため、価格が高い

【主なメーカー】
ジャパンソーラー
東芝
リクシル

②他結晶シリコン
セルの中に、小さなシリコン結晶がいくつも入っているものが他結晶です。
価格と性能のバランスが良いため、現在まで最も生産されてます。

【利点】単結晶型よりもシリコン使用量が少ないため、コストが安い
【欠点】単結晶と比べて、発電量が見劣りする

【主なメーカー】
SHARP
京セラ
③ハイブリット型単結晶シリコン
単結晶の「高い発電効率」、アモルファスシリコンの「高温時でも発電量が低下しにくい」という
双方のメリット組み合わせたハイブリット型です。パナソニック、長洲産業が販売してます。

【主なメーカー】
SHARP
京セラ

 

同じように見える太陽光パネルですが、それぞれ違いがあるんですね

明日は 太陽光パネルが活躍できるように晴れるといいですね!

 

 

お花見


おはようございます。

府中も桜の花がきれいですね。もう散り始めましたが。今週末がお花見のラストだと思われます。しっかり見納めしておきましょう。

明日、明後日の4月4日・5日には、府中市市民桜まつりが開催されます。府中公園通りの見事な桜のトンネルは一見の価値がありますよ。パレードも行われます。詳しくはホームページにて。

他にも桜の名所はありますが、三箇所紹介します。

DSC_0081
上の写真は分倍河原駅から近い美好町公園の桜です。ここも安全にお花見しやすいスポットの1つです。私がバイトしていたコンビニが隣にあり買い物も便利です♪

DSC_0087

インテリジェントビル周辺の、すずかけ公園もお花見しやすいです。会社の夜のお花見で場所取りしている若者の姿が妙に懐かしいです。

DSC_0072
府中市内には桜の名所はたくさんあります。上の写真は、鎌倉街道を上った新府中街道(ヤマダ電機などの前の通り)と呼ばれる道路沿いの桜です。ここもキレイですよ。

桜が終われば、府中はいよいよ「くらやみ祭」のシーズンに突入します。お楽しみに!