ル・シーニュ オープン(府中駅南口複合施設)


おはようございます。毎日毎日暑い日が続いた3連休。それでも府中市内は普段からは想像できないくらい人の出が多かったです。

ル・シーニュ

そうです。ル・シーニュがオープンしました。府中駅南口の商業施設ですが、上部は府中市市民活動センタープラッツやバルトホールがある複合施設です。早くこの手の施設が欲しかった!と思った方も多かったはず。いろいろ感想等が入ってきましたが、飲食店不足が解消されたことと、無印良品やサンドラッグなどが駅前に戻ってきたこと、プラッツとのアクセス性の高さなど、さまざまな面で府中駅前に利便性をもたらしてくれます。しばらくは不満点なども残ると思いますが、混雑していること自体が、周囲の期待の表れ。今後イベントなどで、さらに魅力を高めていけばいいと思います。

プラッツは、貸会議室など充実している。

建築設計では、完成時は確かに完成なのですが、実際は違います。そこに住まう人、利用する人が、そこから育てていくものです。建築士や施工会社はそこまで全力をつくします。しかしそこから先はそこに集う人たちの努力で成り立ち、その比率は非常に高いのです。もちろんその建物自体が使いにくい!となったら駄目なのですが、工夫して使い続けることこそが、テナントビルにおける成功か不成功の分かれ目になると思います。

ル・シーニュのオープンにより南口の回遊性が非常に上がりました。各店舗である伊勢丹がやや南に寄っていたことと、再開発によって飲食店やその他店舗が少なすぎたことでバランスを欠いた構成になっていましたが、今は、飲食が多いル・シーニュが駅寄りにあり、各ショップがルシーニュ、フォーリスと並んだことで、行き来しやすくなりました。

ル・シーニュの完成により、ペデストリアンデッキによる回遊性が非常に高まり、伊勢丹・フォーリス・くるるとの連携によりスムーズな移動が可能になった。

くるるも、ルシーニュができたことで、孤立しなくて済むようになりそうです。若干北側の京王アートマンが孤立気味になると思いますが、北口の新ビルなどが整備されれば、解消されてくると思います。長くかかりましたが、南口は建物的に完成したと思ってよいでしょう。

ル・シーニュで秀逸なのは、2階でしょう。小さな吹き抜けをうまく使ったイベントスペースは、上階からも見やすく非常に使いやすそうです。実際オープニングからイベントやコンサートなどを見てきましたが、音響も悪くありませんし、周囲の店舗への影響も最低限に抑えています(オープン時だからちょっと混雑状態になっていましたが)。このスペースを活かした魅力あるイベントを今後も開催し続けてほしいものです。ここが無理でも上階にプラッツもあるので企画する側も安心です。

現時点では、チェーン店が多いとか、重複する店が多いとか、飲食が多すぎとか、若干構成に疑問を覚える人も多いようです。元々、この地域にあった店が優先的に戻ってくる再開発でもあったので、そのあたりの調整は難しかったと思います。フォーリスやくるるも、店の入れ替えは結構ありましたし、これが完成形ではなく、これから徐々に変わっていくと思います。今後に期待して暖かい目で見守っていきたいと思います。

 

 

ゲリラ豪雨とその対策


おはようございます。東京は暑すぎて頭が回らない・・・という方も多いと思いますが、大雨の被害が拡大しています。被害に遭われた皆様に心からお見舞い申し上げます。

近年の雨は、しとしとと降り続く、というより爆発的に大雨がふる、いわゆるゲリラ豪雨型が増えています。そしてその雨雲が一定の地域に集中し、他の所では晴れたまま、ということも多く、対策は非常に難しいです。

なまあず本舗のある府中は近年洪水などが起こっていないので「大丈夫!」と思っている方は多いと思いますが、本当の大雨が集中することが少なかっただけのことです。もちろん府中市は下水道もかなり整備されていますし、大きな河川は多摩川だけ。特にハケの上は元々洪水が起きにくい地形になっています。

しかしながら、数年前のちょっとした大雨で道路が冠水しているところは見かけましたし、つい先日の台風の翌日の夕立では、やはり道路が川状になっていました。長く大雨が続くと府中でも被害がでることは間違いなさそうです。そもそも都市は豪雨に強くないです。決して他人事ではないのです。

対策としては、まずは天気予報をこまめにみること。豪雨になれば傘などほとんど役に立たないことがあります。自動車の移動も同様です。そういうときは外出しない、外出しているときは、テナントや駅の中にいて外にでない、などが必要です。幸い現在のスマートフォンには、雨がどのような地域にどれくらい降っているか?リアルタイムにわかるアプリがあります。そういったものを駆使してまずは濡れないことの対策をしましょう。

天気予報で豪雨や夕立の可能性がある場合は、家を出るまえに、排水溝などを掃除してつまらないようにしておきましょう。雨樋も同様です。

日頃から、万が一に備えて、地震もそうですが避難場所などを再確認しておきましょう。また建物によって異なりますが浸水を防ぐ工夫をしておきましょう。地面から近い換気口は位置を確認しすぐに塞げるようにしておきましょう。簡易土のうなどを準備しておくことも大切です。地下室がある場合などは、特に対策は重要です。

意外と忘れられますが、大雨のときは断水しやすいです。水を用意しておくことをお忘れ無く。もちろん停電の可能性もありますので懐中電灯などのチェックもお忘れ無く!!

市の旧耐震住宅の各戸訪問と耐震化への壁


おはようございます。

府中市では、旧耐震住宅を地域を決めて一軒一軒訪問して、市の耐震助成制度の説明を行っている最中なのですが、その訪問員を弊社の代表の石塚もやっております。もしご訪問の折には、説明に耳を傾けていただければ、と思います。

説明するまでもなく、古い住宅の持ち主は、自分の家が地震によって倒れるかどうか不安です。実際訪問していて、不安じゃない、と自信を持って答えてくださった方は一名でした。その方は、旧耐震とはいえ、筋かいを大量に入れて当時から地震対策を施していて、現在もほとんど問題がない・・・と感じているからで、決して根拠がない話ではありませんでした。しかしその他の方々は、訪問以前に不安や興味をもってくださっていました。

中には、診断までは終わらせているが、補強に踏み込めない人もいました。やはり予算の問題・・・というのが大きいのですが、それよりも今後の先行き、この建物をどれくらいの期間、使い続けるのか?子どもたちはどうやってこの建物を使っていくのか?悩んでいる方が多かったです。また在宅介護などで工事自体が難しい、という方もいらっしゃいました。

なまあず本舗設計室では、長年多くの耐震相談、耐震診断、耐震補強を行ってきました。予算の問題がクリアできれば、他の問題は相談次第でかなり対応できる、と思っています。毎年のように在宅介護の家の耐震リフォームも行いました。耐震化だけでなく介護しやすく、という工事もできるので経済的ですし、便利性も向上します。取り壊して子どもと新しい住宅を、という方には、建替時の既存住宅の解体助成制度もあります。これは耐震性がないと判断(実際は耐震診断を行う)された建物の建て替えに対して出る補助金で、既に一件採用例があります。

この先何年住み続けるか??これには明確な答えはありません。しかしながら不安を抱えて老後を過ごすのはあまりにも寂しいです。診断、補強に助成金が出る今だからこそ、思い切ってやる!!ということが必要なのではないでしょうか?後で・・・というのはほとんど無理です。実際診断してから時間が経つと、補強する方も少なくなります。やっぱりやめておこう、になってしまいます。しかしながら、今年は5年程前に診断した方から、補強の依頼がきました。やっぱりやろうと。そう思った日が吉日です。

診断された方もされていない方も、ぜひご相談ください。診断、補強経験の豊富な建築士がご対応させていただきます。まずはお電話でご予約くださいませ。

混構造や地下室付き住宅の耐震診断について


最近、混構造の耐震診断について問い合わせが多くなっています。
木造の診断と鉄筋コンクリートの診断ができるのであれば、そんなに難しくない・・・といいたいところなのですが、実際両方詳しい人ってあまり多くないのと、木造部分と鉄筋コンクリート造部分で別々に診断するので、2棟分なので、費用的にかなり高くなってしまう・・・ということもありなかなか診断が行われないのが実情です。あと、混構造は強いと勘違いしている方も多く診断の需要が少ないのも問題なのかもしれません。

コンクリートのかぶりが浅いと割れてしまい鉄筋が錆びて壊れてしまいます。
コンクリートのかぶりが浅いと割れてしまい鉄筋が錆びて壊れてしまいます。

しかしながら地下室付きを含め混構造の戸建て住宅は危険なものが多いのも事実です。鉄骨造との組み合わせは更に危険なものが多いのですが、鉄筋コンクリート造も意外と危険です。最近調査したものでは、木造部分が載るRC造部分の天井(木造から見れば土台がのる基礎)が、薄すぎて若干たわんでいました。普通そんな施工をするはずはないのですが、木造との混構造の場合、鉄筋コンクリート造の工事になれていない業者が多く、知らず知らずのうちに危険な建物を建ててしまいます。それでも3階建てとして申請しているものは、構造設計者が設計しているのでまだマシなのですが、耐震偽装事件前は、特に地下室付きの上部木造2階建てや半地下の木造は構造設計すらされていないで施工されているものが多いのです。これらはかなり危険な建物が多く、また診断もしない方が多いので要注意です。

コンクリートのコア抜き調査
コンクリートのコア抜き調査

本来地下室は地震に強いはずですが、必要な性能がないと耐久性に劣り、危険な建物になります。

調査方法としては、木造部分は高さや土台部分の設計を加味した木造耐震診断を実施し(高さによる違いが顕著なので普通の木造2階建ての診断とは異なります)、地下室部分や1階のRC造部分は、鉄筋調査、コンクリート調査を元に簡易診断を実施します。精密な診断じゃないの?と言われますが、施工精度が追いついていない建物では精密に診断できないのです。鉄筋の基本的な仕様になっていてくれれば精密の意味もでてくるのですが、ほとんどの場合独自の方法です。特に古い建物(平成10年くらいまで)は顕著です。それに本当に精密にやろうと思うと調査金額が跳ね上がります。昔は当設計室も相談を受けると正直に精密診断の金額を提示していましたが成約するはずがありません(笑)。しかし相談などで危険な混構造が多いことに気がつき、少しでも安価にできないものか・・・と研究を重ね現在に至っています。

鉄筋のはつり調査。コンクリートを削って実際の鉄筋の状態を確認します。図面がない場合などこの調査が必要な場合があります。
鉄筋のはつり調査。コンクリートを削って実際の鉄筋の状態を確認します。図面がない場合などこの調査が必要な場合があります。通常は超音波による調査で鉄筋間隔やコンクリート厚さを測定します。

最近は、混構造で木造部分(精密診断法1又は一般診断法)と鉄筋コンクリート部分(コンクリート調査と鉄筋調査と実測による簡易診断)と建物全体の診断でようやく50万円を切るようになってきました(はつりがない場合)。外注の鉄筋調査とコンクリート調査だけで約20万円かかるので、この金額でも結構厳しいです。ただこの金額だと検討してみたい、という方も増えてきています。もちろん地下室や混構造の1階部分だけの診断というのもできます。その場合はもっと低価格(35万円くらい)でできることもあります。図面等があれば、更に精密に診断することもできます。お客様の要望に柔軟に対応いたしますので、詳しくはご相談くださいませ。

 

窓のタイプ


こんにちは

家を外観を決める大切なポイントの一つが窓です。種類が多く、デザインや機能も多彩ですが

用途やデザインに合わせて適切な形状を選ぶのも大切です。

大まかに分けて窓には3つ種類があります。

 

引いて開けるタイプ押し引きして開けるタイプそのほかのタイプです!

引いて開けるタイプの窓は、

例えば引き違い窓、片引き窓、上げ下げ窓といった種類があります。

開閉のためのスペースがあまり必要としないので、室内が無駄なく使えます。そして他の窓に比べて

面積が大きく取れますので、外の明かりを多く取り入れられますので気持ちいい空間になります。

主に、リビングや普段使う部屋。人が集まる部屋によく使われます。設計では風通しを良くする為に窓通しを

対面に配置する等気を配ります。

 

押し引きして開けるタイプの窓は、

例えば、すべり出し窓、たてすべり出し窓、内倒し窓といった種類があります。

欧米スタイルの住宅で多く使われています。上下、左右、内外など、開く方向もいろいろあり

デザイン性も充実しいて人気が高いです。

ただし、開く方向にガラス戸に飛び出ますので開閉時のスペースをきちんと確保しましょう。

高さの位置も自由が利きますが、他の窓に比べて面積が少ないです。

その為外から除かれにくくなるので、トイレや脱衣室などに使われることが多いです。

最近は和室等に、すべり出し窓を足元くらいの高さに設けて正座した時に坪庭を望むというプランも人気です。

 

そのほかのタイプの窓は、

出窓、FIX窓、オーニング窓、ルーバー窓等あります。開き方もさまざまです。

ただし、ルーバー窓は格子をかける等の防犯上注意が必要になり、最近はあまり見かけなくなりました。

ではまた次回。

コンクリートのかぶり厚


こんにちは!10月も下旬になりましたね。日本でもハロウィンがすっかり定着してきました。あのコスチュームや仮装がイマイチ慣れないのは私だけではないはずなのですが・・・馴染めません(笑)。

さて、現在P社ビルの補修を行っているのですが、今日、現場に呼ばれて行ってみたら

P1050425 (Small)

はい。鉄筋が露出しています。というより、元々コンクリートのかぶり厚(基準法だと3センチ)が取れていないというより、まったく被っていないレベルですねえ。

コンクリートは鉄筋を守っています。なくなると錆びてきます。またコンクリートも脆くなって剥がれ始めます。元はといえば、施工時にしっかり施工してくれていればこのようなことは起こりにくいのですが、今さら言っても仕方がありませんね。きちんとポリマーセメントで覆って補修しておきます。

鉄筋が出てくると言えば、最近軍艦島に行ってきました。こちらは鉄筋をしっかり覆っていたようですが、海風に長年あたって、鉄筋が錆びて覆っていたコンクリートが壊れてしまっています。

P1050062 (Medium)

↑軍艦島の様子。軍艦島に関しては別途記事を書きます。軍艦島に行く方は、「軍艦島に行くときの注意点」という記事を書いていますので、一度読んでみてください。

矩計図


こんにちは

今日は矩計図についてご紹介します。

矩計図・・・読み方は「かなばかりず」といいます。

建物を垂直に切った面を描いていまして、家を建てる時に必要な情報が積み込まれている図面になります。

家を建てる時に必要な情報というのは、「壁の仕上げはこんな建材を使いますよ」とか「床はフローリングですよ」とか

「高さはいくつ」「梁の寸法(サイズ)はいくつ」とか、各部分の納まりが描いてあります。

納まりというのが建築はとても大事で、下手に書いてしまうと現場から苦情が来ます。

私の知っている建築家の方はあえて若手の人に描かせてみるそうです。「矩計図が描けてようやく理解してきた」と。

試されるのでしょう。

嫌な事や厳しい事を言われ、そんな状況下で、ようやく一人前になっていくそうです。厳しい世界だと思います。

その中で、技術だけではなく人の付き合い方や人生の大事な事を師匠から弟子へと、脈々と伝わっていきます。

今、建築の業界は情報改ざんで信用が失われつつあります。

師匠も弟子も考える時期かもしれません。

 

 

シックハウス


こんにちは

2003年7月より、シックハウス対策が義務付けられる建築基準法改正に伴い、

住宅性能表示の基準と評価基準が変更されました。低ホルムアルデヒド仕様マークは、

「ホルムアルデヒド発散建築材料」のうち、ホルムアルデヒドの発散量をF☆☆☆☆からF☆までの4段階で区分してます。

「住宅部品表示ガイドライン」

F☆☆☆☆(フォースター)は低ホルムアルデヒド仕様マークです。

F☆☆☆☆  建材(構造用合板、床材、断熱材等)は制限なく使用できます。

F☆☆☆   建材は床面積の2倍まで使用できます(換気回数0.5回/時間の場合)

F☆☆    建材は床面積の30%までした使用できません(換気回数0.5回/時間の場合)

F☆      建材は居室(寝室、リビング、ダイニング等人が常時いるところ)に使用できません

 

ASCII

こんな風に建材に記入してあります。

外壁材の種類


こんにちは

外壁材は外観のイメージに大きく影響する、そして住まいの印象を決める大切な素材です。

今日は主な外壁材の種類と特徴をお話します。

【窯業系サイディング】

軽い素材で種類も多く一戸建ての木造に大変適してます。

主な種類に窯業系、金属系、木質系と種類が豊富。

【モルタル+塗り壁】

比較的安価で施工できます。

職人の手仕事による漆喰や珪藻土を使った塗り壁もあり独特の風合いが特徴でかつ人気があります。

重い素材です。時間経過するとひび割れができる時もあります。ご注意下さい。

【タイル】

外壁一面タイル貼りというのはあまり見られません。玄関等を一部分だけタイルを貼り付けて

違った印象を与えてくれます。

【コンクリート】

耐火性耐水性に優れてデザイン性に優れています。

RC造と呼ばれる建築物に使われているのはもちろんで予想通り重いです。

【ALC】

日本語に直すと軽量気泡コンクリートという素材です。コンクリートの中に空気が入っています。

『A』は空気『L』は軽い『C』コンクリートという意味です。

その名の通り軽い素材になります。鉄骨造によく使われていて耐火性に優れていて地震に強いです。

 

 

エコジョーズ


こんにちは

今日はエコジョーズ(省エネ高効率給湯器)についてです。

潜熱回収型給湯器 水からお湯を作るときにエネルギーを使います。

その熱が燃料エネルギーのおよそ80%しか回収できなかったのですが、エコジョーズでは排出していた(一次)熱交換エネルギーを二次交換熱エネルギーで水の沸点を下げることにより潜熱を回収できるようになりました。

普通の給湯器より少ないガス量で効率よくお湯を沸かすことができる給湯器です。ほかとの違いは排気熱を再利用することでさらに給湯熱効率が上がりました。瞬間でお湯が沸きますのでお湯をたくさん使う人向けです(4人家族等お湯を使う時間が被る人向け)

エコジョースとエコフィールがありますが、燃料に違いあってこれは商品名です。どちらも同じ高効率給湯器です。

ガス給湯器がエコジョーズ

石油給湯器はエコフィール

欠点は排水処理が必要になります。