大地震の教訓から建物の設計を考える


 

熊本地震は、度重なる地震により当初よりも被害が大幅に拡大しています。余震が止まらなければ応急復旧も救出も支援物質の輸送もままなりません。早く落ち着いてくれるよう願うだけです。

さて、今回被災した建物を見ていると「古い」というくくりだけで説明できないものが多く存在します。後年になってこの地震が建物の設計、デザインでターニングポイントになるかもしれません。

テレビ放送やネットで被災している建物を見ていると、古くて耐震性が足りない木造住宅を除いても以下の点がわかってくると思います。

・木造以外でも旧耐震の建物は倒壊したり被害が大きいものがある
→鉄筋コンクリート造や鉄骨造が強い!という考えはやめたほうがいい。

・伝統的建築物(神社等)も倒壊している
→昔からの伝統的建築物が強いという信仰的な根拠のない考えはやめたほうがいい

・ツーバイフォーや耐震性の高い新築も倒壊している
→地盤の状況、増築の有無、施工の妥当性、設計の妥当性で、耐震性の高い新しい建物も安全とは限らない

・死者が出ている建物は断層沿いに直線上に並んでいる
→断層上の激震地域は非常に揺れやすい。地盤がずれてしまったらその真上の建物はたとえ新築であっても被害は免れない

・倒壊した木造家屋は1階から壊れているものが多い
→やはり耐震補強はまずは1階を優先すべき。できたら2階も行いたい。

・建物は倒壊すると、脱出するのが難しい
→家具や建具も脱出の障害になる。天井などパーツが多ければ多いほど落ちてくる確率が高い

・曲面状のタイル貼り、ガラス張りの自動車ディーラー、1階が柱のみのポーチ状の建物、バランスが悪い異種形状がくっつく建物などは被災し大破していることが多い
→構造計算の可否よりも、最初から無理をしない設計をしたほうが地震については安全なのはいうまでもないことです。

・地盤が悪いところ、盛り土などは相変わらず倒壊しやすい
→地盤対策をしっかり行うことが重要

なまあず本舗設計室は、構造計算を得意としています。しかしながら構造計算で満たしても建物は被害を受けることがあります。それを防ぐには安全率を高めるだけでなく、地盤調査をしっかり行い、その調査結果に応じた地盤対策(杭や基礎)を行って建設する必要はもちろん、複雑な形状を避け、シンプルな建物にしていくべきだと思います。建物自体が無事でも、ガラスが全部落ちてきては、人が多くいる時間では被害が多く発生していたかもしれません。タイルが商店街などで落ちてきたら、人に当たるかもしれません。外装はもちろん内装もできるだけシンプルにし、看板などは十分の強度で取り付け、定期的に点検・補修を行う・・・そいういった普通の対策が震災時の被害を最小限にとどめるために必要だと思います。既存住宅も耐震補強だけでなく、ガラスの対策、避難経路を確保するための家具配置の提案なども積極的に行っていくべきだと思います。

今回の地震で比較的新しい建物の被害が多く発生したことを教訓に、新しい建物の設計・施工に活かし、既存建物の地震対策を見直していくことが必要だと思います。なまあず本舗設計室も情報を整理しこれからの設計・診断・補強に活かしていこうと思っています。

南岸低気圧


雪も止みましたし雨ももうすぐ止みそうです。たくさん積もったわりに、早く雪が溶けそうですが凍結が心配です。

さて、北国の方から質問がありました。こっちは大丈夫だけど何で関東にそんな大雪が降るの・・・と。

これは、関東の雪が北から雪雲が流れてきた・・・という事では無く、主に日本列島南岸を発達しながら東に進んでいく、通称「南岸低気圧」というものの影響で降ることが多いからです。

南からの低気圧なら暖かい空気を運んでくるのでは?と思うかもしれませんが、進行方向の東側に温暖前線、西~南側に寒冷前線が形成され、反時計回りに回転(台風と同じ)するので、寒冷前線付近では、強い北風と雨・雪をもたらすことがあります。記憶に新しい2014年2月に2回関東で発生した記録的な降雪もこの種の低気圧の影響が大きいとされます。もっともその年は、記録的な寒波が日本列島に流れ込み、ただでさえ寒い日が続いた上、低気圧が急速に発達を続け、しかも動きが遅かったこともあり記録的な降雪となりました。今日のように、それほど寒くなければ、雨になります。実際事前の予報では雨・・・でしたが、昨晩あたりから気温が低い・・・ということで大雪に予報が変わっています。更に温度が低かったら2014年みたいになったかもしれません。天気は奥が深いですね。

今朝の府中は大雪!


P1060085 (Small)

今朝の府中は・・・大雪です。意外と気温が高いな~という印象ですが、積もりましたね・・・。

今朝起きたら庭で約10センチほど積もっていました。東京ではこれでも大雪です。府中の交通機関も影響があり、中央線や武蔵野線も運休していましたね。今は動いているみたいですが。京王線や南武線も含め遅れているようです。これから通勤時間ですので、早めに行動しましょう。また情報のチェックもお忘れ無く!滑りにくい靴で出かけましょう。

府中は雨になりつつありますが、テレビをみていると八王子などはまだまだ雪のようですね。練馬は雨になっています。どちらにせよ滑りやすく足元が悪いので気をつけてくださいね。

なまあず住宅相談 第4回 建築基準法ギリギリで木造住宅を設計した場合、地震に対して安全か?


なまあず住宅相談は、なまあず本舗設計室に電話で相談された案件のうち、比較的多いもの、特徴的なものを紹介しています。

第4回は、建築基準法ギリギリで木造住宅を設計した場合、地震に対して安全か?という質問です。

建築基準法第1条には「この法律は、建築物の敷地、構造、設備及び用途に関する最低の基準を定めて」とあります。

つまり「構造」については「最低の基準」を定めているのです。つまり建築基準法を満たした=最低の基準をクリアしているに過ぎず、そこから先は設計者がお客様の要望を聞きながら安全を確保していく、ということなのです。

なので、建築確認が通った最新の住宅でも、最低の基準!なんてことはあるのです。木造住宅でも実際、ギリギリで設計して、という話しは今でも聞きますね。計算できる時代だからこそ極限まで余力をそぎ落とす・・・こともできるわけで・・・構造計算しているから安全ともいえないのです。まあ、安全を確認しないで壁量だけで適当に判断するよりはマシなのですが。

ただし、近年は設計者や施工者の設計施工の知識が平準化してきており、金物などの取り付けに関してもそんなに問題なくなってきました。また構造用合板の普及により、高倍率の耐力壁の施工が行われツーバイフォー工法に近い耐震性を在来住宅で持つことも可能になりました。しかしながら今度は、仕口や基礎の強度不足が発生したり・・・と若干いたちごっこの部分もあります。ただ新築時で、無理をしない設計を行っているのであれば昔とは比べものにならない耐震性を確保したことには変わりなく、通気工法の普及もあって、比較的寿命が長く耐震性のある建物が、低価格の建売住宅も含め実現しやすい時代になったといえます。しかしながら、役所などのチェックが入りにくい木造二階建てに関しては、基本的な耐力壁の計算すら知らないで設計している人がいたり、金物施工や基礎の施工を間違える人もいるわけで、設計・施工に関しても完全に安心していいものではありません。

さて、とりあえず設計や施工の心配は置いておいて本題に戻ります。そうです。ギリギリだったら・・・の話しです。

結論から言えば、わかりません(・・・)。

別に無責任に言っているわけではありません。

というのは、設計上ギリギリといっても次の2点が大きく響いてくるからです。

まず地盤。地盤の良し悪しは、そんな単純なものではありませんが、地盤が悪ければそれだけ倒壊の可能性は高くなります。しかも地盤調査レベルでは不確定要素が多すぎて判断できません。

次に形状。単純でバランスが良い物で、ギリギリ設計のものと、複雑でバランスが悪い物で、ギリギリ設計では、かなりの強度の違いがあります。耐震診断のようにバランスなどで評点を落とす切り口の違う方法で計算するとはっきり差がでてくることがあります。

長くなりましたが、地盤が良くてバランスが良ければ、ある程度の地震が来ても倒れる確率は低いです。これは阪神淡路大震災の頃も同じでした。さすがに震災の経験を踏まえて基準法は定められているので、ギリギリといってもそんなに簡単に壊れる基準じゃないはずです。ただし、不確定の要素である地盤と、壁量計算と四分割法といった簡易な検討ではわからない形状の問題が倒壊損傷の重要な要素となると思います。まずは良い地盤を選び、地盤に自信がないなら、ある程度余裕のある設計を、構造のことがよくわかる設計者にしてもらうといいと思います。

 

 

津波と台風


地球の裏側のチリでの大地震で日本にも津波が押し寄せてきました。巨大な地震というのは地球全体が揺れるといいますが、影響がここまで広い災害もすごいですね。

今のところ最大30センチほどというので、大きな被害がでないと思われますが、過去にも遠方の津波で被害にあったことがあります。遠方の地震での津波は影響を予測しにくいので用心したほうがいいと思います。

今年の日本は災害が多いような気がします。噴火に注目が集まりますが、台風の影響も多い年です。また日本に台風が近づいてきているようです。幸い連休は晴れの予報が多いですが、予断は許しません。

なまあず本舗設計室では、天災の1つである地震に対する備えとして、耐震補強をお勧めしています。補強を効果的に安価に行うための精密診断をまずはやってみましょう、価格は高いですが、助成金を使える場合もあります(昭和56年以前の場合)。また昭和56年以降は安全との考え方が広がっていますが、実際は木造住宅の場合平成15年くらいまでは、耐震設計されていないものが多く散見されます。念のため専門家に相談してみてはいかがでしょうか?

今朝は揺れました


今朝午前5時49分頃、東京湾を震源とする地震が発生。本舗のある隣の市である調布市で最大震度5弱という比較的強い地震でした。府中もかなり揺れました。私は起きていたのですが、体感的には震度4程度でした。府中市からのメールでは府中市は震度3と意外に小さいものでした。

最近は雨が多く地盤も緩みがちなので、この程度でも影響がある家屋はあるかもしれません。揺れが大きく感じた人は念のため点検してみたほうがいいと思います。古い家屋だけでなく、比較的新しい家屋も金物等の緩みがでる可能性があります。壁にヒビが入ったり、クロスにヒビが入ることもあります。この程度でもそういう現象が起こる場合、建物の耐震性が低い可能性が高いです。できるだけ早く耐震診断してもらいましょう。

とりあえず大事に至らず良かったです。

もうすぐ東日本大震災から4年


おはようございます。東京は週末から天気が悪く、せっかくの卒業旅行などが台無し!という学生さんも多かったと思います。社会人には春休みはないからこの時期ディズニーランドが混雑するとか理解出来ない人も多いとか・・・。

さて、この時期になると思い出すのが東日本大震災。あれから4年も経つのですね。テレビ特番などで見ていると、かなり昔の出来事・・・のように見えてきます。もちろん復興状況などは地域毎に差があり一概に言えないのが本当の所でしょうけど、直接被災していない人にとっては、風化も始まってきているのも事実でしょう。仕事的にも戸建て住宅の耐震診断・補強はかなり少なくなりましたし、新築住宅の設計でも耐震性を第一に、というケースは減ってきています。

我々は、建築設計を行うのがお仕事ですから、当然、耐震や構造に詳しくなければなりません。しかしながら、あの震災後、津波や原発がクローズアップされて、現在の新築住宅は、大きな地震でも大丈夫、と感じる一般の方と同様に、そう感じている建築設計の方が増えたのも気になります。言うまでも無く、東日本大震災は直下型ではなく、木造住宅の倒壊可能性が高い周波数の地震波である通称キラーパルスも少なかった地震です。もちろん大きな揺れも発生しましたが、木造住宅等には影響が少ない地震だったのです。これを震度7(栗原市など)でも大丈夫だったという事実が1人歩きしているようです。

でも実際は違います。未だ地震の揺れと住宅の関係は完全には解明されておらず、現在の住宅も阪神大震災のような地震で対応できるかは不明です。何よりも火事・液状化など他の要素もありますし、そう簡単に震災の被害を防ぐことはできません。

だからといっていたずらに不安を煽るのは良くないです。ただこういった震災があった日や、週くらいは振り返ったり、備えを再確認することは必要だと思うのです。震災は忘れた頃にやってくる、です。

最近の耐震診断


おはようございます。東京も本格的な冬を迎えました。寒い!!

さて、寒くても耐震診断はせねばなりません。きつい??と聞かれますが実は動いているので夏よりはるかに楽です。夏は・・・(汗)。

今週は、耐震診断だけで4件実施いたします。府中2件と世田谷1件と葛飾1件です。木造2階建てから、木造3階建ての共同住宅まで様々。長野で大きな地震が発生したばかりですからね。

なまあず本舗設計室では3名の診断員がいます。石塚と後藤と樋口です。石塚はツーバイフォーと木造、後藤はS造、RC造、SRC造、木造、樋口は木造です。それぞれ構造計算も出来る技術者ですので、意匠系だけやっている設計事務所の診断とはひと味違います。また場合によっては意匠の設計部隊にも手伝ってもらい、それぞれの長所を活かした調査も行っております。

さて、今週1件目は、世田谷の木造3階建ての診断。売買前に調査したいとのことで不動産屋さん立会で行いました。所有権も移転していないので非破壊の一般診断法で診断しました。そこそこ古く、検査済証、図面、計算書もないのですが、JIOの検査を行っており、非常にしっかりした作りでした。調査から調査速報まで半日程度と非常に素早く行いました。とりあえず非常に良い建物で良かったです。

今週2件目は、府中市K様邸。府中市の助成金を利用しての診断です。府中市では昭和56年以前に建てられた木造住宅の耐震診断・補強工事に助成金を出しています。なまあず本舗設計室は、この助成金対象の耐震診断を行うことができます。あまり耐震性を考えて作られた時代のものではない住宅で、ちょっと耐震性が不安でした。これから本格的な診断作業に入ります。

今週3件目は、本日府中市A様邸。こちらも府中市の助成金を利用しての診断となっております。今週4件目は葛飾W様邸共同住宅です。今年初めからメールで相談があり、ようやく診断できる状態になりました。共同住宅の場合、住んでいる人の了解も頂かねばなりませんので非常に診断を行いにくいです。住んでいる方のことも考慮して日曜日の診断となりました(通常は日曜日の診断は行っておりません)。

今のところ、今年最後の診断になりそうです。診断は現地診断に注目しがちですが、そのあとのパソコンの耐震診断ソフトでの診断、書類作成、図面作成にも時間がかかります。それでも木造は数週間ですが、鉄筋コンクリート造などは、場合によっては1年がかりということもあります。想像よりはるかに大変な作業となっています。正直料金的に高いな、と思うことはありますが、そう思われないように頑張って診断させていただきますので、よろしくお願いします。

猛烈な勢力の台風19号日本列島に接近か?


こんにちは。台風が去り平和で落ち着いた天気が続いている府中ですが・・・また日本列島には台風19号なるものが接近しているようです。海水温度が高いためどんどん強くなっています。今朝の午前3時現在でフィリピンの東を西北西に進んでいるのですが、その中心付近の気圧はなんと900hpa!!!まああまり聞いたことがない気圧です。ちなみに最大風速は中心付近で60m/sと強烈。最大瞬間風速は85m/sと推定される超弩級の台風に発達しているようです。秋とはいえ、日本列島周囲も海水温が高い為、それほど弱まらず上陸する可能性もでてきました。

台風18号は日本列島に大きな被害を残していきましたが、幸い府中は雨以外ほとんど影響がありませんでした。だから安心している人も多いと思いますが、進路や諸条件によって被害状況は大幅に変わるのが台風です。用心したほうがいいのは当たり前の話です。実際府中と都心部はそれほど距離が離れていないのに、テレビ中継で見る限り風も別物でしたから・・・。

また台風18号で思わぬ所に被害がでているかもしれませんので、土曜日あたりまでに点検を終わらせておきたいものです。前回大丈夫だった・・・は、ただの過信に過ぎないのです。

御嶽山噴火について


おはようございます。連日、御嶽山噴火のいたたまれないニュースが飛び込んできています。被害者の皆様に心からお見舞い申し上げるともに、早期の噴火の沈静化を願ってやみません。

今回の噴火は、現在の情報によると水蒸気噴火に分類され、それほど大きな規模の噴火ではないそうです。被害者が多かったのは、登山シーズンであり、多くの登山客が山頂付近にいたことが原因のようです。私は登山には詳しくないのですが、まさか3000m級の高山にあれだけたくさんの登山客がいたとは想像できませんでした。近年の登山ブームもあるのでしょうか??

水蒸気噴火は、火山の地下水をマグマなどの熱で熱せられ、気化して大量の水蒸気が発生し、その圧力が急速に上昇することによって発生します。よってマグマ噴火などに比べ、進行が早く予知しにくい傾向にあるそうです。実際、今回の噴火前に、地震が急増していたそうですが、専門家も噴火までは予測していなかったようです。地震が増えたから必ずしも噴火する・・・わけではないし、実際地震が急増したというニュースは日本中至る所で報道されていますが、それで噴火や大災害になったというのは希だと思います。ただ、近年の噴火などが事前に予測されていたりしたため、噴火は予測できると勘違いしている人も多かったようです。

自然現象は未だ解明されていないことが多く、誤解している部分もあると思います。ネットなどの情報を鵜呑みにするのも危険です。少なくとも「絶対」ということはないことを理解して生活していきたいものです。