住宅の花粉症対策


おはようございます。まだ寒い季節ですが、確実に春へ向かっています。

そして・・・花粉が飛び始めました。花粉症の人には辛いシーズンです。

基本的には治療や薬、マスクで対策していると思いますが、住宅の対策を忘れてはいませんか?

花粉症は基本的に花粉が入ってくる数で決まりますので、屋外はともかく、周囲の花粉の量を減らすことが悪いはずがありません!!

一戸建ての住宅では24時間換気システムが動いているので、これで花粉が入ってくる!といって切ってしまう人を見かけます。木造住宅で多く採用されている第三種換気は、吸気口から入った空気を換気扇で出すだけなので、換気扇は室内の悪い物、つまり花粉も含め出してくれるのでここで対策をするのは基本間違えです。入ってくる場所を確認しましょう。まず吸気口。ここを塞ぐ・・・というのもアリかもしれませんが、今は良い物が出ています。

 

吸気口をそのままフィルターで覆ってしまおう、という優れもの。しかも風向きまで変えられるので隙間風対策にも有効です。サイズはSとLの二種類。ある程度汎用性があるので、お勧めです。肝心のフィルターも花粉向けですし、汚い外気もある程度遮断してくれます。とりあえず花粉のシーズンだけ使用!というのもOKで、交換も可能です。

 

 

サイズが合えば、互換フィルターなどを使うのも手です。

 

 

隙間風が気にならないなら、外に貼り付けるだけのフィルターのほうがコストパフォーマンスはいいです。

エアコンを多用するなら、花粉対策を講じているものを利用するのが吉です。そして自動お掃除機能を搭載しているものは比較的お勧めです。エアコンの外部に貼るタイプなど色々あります。室内の花粉を出来るだけ減らす、ということで試して見る価値はあります。もちろん空気清浄機も有効です。

よく窓を開ける人は、吸気口対策はそれほど効果がありません。特に網戸で換気する方は多いと思います。当然たくさん花粉は入ってきます。出来れば避けたいのですが、網戸自体にフィルターをするという方法もあります。

 

これは網戸の目を細かくするので通風は減りますが、砂埃なども防げるので重宝する人も多いようです。また副次的な効果として目隠しになることも人気がある理由です。取り付けも簡単ですので換気は窓を開けたい!という人にはお勧めです。

忙しい人でも家にいる時間は長いはずです。特に寝ている時間がありますから。そのため家の中の対策は重要です。空気清浄機も有効ですが、まずは入ってこないように工夫しましょう。

 

お勧めの防災グッズ・・・水電池


おはようございます。暖かい日から一転、昨日はちょっと寒かったですね。そんなことを言っているのも4月まで。暑い夏はもうすぐそこですよ。

さて、本日はお勧めの防災グッズを紹介します。水電池です。通常の乾電池の期限は5年程度と短いです。震災などでは必ず必要になってきますが、実は備蓄が向かない商品の一つです。

そこで水電池です。保存期限は約20年!!!しかも、水を入れれば使え、使えなくなっても水を交換すれば何度かは使える優れものです。なまあず本舗でも購入して備蓄しています。備蓄しているのは下記の物。単三電池100本!!で、単2、単1の変換アダプター、50本ものスポイト。各部署で分けて使うため説明書も最初から10枚付属しています。家庭ではここまで必要ないかもしれませんので、もう少し少ないセットをお勧めします。

 

そして、この電池の使い道は、電圧が低いので、LEDライトやラジオ、時計などです。なのでLEDライトセットやラジオセットというものも販売されています。

おそらくアルカリ乾電池も備蓄をしておき、それ以外として水電池を用意しておくといいでしょう。水電池は電圧が低いため、デジタルカメラ、モーター駆動のもの、デジタル通信装置などには向かないでしょうからね。

大きな地震などの災害のときは、電気が復旧するのにかなりの時間がかかると思います。案外電池は必要ですので、ぜひぜひ備蓄をお勧めします。

なまあず学習ミニ製図台(A3)セット


おはようございます。今日も過ごしやすい良い天気ですね。外回りに出たい気分です。

さて、なまあず本舗では、なまあずショップというセレクトショップを運営しています。住生活を楽しくするものをメインに取り扱っています。当店だけでしか手に入らないオリジナル商品(Ji-jiブランドなど)もあります。

さて、本日なまあずショップから紹介するのは、なまあず学習ミニ製図台(A3)セットです。

DSCF7935 (Custom)

昔の建築設計は、ドラフターという製図台に手書きで図面を書いていました。非常に高価かつ精密で建築設計を行いたいと夢見た若者には憧れの装置でした。しかし時の流れはコンピューター化。CADが普及したため手書きで図面を書くことが激減しました。ただ建築士試験は依然として手書きです。ちょっとしたデザインをするのも鉛筆で・・・という方も多いです。

手軽に製図できる安価な製図台はないか?と探していたら、輸入品で手頃なものが見つかったので試しに注文し社内で使ってみました。軽量なプラスチックの筐体、A3で扱い安い機構、なかなか魅力的です。ただし強度不足は否めず、本格的に使うには役不足とも感じました。ただし、これから建築を志す方や、ちょっとした作図をしたい方には、適していると判断。なまあずショップでの販売を開始いたしました。

特徴は各部品の取り付け、取り外しが容易で、操作性に優れること。薄型軽量で、すぐに片付けたり運ぶことができること。付属の箱も取っ手がついており、片付けや運搬もできます。また紙おさえが標準でついており、ドラフティングテープなどなくても紙を固定できます。これは非常に便利です。

ただし、説明書もありません。海外の商品で国内のドラフターとは使い勝手が違いますしセッティングに迷うこともありました。そこでなまあず本舗では、初期のセッティング等を解説した独自マニュアル(A4裏表)を作成し付属させ、始めにあったほうがいいな、と思われる、字消板(製図)、三角スケール、消しゴムを付属させました。また平行定規的に使いたい方のために三角定規も付属させオリジナルセットを完成させました。

思ったより好評で、予想以上に売上げを上げています。元々そんなに仕入れているわけではないので、欲しい方は早めにご注文ください。店頭にも展示してありますので触ることができます。

2012年夏の新商品


こんばんは!あっという間に三連休終わりましたね・・・というよりすごい暑さでしたね@全国。集中豪雨が続いている地域もあり、何かとヘンな夏ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

なまあず本舗は、府中市商工まつりの準備の真っ最中です。7、8月の新商品のお披露目のときでもあります。既発表の「家族で耐震診断」も、商工まつりで初お披露目となります(楽天市場店での発売は7月末)。久々に模型ありの新提案住宅モデルも発表します。リフォームモデルではなく新築です。名称も先週決定しました。自宅で制作中です。

急に暑くなって、体が辛い時期だと思います。皆さん無理をせず夏を乗り切りましょう。そして楽しみましょう♪

書斎な生活


なまあずソリューションでは、過去に執筆した内容を見直して書き直したり、転載したりしたコーナー「書斎な生活」コーナーを設けております。

なまあずソリューションのページの右側にナビゲーションを置いているのですぐわかると思います。人気のマルチリスイレーサー(マルチリスイレーザー)のページや、HOUSE-ST1DocuWorksのページもあります。構造計算とは?木造耐震診断ソフト紹介も移植しました。

過去の商品紹介のレビューも使ってみたお勧めツールに移植しました。これは古い情報も多いのですが、せっかくなので残しました。最近、新しいページ、E-P3,IS12T,Aterm WM3600R,LifeTouch NOTE を追加しました。これからも続々更新予定です。