なまあずステーションのリニューアルのお知らせ


こんばんは!寒い寒いといっていましたが、何処まで寒くなるのでしょうか??暖かいおうちが欲しい今日この頃です。

さて、なまあず本舗では、なまあずステーションという建築士・建築関連業者向けの会員制サイトを運営しています。なまあずショップでソフトウェアを購入していただいた方へのヒントサイト!として運営していました。有料SNSをベースに作っていたのですが、なかなか良い感じになりません。そこで昨秋より、リニューアルに向けて作業してきました。ようやく形になってきました。3月には間に合うのでは?と現在急ピッチに調整中です。

新なまあずステーションは、eラーニングシステムを元に構成しております。今まではSNSという人的交流サイトを土台に作っていたのでどうしても情報提供という点以外の発展が難しかったのです。しかしeラーニングシステムを基本に開発し直したので、ちょっとしたWEB講座などを、簡単に織り込むことができ、メンテナンスもかなり簡単になりそうです。また購入者以外の方にも活用して頂ける部分も用意し、裾野を広げていく予定です。建築士受験の方向けのコンテンツも用意し、意匠設計に関する情報も提供予定です。

なまあず本舗では、「住生活安心」というテーマを掲げ一般の方向けの住宅の設計をメインに行っています。しかし上記のような専門家向けの活動を「なまあずソリューション」という部門でやっております。なぜ??と思う方もいらっしゃると思います。しかしながら、建築分野は日々のレベルアップは不可欠。こうした分野での情報発信を行うことによって技術向上・維持につながっているわけです。

そんなわけで、今回はこんな活動もしていますよ!というお知らせでした。新なまあずステーションにこうご期待!

なまあずソリューションの電子書籍


なまあず本舗のソリューション部門を担うのは、なまあずソリューション。電子書籍やアプリなどを開発しています。

そのなまあずソリューションの電子書籍シリーズは、Nasebanalyといいます。なまあず本舗が企画した電子書籍の総称で、マニアックなもの(・・・)が多いのが特徴です。なまあずソリューションの技術で作られています。ほとんどが無料で、なまあずショップFC2支店で販売されています。一部セットなどは、なまあずショップ楽天市場店で販売されています。

このたび、より多くの方にお読みいただくべく、電子書籍作成・販売サイトのパブーに登録することになりました。年末までに複数の作品を掲載する予定です。パブーのサービスを利用して楽天koboやkindleなどでの取り扱いも視野に計画しています。現在は、HOUSE-DOC Ver3の有料手引きを出品していますが、今後、HOUSE-ST1やDocuWorksなどといったお馴染みのシリーズや、ぷちレポートなど無料の短編も掲載予定です。暇つぶしくらいには・・・なるかな??

楽天の電子書籍端末kobo


本日届きました!

別に個人の買い物ではありません。なまあず本舗では、なまあずソリューションという電子書籍発行部門があります。koboはなまあず本舗の電子書籍では正式対応する予定です。他にSonyReaderも対応しています。ほぼ同じ性能がある両者なので、特別なことが無い限り問題なく使えるようです。iPadなどに比べ、軽くて小さくて、電池が長持ちします。また晴天下でも読みやすいので、両者とも持っても損はしません。なまあずソリューションでは、今後マニアックな電子書籍を続々発行予定です。

なまあず本舗の出版事業


おはようございます。お天気お姉さんたちは、傘はいらない・・・といっていたのですが今日もしっかり雨が降っています。いつの間にか梅雨に入ったのですね。皆様いかがおすごしでしょうか?

今日は、なまあず本舗の出版事業について紹介。なまあず本舗は設計事務所とショップの知名度が高いのですが、ミニ出版社でもあるのです。出版事業は、なまあずソリューションが管轄しています。

でも、たいしたことないだろう?と思われるかもしれません・・・・はいその通りです。しかしなまあず本舗の中での比率は決して小さくはなく、社長直轄の事業として力を入れている事業の一つなのです。

主なものは、構造計算・耐震診断ソフトの電子書籍です。こちらは実務を行っている建築設計事務所という立場を活かし、実用性に富んだ解説書を作っています。ソフトとセットで販売という形を取らせて頂いています。また昨年10月より、なまあずショップダウンロード支店をオープン。無料のものを多く公開しています。今後、有料のものも含め、ラインナップを強化していく予定です。

さて、今年第一弾は、無料版(太っ腹←自画自賛)の「HOUSE-DOCで学ぶ耐震診断」です。こちらは、本日公開となった2012年改訂版木造住宅の耐震診断と補強方法の変更点の解説がついてきます。なのでHOUSE-DOCユーザー以外にも役に立つと思います。6月15日ダウンロード開始予定です。

ちなみに、HOUSE-DOCの部分は、Ver3がもうすぐ発売されるので、改訂なしです。早い話HOUSE-DOCでマスターする耐震診断(Free版)に改訂版の変更点の解説をつけたものとなっています。

今後も続々と(←嘘!のんびりマイペースに)、いろいろな(難しい内容ばかり)電子書籍を発行してきますので、よろしくお願いします。

書斎な生活


なまあずソリューションでは、過去に執筆した内容を見直して書き直したり、転載したりしたコーナー「書斎な生活」コーナーを設けております。

なまあずソリューションのページの右側にナビゲーションを置いているのですぐわかると思います。人気のマルチリスイレーサー(マルチリスイレーザー)のページや、HOUSE-ST1DocuWorksのページもあります。構造計算とは?木造耐震診断ソフト紹介も移植しました。

過去の商品紹介のレビューも使ってみたお勧めツールに移植しました。これは古い情報も多いのですが、せっかくなので残しました。最近、新しいページ、E-P3,IS12T,Aterm WM3600R,LifeTouch NOTE を追加しました。これからも続々更新予定です。