2017年7月末時点のプロジェクト


こんにちは!!今日で7月が終わり明日から8月になります。府中は明日8月1日は、伝統行事の八朔相撲まつりです。それが終わったら商工まつり・・・次々にイベントが目白押し。府中は本当に活気がある街ですね。

さて5月まで物件が非常に重なっていましたが、ほぼ同時期に工事が全て終わってしまったため「暇」感があった(・・・)なまあず本舗も忙しくなってきました。

先日、M様邸耐震リフォーム(府中市)の契約を結ぶことができました。非常に長く打合せを重ねてきました。府中市の助成金を使う大規模な耐震リフォームです。工事は8月下旬開始予定で、現在準備中です。

H共同住宅(文京区)は、なまあずお得意の木3共(木造3階建て共同住宅)。狭小地に建つ若干広めの1Kのアパートです。現在プランニング、見積作業を行っています。なまあずでは珍しい23区の新築で、着工はまだ先ですが、頑張って設計しております。

K様邸新築工事(八王子市)は、3階建て戸建て住宅です。三角形の狭小傾斜地に建築予定で構造などは現在検討中です。できるだけ経済的でこの土地に適した構造・プランを考案中です。こちらも着工予定はまだ余裕がありますが、しっかり設計していきます。

M様邸耐震リフォーム(府中市)は、見積もり作業中です。お客様の指定業者は仲の良い業者だったのでスムーズに進みそうです。屋根の軽量化や建物の欠点であるオーバーハング部分の弱点を補う耐震補強で若干難易度が高めです。また断熱材が入っていないので、同時に断熱リフォームを実施します。効率的に行うために現在プランニング中です。こちらも頑張って設計いたします。

T様邸スケルトン耐震リフォーム(府中市)は、耐震設計が終わり現在施工会社の見積もり中です。元々は会社で使われていた建物(その前は住宅)を元に用途を戻し耐震補強し使いやすくします。結構な難工事が予想されますが、腕の良い大工さんや施工店と団結していい建物にしていきたいと思います。

木造以外の耐震診断・補強では、Yビル耐震診断(S造・目黒区)、Hビル耐震補強設計(RC造・練馬区)、Iビル耐震補強設計(RC造・府中市)、Iビル耐震補強設計(S造・府中市)など多くのものを平行して行っています。木造以外の耐震診断・補強は引き続きOBのgoto建築事務所との協業となっています。後藤も独立して半年。青森で徐々に地盤を築きつつありますが、東京の案件にも引き続き協力してもらっています。

他にも相談が入ってきて、少しずつ活気が出てきました。設計事務所って平均的に仕事がくるとか、ほとんど夢に近い業態なので、忙しいか?暇か?の二択!!と聞いたことがあります。まだまだ忙しすぎる!!!という状態ではないので、気軽にご相談くださいませ。

 

なまあずショップの新スタンプ発売のお知らせ


おはようございます。

ルシーニュ

府中市の今年の目玉は、駅前のテナントビル「ル・シーニュ」のオープンです。そう!!今日です!!飲食店を中心にたくさんのショップが入っていますね。これで府中駅周辺の飲食店不足は解消されそうです。

さて、それに対抗して(もちろん対抗していません)、なまあずショップでは新商品を続々と投入いたします。

まず、ふちゅこまスタンプ。15日より駄菓子屋なまあずで新発売です。3種類の絵柄があります。価格は1個600円です。

次は、手帳用浸透印スタンプ。上の印面を見て驚かれる方も多いはず。5mm以下の印面で似顔絵を実現できます。おまけに浸透印なのでインクパッドを持ち歩かなくても大丈夫。インク色も5色から選べます。第一弾で6絵柄を用意しましたが、オーダーメイドも可能です。ミニカレンダーや手帳に押すスタンプで小さなものが欲しい!という方にお勧めです。こちらも8月の商工まつりまでに発売予定です。第一弾の6絵柄は1個1000円、完全オーダータイプは、1800円です。

こちらは、ふちゅこま浸透印。インク内蔵で手軽に押せます。丸くて子どもにも押しやすいかわいい形です。価格は980円。

なまあず本舗では、昨年からスタンプ・印鑑事業に参入していますが、おかげさまで好調につき、オリジナルスタンプの開発・販売に着手いたしました。今後も魅力的なスタンプを発売してきますので、よろしくお願いします。印面はオーダーメイドが可能ですので、お気軽にご相談ください。

いよいよ7月!!


おはようございます!!今日の東京は35度の予想です。既に暑いです!!府中市の予報も34度と猛暑確定!!という感じです。暑さ対策を忘れずに!!冷房なども早めにかけましょう。必ずしもかける長さで冷房費が変わる・・・わけではありませんからね。水分も十分にとってなるべく外出を避けましょう。

さて昨晩はすごかったですね。都議会選挙・・・じゃなくて竜王戦!!14歳の藤井四段対佐々木五段の対局。ネット中継も途中で落ちるくらい世間の興味が集まっていました。なにせ公式連勝記録歴代一位を既に達成。そして30連勝がかかっていましたからね。14歳のころ自分は何していたかな~なんて恥ずかしくて思い出せません(たぶん剣道に打ち込んでいましたよ、たぶん)。

負けたとは言え、これだけ注目され続け、過密スケジュールをこなして、連勝記録を作ったことはすごいことです。今後の活躍を期待しています!!それにしても棋士の皆様が意外に若くて才能溢れる人が多いこと、面白い棋士が多いことが世間に周知されたことだけでも、かなりの価値があったと思います。駄菓子屋なまあずでも、ミニ将棋盤が売れていますよ。将棋ブームが来そうです。

さて7月ということで、府中市もいろいろな行事が目白押しです。最初はやっぱり・・・

府中市東京競馬場花火大会

ですね。人気がありすぎて事前告知が少ない・・・なんて伝説もできているくらい。今年は7月9日(日)に決定しました。つまり今週末です!!19:30からの三〇分間という短時間に数多くの花火が打ち上がる豪華さです。ちなみに競馬場内で見られる上、昼間からオープンしているので、遊びがてら・・・という人も多いはず。もちろん暑さ対策はお忘れ無く!!また7月20日(木)は、大國魂神社すもも祭が開催されます。からす団扇で有名ですね。既に京王八王子駅などで飾ってあります。こちらもお楽しみに!!

なまあず本舗でも7月8日(土)に、ミニチュアアイスクリーム教室、8月には府中市商工まつり出展!などお仕事だけでなく、面白い企画をご用意してお待ちしております。ぜひぜひご来場くださいませ!!!。

 

市の旧耐震住宅の各戸訪問と耐震化への壁


おはようございます。

府中市では、旧耐震住宅を地域を決めて一軒一軒訪問して、市の耐震助成制度の説明を行っている最中なのですが、その訪問員を弊社の代表の石塚もやっております。もしご訪問の折には、説明に耳を傾けていただければ、と思います。

説明するまでもなく、古い住宅の持ち主は、自分の家が地震によって倒れるかどうか不安です。実際訪問していて、不安じゃない、と自信を持って答えてくださった方は一名でした。その方は、旧耐震とはいえ、筋かいを大量に入れて当時から地震対策を施していて、現在もほとんど問題がない・・・と感じているからで、決して根拠がない話ではありませんでした。しかしその他の方々は、訪問以前に不安や興味をもってくださっていました。

中には、診断までは終わらせているが、補強に踏み込めない人もいました。やはり予算の問題・・・というのが大きいのですが、それよりも今後の先行き、この建物をどれくらいの期間、使い続けるのか?子どもたちはどうやってこの建物を使っていくのか?悩んでいる方が多かったです。また在宅介護などで工事自体が難しい、という方もいらっしゃいました。

なまあず本舗設計室では、長年多くの耐震相談、耐震診断、耐震補強を行ってきました。予算の問題がクリアできれば、他の問題は相談次第でかなり対応できる、と思っています。毎年のように在宅介護の家の耐震リフォームも行いました。耐震化だけでなく介護しやすく、という工事もできるので経済的ですし、便利性も向上します。取り壊して子どもと新しい住宅を、という方には、建替時の既存住宅の解体助成制度もあります。これは耐震性がないと判断(実際は耐震診断を行う)された建物の建て替えに対して出る補助金で、既に一件採用例があります。

この先何年住み続けるか??これには明確な答えはありません。しかしながら不安を抱えて老後を過ごすのはあまりにも寂しいです。診断、補強に助成金が出る今だからこそ、思い切ってやる!!ということが必要なのではないでしょうか?後で・・・というのはほとんど無理です。実際診断してから時間が経つと、補強する方も少なくなります。やっぱりやめておこう、になってしまいます。しかしながら、今年は5年程前に診断した方から、補強の依頼がきました。やっぱりやろうと。そう思った日が吉日です。

診断された方もされていない方も、ぜひご相談ください。診断、補強経験の豊富な建築士がご対応させていただきます。まずはお電話でご予約くださいませ。

2017年6月末時点の工事状況について


こんにちは!!ぐずついた天候が続きますが、もうすぐ梅雨明けです。夏のイメージを想像できますか??弊社の従業員はすでに夏休みの予定を着々と立てています。

さて、本日昭島のK様邸(木造2階建て耐震等級3)の完了検査が無事通りました。先週M様邸耐震補強(木造3階建て)が終わったので、6月末時点のなまあず本舗の施工中案件は無くなってしまいました(涙)。とはいえ、T様邸スケルトン補強、H様邸耐震補強、M様邸耐震補強と、どれも非常に大規模な耐震改修工事が目前に迫っています。また独立した後藤の主催する青森県弘前市のgoto建築設計事務所との大規模な共同プロジェクトも開始目前です。

とはいえ、一頃に比べれば若干手が空いてきたのも事実で寂しいことには変わりありません。新築、リフォーム、耐震診断、耐震補強、何でもご相談ください!!

なまあず本舗って何??


こんにちは!!雨が降っているようで・・・降っていない今年の梅雨。明日あたりちょっとまとまった雨が降りそうなのですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今日は、なまあず本舗の概要について、お話ししたいと思います。

株式会社なまあず本舗は、2012年に設立した建築設計事務所を主体とした住生活安心企業です!!住生活安心企業・・・って??と思う方もいらっしゃるでしょうけど、建築設計事務所は、新築の家を建てるだけではありません。リフォームもしますし、点検・耐震診断もしますし、いろいろやっています。住生活の安心できるサービスを提供し続けたい・・・そんな目標を掲げて設立しました。ちなみに前身は30年以上も府中市を中心に営業していた老舗設計事務所です。

さて、その設計部門は、個人住宅の設計が中心です。府中近辺を中心に非常に多く設計しています。個人情報保護の時代、多くの情報を出すのは防犯面も含め嫌いな代表者のため、個人住宅を「作品」と呼ぶような建築家とは一線を画しています。構造設計を得意として耐震性のある建物を多数実現してきました。なまあず本舗設計室HP

しかし設計事務所って手軽に相談!!という感じではないですよね??そこでショップを併設して気軽に入れるようになりました。更に・・・ということで駄菓子屋も併設しました。手軽さが増えすぎて、設計事務所ってことを忘れてしまいそうですが(汗)。なまあずショップHP 駄菓子屋なまあずHP

小売り部門が好評なので、WEBショップも運営しています。なまあずショップ楽天市場店HP

近年では、設計事務所のデザイン性や設備を利用して「封書屋なまあず」を設立し、設計事務所の遊休設備を利用して封筒・名刺印刷、スタンプ作成、印鑑作成を行っております。封書屋なまあずHP

また若い世代へ、設計事務所の情報を、ということで、ソリューション部門を設け、情報発信を続けています。なまあずソリューションHP

このように、活動は多岐にわたりますが、「住生活安心」の部門と「設計事務所のノウハウを活かした」部門の2種類で構成されていることがわかると思います(わかりにくいか?)。わかりにくいと言う声にお応えして、整理してみました(これでもわかりにくいか・・・)。

ちなみに、なまあずは、なまず(鯰)です。魚ですね。地震を予知する・・・という俗説は有名ですね。地震に強い住宅を作る・・・ことを連想しやすいため命名しました。住生活安心は、地震など天災から守ることが一番!!と思っています。

本年度の新入社員


こんにちは!ご無沙汰しております。

今年も早いものでもう6月。梅雨に入りました。

なまあず本舗は昨年から卒業者が相次ぎちょっと寂しいです。

しかし・・・

4月に新入社員が入りました!!江森匠君。なんと平成10年生まれ!!

若い若いと言われ続けた、なまあず本舗ですが・・・更に若なりました。

(注意)社長(昭和50年)は、年寄り扱い・・・されかねないので、若いつもりでいます!!)

現在、作図や現場の写真撮影など、経験を積んでいる真っ最中です。

これから皆様にお会いすることも多いと思います。ではここで江森本人からの挨拶。

江森匠

「今年から入社した江森です。面白い住宅や楽しめる住宅を考え実現したく工業高校から来ました、ここで使う専門知識はほぼわからなく周りの皆様の足手まといになりますが、皆様から多くを学んで活かしていけるように努力していきたいです。この業界でこれからよろしくお願いします」

では、皆様、江森を含め、なまあず本舗のご愛顧の程よろしくお願いします!!

重要なお知らせ(長文)


2017年もいよいよ始まりました。

皆様お正月をいかがお過ごしでしたか?

渋滞や混雑に巻き込まれて凹んでいませんか?

流れ星をみて、願い事をいえず悔しい思いをしませんでしたか?

昨年、宝くじが当たってその余韻にまだ浸っていませんか(ウラヤマシイ・・・)?

昨年は、なまあず本舗にとって激動の年でした。それを乗り越え2017年も元気に活動してまいりますので、よろしくお願いします。

まずご報告です。

後藤誉洋
後藤誉洋

長年、なまあず本舗で構造設計・耐震診断で活躍してくれた後藤誉洋が、2016年12月末をもって退職いたしました。本舗の前身も含めると新卒入社後、10年以上も活躍してくれました。堅実に一歩一歩、粘り強く真摯に仕事に取り組むことによって、年々スキルアップし、そしてお客様からの信頼を得てきました。私もどれだけ助けてもらったことか・・・本当に感謝しています。

さて、退職後は青森県弘前市にて「GOTO建築設計事務所」として独立することになりました。現在その準備・引越のため文字通り東奔西走しております。取引先・お客様には既に挨拶を済ましておりますが、もし漏れていたらこの場をお借りしてお詫びいたします。

なまあず本舗では、後藤の独立を応援し今後も協業していく予定です。そのため木造(ツーバイフォー・混構造を含む)以外の鉄筋コンクリート造・鉄骨造等の構造設計は、今後も担当してもらいお互い長所を活かし合って成長していこうと思っております。引き続きご愛顧のほどよろしくお願いします。

後藤は本舗の管理建築士であり、一級建築士でした。なまあず本舗は、一昨年、前任の山口が定年を迎えたこと、昨年、前前任の石塚の逝去と、一時期は三名もいた一級建築士がゼロになりました。よって二級建築士事務所として事業を続けることになりました。

石塚
石塚
押山
押山

実は、一級建築士を迎え、一級建築士事務所として存続するプランもあり、実際入社直前まで考えた人もいました。しかしながら一級建築士とはいえ、入社した人にいきなりそのような大任を任せては、本舗の方向性にブレる恐れがあります。幸い、建築士は二名(石塚・押山)残り、主要な事業(木造住宅の設計・耐震診断・リフォーム)には影響はありません。人数不足・・・というのは否めませんが、建築設計・リフォーム・耐震診断に関しては、近年後藤が大型物件の耐震構造を行っていたこともあり、特に支障はありません。二級建築士事務所として、もう一度仕切り直して出発です!!

しかも最近は設計室よりも有名になってしまった孤高の画家&明るいショップ店長小出も健在です。なんとCLTとELTの違いを覚えました。

小出
小出

そして、私と同じトラバーユ組ながら建築と駄菓子屋を兼務する、猫と酒をこよなく愛すユーティリティープレイヤー名古屋も存在感を増してきました。

名古屋
名古屋

社外ではありますが、祭のたびに登場して活躍するOGの尾形、いつも無駄にパワフルな駄菓子屋なまあずの婆さん、OG建築士の中川など、いつの間にかネットワークが広がってきています。春には大型新人が入社予定です。

もちろん、人数不足は解消すべく、絶賛人材募集中です。二級建築士事務所になったからといって、一級の方も大歓迎!もちろん二級も!!住宅設計の経験がある建築士の方!是非一緒に働きませんか??しばらくは二級登録でいくと思いますが、時期がくれば・・・そのあとの展開は非常に楽しみにです。

そもそも、私石塚は、5年の間に建築士事務所の廃業届を三枚も書き上げ、登録も三回も経験(人の分も含む)した珍しい人となってしまいました(名前変更しても級を変更しても廃業届け必要だし(涙))。建築とは無関係の文学部で古代農業なんかかじっていたのが、いつの間にか・・・この業界に馴染んで・・・たくさんの方に出会い、支えられ今までやってきました。トラバーユ組ですが、普通の人が味わえないたくさんの貴重な体験をさせて頂きました。

正直趣味としては建築には興味がありません。しかし仕事としては非常に魅力的です。責任が重いのが嫌!という人もいるようですが、責任が重いからこそ良い仕事をしよう!と思えます。少しずつですがお仕事を認めていただけるようになり、おかげさまでなまあず本舗を開業して五回目の決算は過去最高益を記録することが出来ました。

この業界に入った頃は、マンションなども担当しましたが、設計には興味が持てず、むしろ中高層の説明会や説明周りなんかに興味を持ちました。小さい建物に関わるようになって、ようやく楽しさがわかったかな?設計よりもお客様との打合せが楽しくて。そういう点では耐震診断・補強や、リフォームは性分に合っていましたね。文学部出身のくせに数字が合っていたのか?構造計算なども好きになりましたね。事務所の事情で、意匠、設備、構造、耐震・・・いろいろやってきました。他分野から来たためか?そのような分野で分けるこの業界の風習には合わなかった反面、苦手意識を持たず、横断的にできたのが幸せでした。もっとも、好きな構造だけやっていた後藤をうらやましく思ったこともありましたが。

こんな変わった私をこの業界の方々も受け入れてくれました。最初は変なのが来た!と思ったに違いありません(笑)。特に東京都建築士事務所協会の皆様には感謝です。これからご恩返ししていきたいと思います。

いろいろやってきた経験が現在のなまあずを作り上げています。今後もその経験や思いを大切に、なまあず本舗を導き、皆様に良い住環境を提供していこうと思います。

他から見たらピンチなのかもしれませんが、置かれた環境を活かし楽しみながらやっていきます(ピンチ感ゼロ)。こんななまあず本舗を引き続きご愛顧のほどよろしくお願いします。

 

<人事異動(2016年12月31日)>

退職 後藤誉洋

<組織変更・人事異動(2017年1月5日)>

構造設計部・デザイン設計室を廃止し、設計室に一本化

設計室長 石塚武志(管理建築士)

設計室 押山恵亜

設計室 名古屋英里子

<業務変更>

級の変更により出来ない業務が出てきました。詳しくはお問い合わせください。ご迷惑をおかけしますがご理解の程よろしくお願いします。

二級建築士事務所変更につき、意匠設計は二級建築士設計分に限る。
構造設計部廃止に伴い、RC造・S造の構造設計・耐震診断は受注停止。GOTO建築設計事務所と協業

※木造住宅・戸建て住宅の設計、木造・ツーバイフォー・混構造の耐震診断・補強、リフォームは今まで通りです。

2016年末時点のプロジェクト


いつもなまあず本舗のホームページをご覧頂きありがとうございます。

現時点での設計室のプロジェクトをお知らせいたします。

C寺耐震改修工事は、本日契約いたしました。工期は2017年1月~3月の予定です。

T様邸新築工事(府中市)、F様邸新築工事(府中市)、M様邸リフォーム(府中市)、はすべて完了いたしました。同じ週にすべて検査や引き渡しが重なったのでドタバタしてしまいましたが、建物はしっかり完成し喜んで頂けました。

先月始まったM様邸新築工事(府中市)は、配筋検査が終わり、土台の据え付けを行っています。年内上棟を目指して急ピッチに進めています。A様邸新築工事(府中市)は、明日基礎の瑕疵担保検査となります。

A様邸耐震リフォーム(府中市)は、耐震工事が終わり、キッチンの工事も終わり、後は内装を残すだけです。

新規の設計案件としましては、K様邸新築工事(昭島市)を進めています。H様邸耐震補強(府中市)、N様邸耐震補強(府中市)も見積中です。Y様邸新築工事(府中市)、T様邸大規模リフォーム(府中市)、は計画中です。

今年度は他事務所とのタイアップのお仕事が多く、そちらも面白い物件を平行して行っております。

今年は本当にたくさんのプロジェクトに携わることができて嬉しい限りです。反動で来年がちょっと心配ですが、一棟一棟大切に設計・監理させて頂きますので、何か案件がございましたら気軽にご相談くださいませ。

決算のお知らせ


平素は株式会社なまあず本舗をご愛顧頂きありがとうございます。

昨日無事決算業務を終了いたしましたことを報告いたします。

2015年10月期は、前期に比べ大幅な増収増益、黒字決算を迎えることができました。支えて頂きました皆様にこの場をお借りして御礼申し上げます。

木造3階建ての耐震診断・補強が非常に好調のほか、戸建て住宅の設計・監理が例年に比べ倍増した点が業績に寄与しました。耐震性の高い住宅への評価が高くなってきたことを実感します。また近年省エネ住宅へも力を入れており、太陽光などに頼らずに省エネで良質の住宅を提供できることが実証され、他社との差別化につながってきています。

一方、近年業績に寄与したショップ部門が低迷したほか、ソリューション部門、大型の耐震診断部門などが大きく低迷しました。どの部門も創業時には大きく業績に寄与した部門であり、改めて時代の流れの速さを感じると共に、複数部門を持つことの経営的優位さを感じさせられました。ショップ部門とソリューション部門のてこ入れは既に完了していて今期は手応えを感じております。

今期は長年、なまあず本舗を支えてくれた構造部隊の退職・独立が重なり、陣容的にかなり厳しい年となります。なまあず本舗は従来通り小型木造に特化した構造設計・意匠設計に注力してまいります。また弊社から独立する事務所と協業関係を構築しており、得意分野の協業により地域性を超えたシナジーを発揮していけるものと思っております。来年4月には二年ぶりに新卒が入ってきます。こちらも期待の新人で入社が待たれます。

なまあず本舗設計室の設計部門の産みの親であり、駄菓子屋なまあず店長であり、弊社代表取締役の父である石塚幸夫が今年11月17日に逝去いたしました。長年のご厚誼ありがとうございました。

このように、なまあず本舗も大幅に変わってまいります。しかしながら住生活を豊かにする住生活安心企業という意味ではまったく変わらず進んでいこうと思っておりますので、これからもなまあず本舗をよろしくお願いします。