市の旧耐震住宅の各戸訪問と耐震化への壁


おはようございます。

府中市では、旧耐震住宅を地域を決めて一軒一軒訪問して、市の耐震助成制度の説明を行っている最中なのですが、その訪問員を弊社の代表の石塚もやっております。もしご訪問の折には、説明に耳を傾けていただければ、と思います。

説明するまでもなく、古い住宅の持ち主は、自分の家が地震によって倒れるかどうか不安です。実際訪問していて、不安じゃない、と自信を持って答えてくださった方は一名でした。その方は、旧耐震とはいえ、筋かいを大量に入れて当時から地震対策を施していて、現在もほとんど問題がない・・・と感じているからで、決して根拠がない話ではありませんでした。しかしその他の方々は、訪問以前に不安や興味をもってくださっていました。

中には、診断までは終わらせているが、補強に踏み込めない人もいました。やはり予算の問題・・・というのが大きいのですが、それよりも今後の先行き、この建物をどれくらいの期間、使い続けるのか?子どもたちはどうやってこの建物を使っていくのか?悩んでいる方が多かったです。また在宅介護などで工事自体が難しい、という方もいらっしゃいました。

なまあず本舗設計室では、長年多くの耐震相談、耐震診断、耐震補強を行ってきました。予算の問題がクリアできれば、他の問題は相談次第でかなり対応できる、と思っています。毎年のように在宅介護の家の耐震リフォームも行いました。耐震化だけでなく介護しやすく、という工事もできるので経済的ですし、便利性も向上します。取り壊して子どもと新しい住宅を、という方には、建替時の既存住宅の解体助成制度もあります。これは耐震性がないと判断(実際は耐震診断を行う)された建物の建て替えに対して出る補助金で、既に一件採用例があります。

この先何年住み続けるか??これには明確な答えはありません。しかしながら不安を抱えて老後を過ごすのはあまりにも寂しいです。診断、補強に助成金が出る今だからこそ、思い切ってやる!!ということが必要なのではないでしょうか?後で・・・というのはほとんど無理です。実際診断してから時間が経つと、補強する方も少なくなります。やっぱりやめておこう、になってしまいます。しかしながら、今年は5年程前に診断した方から、補強の依頼がきました。やっぱりやろうと。そう思った日が吉日です。

診断された方もされていない方も、ぜひご相談ください。診断、補強経験の豊富な建築士がご対応させていただきます。まずはお電話でご予約くださいませ。

2017年6月末時点の工事状況について


こんにちは!!ぐずついた天候が続きますが、もうすぐ梅雨明けです。夏のイメージを想像できますか??弊社の従業員はすでに夏休みの予定を着々と立てています。

さて、本日昭島のK様邸(木造2階建て耐震等級3)の完了検査が無事通りました。先週M様邸耐震補強(木造3階建て)が終わったので、6月末時点のなまあず本舗の施工中案件は無くなってしまいました(涙)。とはいえ、T様邸スケルトン補強、H様邸耐震補強、M様邸耐震補強と、どれも非常に大規模な耐震改修工事が目前に迫っています。また独立した後藤の主催する青森県弘前市のgoto建築設計事務所との大規模な共同プロジェクトも開始目前です。

とはいえ、一頃に比べれば若干手が空いてきたのも事実で寂しいことには変わりありません。新築、リフォーム、耐震診断、耐震補強、何でもご相談ください!!

なまあず本舗って何??


こんにちは!!雨が降っているようで・・・降っていない今年の梅雨。明日あたりちょっとまとまった雨が降りそうなのですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今日は、なまあず本舗の概要について、お話ししたいと思います。

株式会社なまあず本舗は、2012年に設立した建築設計事務所を主体とした住生活安心企業です!!住生活安心企業・・・って??と思う方もいらっしゃるでしょうけど、建築設計事務所は、新築の家を建てるだけではありません。リフォームもしますし、点検・耐震診断もしますし、いろいろやっています。住生活の安心できるサービスを提供し続けたい・・・そんな目標を掲げて設立しました。ちなみに前身は30年以上も府中市を中心に営業していた老舗設計事務所です。

さて、その設計部門は、個人住宅の設計が中心です。府中近辺を中心に非常に多く設計しています。個人情報保護の時代、多くの情報を出すのは防犯面も含め嫌いな代表者のため、個人住宅を「作品」と呼ぶような建築家とは一線を画しています。構造設計を得意として耐震性のある建物を多数実現してきました。なまあず本舗設計室HP

しかし設計事務所って手軽に相談!!という感じではないですよね??そこでショップを併設して気軽に入れるようになりました。更に・・・ということで駄菓子屋も併設しました。手軽さが増えすぎて、設計事務所ってことを忘れてしまいそうですが(汗)。なまあずショップHP 駄菓子屋なまあずHP

小売り部門が好評なので、WEBショップも運営しています。なまあずショップ楽天市場店HP

近年では、設計事務所のデザイン性や設備を利用して「封書屋なまあず」を設立し、設計事務所の遊休設備を利用して封筒・名刺印刷、スタンプ作成、印鑑作成を行っております。封書屋なまあずHP

また若い世代へ、設計事務所の情報を、ということで、ソリューション部門を設け、情報発信を続けています。なまあずソリューションHP

このように、活動は多岐にわたりますが、「住生活安心」の部門と「設計事務所のノウハウを活かした」部門の2種類で構成されていることがわかると思います(わかりにくいか?)。わかりにくいと言う声にお応えして、整理してみました(これでもわかりにくいか・・・)。

ちなみに、なまあずは、なまず(鯰)です。魚ですね。地震を予知する・・・という俗説は有名ですね。地震に強い住宅を作る・・・ことを連想しやすいため命名しました。住生活安心は、地震など天災から守ることが一番!!と思っています。

ついでに・・・の怖さ


ついでに何かサービス、というと聞こえは良いですし、嬉しいですね。しかし建築の世界では裏があることが多いです。他の業界もそうかもしれませんが・・・単純に喜んではいけません。

もっとも、善意のサービスで嬉しい場合のほうが多いのですが、たまに・・・ということがあります。

実際にある例では、リフォームをお願いしたら、ついでだから屋根を点検しますよ・・・といって親切に?のぼって調査して、雨樋が・・・とか屋根がずれて・・・とか。そして修理します。

もちろんそのようなこともあるんでしょうけど、そう都合良くずれていません。結局無駄な金額を払って修理を依頼する・・・ということもあります。これは非常に良く聞く話です。訪問業者も同じような手口を使いますね。

私が診断で訪問すると、同じような事象に頻繁に出会います。最近では、浴室の交換時に、周りに筋かいがないので入れておきます・・・と。その金額が載せられたかは不明ですが、そもそもその浴室の周りは

筋かいが入らない場所でした。それなので簡単な薄い板を天井に通しそこに、筋かいを筋かい金物に取り付けていました。全く効果はありませんね・・・。

同じような例。筋かいが取り付いているのは、45×90の板。横架材がないと筋かいなんか効かないので無意味ですね・・・。

また、いくらきちんと付けても、今度は引き抜き用の金物がなければ無意味です。上記の写真でもそれは見えません・・・。筋かいは筋かい金物だけで止めても意味がなくて、その場所に適した柱頭柱脚の金物が必要です。サービスでやるならそれくらいまでしっかりやって欲しいです。

サービスというと、お金を取っていない(取っている場合もありますが)ということもあり、適当になりがちです。やはりしっかりとお金を払っても正しいことをやってもらったほうがいいと思います。

本年度の新入社員


こんにちは!ご無沙汰しております。

今年も早いものでもう6月。梅雨に入りました。

なまあず本舗は昨年から卒業者が相次ぎちょっと寂しいです。

しかし・・・

4月に新入社員が入りました!!江森匠君。なんと平成10年生まれ!!

若い若いと言われ続けた、なまあず本舗ですが・・・更に若なりました。

(注意)社長(昭和50年)は、年寄り扱い・・・されかねないので、若いつもりでいます!!)

現在、作図や現場の写真撮影など、経験を積んでいる真っ最中です。

これから皆様にお会いすることも多いと思います。ではここで江森本人からの挨拶。

江森匠

「今年から入社した江森です。面白い住宅や楽しめる住宅を考え実現したく工業高校から来ました、ここで使う専門知識はほぼわからなく周りの皆様の足手まといになりますが、皆様から多くを学んで活かしていけるように努力していきたいです。この業界でこれからよろしくお願いします」

では、皆様、江森を含め、なまあず本舗のご愛顧の程よろしくお願いします!!