2016年4月の設計・施工状況


こんにちは!

急に寒くなってびっくりしましたが、今日はまた暖かな日よりが戻ってきました。

年度末のバタバタもようやく落ち着いたころと思いますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

おかげさまでなまあず本舗設計室も5年目に突入しました。東日本大震災の翌年に設立したため、震災から5年たった翌月の4月が5年目に突入することになります(わかりにくいたとえですみません)。震災から5年も早い気がしますが、なまあず本舗設計室もあっという間に5年目に突入です。その間に耐震診断・補強、構造計算をメインにたくさんのお仕事に関わらせていただきました。この場をお借りして御礼申し上げます。今後も皆様の期待に応えるべく頑張っていきますのでよろしくお願いします。

さて、現在の設計、施工状況をお知らせします。

4月より、S寺耐震補強工事を開始しています。地下室の天井(=1階床)のコンクリートスラブがたわんでしまっているという危険な状態を是正する難易度の高い補強工事です。そもそも強度不足が診断よりわかっていたので、慎重に工事を進めています。4月いっぱいで工事完了の予定です。

3月末に世田谷のO様と新築2階建ての設計監理契約を結び確認申請を提出しています。現在地盤調査・地盤改良準備中です。こちらも施工開始まであとわずかです。広いリビングながら耐震等級2を構造計算により取得予定です。

6月頃に確認申請提出を目指す、府中市のE様邸は、狭隘道路があるため現在測量中です。

耐震補強・リフォームでは、府中市のM様邸ツーバイフォー耐震リフォームがいよいよ始まります。ツーバイフォー施工に手慣れたK社とのコンビで今回もしっかり施工させていただきます。打ち合わせ期間が長くかけただけに、良いリフォームができると確信しております。非常に楽しみです。府中市のA様邸水回りリフォーム、耐震リフォームもそろそろ開始予定です。

大型の耐震補強工事としましては、M社ビルの耐震補強工事の準備に取りかかっています。鉄骨造のビルの耐震補強です。だいたいの見積もあい、あとは施工計画次第というところです。

その他耐震補強やリフォーム、診断の仕事も入ってきていますが、例年に比べて少ないような気がします。もし現在、新築、耐震補強、リフォームをお考えであれば、素早く対応できますので、ぜひご相談くださいませ。