大地震の教訓から建物の設計を考える


 

熊本地震は、度重なる地震により当初よりも被害が大幅に拡大しています。余震が止まらなければ応急復旧も救出も支援物質の輸送もままなりません。早く落ち着いてくれるよう願うだけです。

さて、今回被災した建物を見ていると「古い」というくくりだけで説明できないものが多く存在します。後年になってこの地震が建物の設計、デザインでターニングポイントになるかもしれません。

テレビ放送やネットで被災している建物を見ていると、古くて耐震性が足りない木造住宅を除いても以下の点がわかってくると思います。

・木造以外でも旧耐震の建物は倒壊したり被害が大きいものがある
→鉄筋コンクリート造や鉄骨造が強い!という考えはやめたほうがいい。

・伝統的建築物(神社等)も倒壊している
→昔からの伝統的建築物が強いという信仰的な根拠のない考えはやめたほうがいい

・ツーバイフォーや耐震性の高い新築も倒壊している
→地盤の状況、増築の有無、施工の妥当性、設計の妥当性で、耐震性の高い新しい建物も安全とは限らない

・死者が出ている建物は断層沿いに直線上に並んでいる
→断層上の激震地域は非常に揺れやすい。地盤がずれてしまったらその真上の建物はたとえ新築であっても被害は免れない

・倒壊した木造家屋は1階から壊れているものが多い
→やはり耐震補強はまずは1階を優先すべき。できたら2階も行いたい。

・建物は倒壊すると、脱出するのが難しい
→家具や建具も脱出の障害になる。天井などパーツが多ければ多いほど落ちてくる確率が高い

・曲面状のタイル貼り、ガラス張りの自動車ディーラー、1階が柱のみのポーチ状の建物、バランスが悪い異種形状がくっつく建物などは被災し大破していることが多い
→構造計算の可否よりも、最初から無理をしない設計をしたほうが地震については安全なのはいうまでもないことです。

・地盤が悪いところ、盛り土などは相変わらず倒壊しやすい
→地盤対策をしっかり行うことが重要

なまあず本舗設計室は、構造計算を得意としています。しかしながら構造計算で満たしても建物は被害を受けることがあります。それを防ぐには安全率を高めるだけでなく、地盤調査をしっかり行い、その調査結果に応じた地盤対策(杭や基礎)を行って建設する必要はもちろん、複雑な形状を避け、シンプルな建物にしていくべきだと思います。建物自体が無事でも、ガラスが全部落ちてきては、人が多くいる時間では被害が多く発生していたかもしれません。タイルが商店街などで落ちてきたら、人に当たるかもしれません。外装はもちろん内装もできるだけシンプルにし、看板などは十分の強度で取り付け、定期的に点検・補修を行う・・・そいういった普通の対策が震災時の被害を最小限にとどめるために必要だと思います。既存住宅も耐震補強だけでなく、ガラスの対策、避難経路を確保するための家具配置の提案なども積極的に行っていくべきだと思います。

今回の地震で比較的新しい建物の被害が多く発生したことを教訓に、新しい建物の設計・施工に活かし、既存建物の地震対策を見直していくことが必要だと思います。なまあず本舗設計室も情報を整理しこれからの設計・診断・補強に活かしていこうと思っています。

2016年4月の設計・施工状況


こんにちは!

急に寒くなってびっくりしましたが、今日はまた暖かな日よりが戻ってきました。

年度末のバタバタもようやく落ち着いたころと思いますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

おかげさまでなまあず本舗設計室も5年目に突入しました。東日本大震災の翌年に設立したため、震災から5年たった翌月の4月が5年目に突入することになります(わかりにくいたとえですみません)。震災から5年も早い気がしますが、なまあず本舗設計室もあっという間に5年目に突入です。その間に耐震診断・補強、構造計算をメインにたくさんのお仕事に関わらせていただきました。この場をお借りして御礼申し上げます。今後も皆様の期待に応えるべく頑張っていきますのでよろしくお願いします。

さて、現在の設計、施工状況をお知らせします。

4月より、S寺耐震補強工事を開始しています。地下室の天井(=1階床)のコンクリートスラブがたわんでしまっているという危険な状態を是正する難易度の高い補強工事です。そもそも強度不足が診断よりわかっていたので、慎重に工事を進めています。4月いっぱいで工事完了の予定です。

3月末に世田谷のO様と新築2階建ての設計監理契約を結び確認申請を提出しています。現在地盤調査・地盤改良準備中です。こちらも施工開始まであとわずかです。広いリビングながら耐震等級2を構造計算により取得予定です。

6月頃に確認申請提出を目指す、府中市のE様邸は、狭隘道路があるため現在測量中です。

耐震補強・リフォームでは、府中市のM様邸ツーバイフォー耐震リフォームがいよいよ始まります。ツーバイフォー施工に手慣れたK社とのコンビで今回もしっかり施工させていただきます。打ち合わせ期間が長くかけただけに、良いリフォームができると確信しております。非常に楽しみです。府中市のA様邸水回りリフォーム、耐震リフォームもそろそろ開始予定です。

大型の耐震補強工事としましては、M社ビルの耐震補強工事の準備に取りかかっています。鉄骨造のビルの耐震補強です。だいたいの見積もあい、あとは施工計画次第というところです。

その他耐震補強やリフォーム、診断の仕事も入ってきていますが、例年に比べて少ないような気がします。もし現在、新築、耐震補強、リフォームをお考えであれば、素早く対応できますので、ぜひご相談くださいませ。