2016年2月末現在のプロジェクト状況


こんにちは!寒い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?私も若干調子を落としましたがようやく回復しました。

 

久々に現在のプロジェクト状況をお知らせいたします。1月は、設計室始まって以来のヒマな状況でしたが、今はおかげさまで非常に忙しい状態に戻っています。

新築は3つほどお話しを頂いており、設計を開始しております。

O様邸(世田谷)は、プランがほぼ決まり4月確認申請提出、5月着工を目指し鋭意設計中です。用途地域境界上にあり、道路もセットバックとやや難易度の高い立地です。近年では珍しい23区での新築になります。

K様邸、S様邸も徐々に話しがまとまりつつあります。

 

リフォームは昨年、できなかったものがようやく着工できそうです。

A様邸は、孫の誕生に合わせリフォームを行います。まずは水回りから、後に耐震補強と日程が見えてきました。

M様邸は、2×4の間取り変更を伴う開放的なリフォームです。使い勝手が大幅にアップしそうで今から楽しみです。

H様邸は、耐震リフォーム。家にいる時間が長くなりそうなので、快適さもアップさせたいところ。

S様邸は、修繕と合わせた耐震リフォーム。こちらもプランが固まり次第開始します。

 

 

耐震補強もいよいよ本格的に始まります。

Mビル耐震補強は、ようやく補強設計の評価が降り見積金額も確定したので夏着工をめざします。沿道耐震では最後の補強になりそうです。

S施設耐震補強は、耐震補強では珍しい地下室の補強です。地下室の天井スラブの強度不足による沈下を鉄骨によって押さえる難工事となります。こちらも施主様の強い希望により早期着工になりそうです。

 

着工は例年になく多いものの、診断案件が例年になく少なく、こちらは珍しく寂しい春になりそうです。今なら比較的早期に耐震診断に入れます。ぜひぜひご相談ください!!