窓のタイプ


こんにちは

家を外観を決める大切なポイントの一つが窓です。種類が多く、デザインや機能も多彩ですが

用途やデザインに合わせて適切な形状を選ぶのも大切です。

大まかに分けて窓には3つ種類があります。

 

引いて開けるタイプ押し引きして開けるタイプそのほかのタイプです!

引いて開けるタイプの窓は、

例えば引き違い窓、片引き窓、上げ下げ窓といった種類があります。

開閉のためのスペースがあまり必要としないので、室内が無駄なく使えます。そして他の窓に比べて

面積が大きく取れますので、外の明かりを多く取り入れられますので気持ちいい空間になります。

主に、リビングや普段使う部屋。人が集まる部屋によく使われます。設計では風通しを良くする為に窓通しを

対面に配置する等気を配ります。

 

押し引きして開けるタイプの窓は、

例えば、すべり出し窓、たてすべり出し窓、内倒し窓といった種類があります。

欧米スタイルの住宅で多く使われています。上下、左右、内外など、開く方向もいろいろあり

デザイン性も充実しいて人気が高いです。

ただし、開く方向にガラス戸に飛び出ますので開閉時のスペースをきちんと確保しましょう。

高さの位置も自由が利きますが、他の窓に比べて面積が少ないです。

その為外から除かれにくくなるので、トイレや脱衣室などに使われることが多いです。

最近は和室等に、すべり出し窓を足元くらいの高さに設けて正座した時に坪庭を望むというプランも人気です。

 

そのほかのタイプの窓は、

出窓、FIX窓、オーニング窓、ルーバー窓等あります。開き方もさまざまです。

ただし、ルーバー窓は格子をかける等の防犯上注意が必要になり、最近はあまり見かけなくなりました。

ではまた次回。