窓のタイプ


こんにちは

家を外観を決める大切なポイントの一つが窓です。種類が多く、デザインや機能も多彩ですが

用途やデザインに合わせて適切な形状を選ぶのも大切です。

大まかに分けて窓には3つ種類があります。

 

引いて開けるタイプ押し引きして開けるタイプそのほかのタイプです!

引いて開けるタイプの窓は、

例えば引き違い窓、片引き窓、上げ下げ窓といった種類があります。

開閉のためのスペースがあまり必要としないので、室内が無駄なく使えます。そして他の窓に比べて

面積が大きく取れますので、外の明かりを多く取り入れられますので気持ちいい空間になります。

主に、リビングや普段使う部屋。人が集まる部屋によく使われます。設計では風通しを良くする為に窓通しを

対面に配置する等気を配ります。

 

押し引きして開けるタイプの窓は、

例えば、すべり出し窓、たてすべり出し窓、内倒し窓といった種類があります。

欧米スタイルの住宅で多く使われています。上下、左右、内外など、開く方向もいろいろあり

デザイン性も充実しいて人気が高いです。

ただし、開く方向にガラス戸に飛び出ますので開閉時のスペースをきちんと確保しましょう。

高さの位置も自由が利きますが、他の窓に比べて面積が少ないです。

その為外から除かれにくくなるので、トイレや脱衣室などに使われることが多いです。

最近は和室等に、すべり出し窓を足元くらいの高さに設けて正座した時に坪庭を望むというプランも人気です。

 

そのほかのタイプの窓は、

出窓、FIX窓、オーニング窓、ルーバー窓等あります。開き方もさまざまです。

ただし、ルーバー窓は格子をかける等の防犯上注意が必要になり、最近はあまり見かけなくなりました。

ではまた次回。

なまあず本舗設計室は構造計算もやっております


おはようございます!!

今朝の府中は、肌寒いですが昼頃には暖かくなるそうです。これが今年最後の暖かい日になるのかな・・・

さて、今日はなまあず本舗設計室のお仕事について紹介します。

なまあず本舗設計室は、町のお医者さんと同じく、町のさまざまな建築やリフォーム・建築相談・耐震診断・・・・さまざまなことに対応している小さな町の設計事務所です。

といっても日常お世話になるような内容ではないですものね。いざというときに!!ということです。

その中でもあまり縁がなさそうなのが・・・構造計算です。

構造計算と聞くと、2005年に騒ぎになった構造計算書偽装問題や、現在騒ぎになっている杭の偽装問題などが悪名高いですが、本来は建物の安全を確認するための重要な業務なのです。

木造2階建て住宅のような小さなもの以外は、法令で構造計算は義務づけられています。身近ではないかもしれませんが、決してマイナーなものではないのです。

なまあず本舗設計室は、その構造計算業務を得意としております!!通常、構造屋さんというと、鉄筋コンクリート構造のみとか、専業化が進んでいますが、当設計室は、鉄筋コンクリート造はもちろん、鉄骨造、木造も取り扱っています。地下室や擁壁や混構造などもやっています。そのかわり小さな建物や構造物に特化しています。皆様が安全に暮らせるよう、大地震でも建物が倒壊しないように、頑張っています。

あまり表にでてこないお仕事ですが、なまあず本舗設計室はそんなお仕事もやっているんだよ、と頭の片隅にでも入れておいていただければ光栄です。

更新情報(2015年11月12日更新)


なまあず本舗設計室

・プロジェクト更新

木造3階建てや、耐震診断・構造計算のお問い合わせが増えています。電話だと不在のときが多いので、まずは当ホームページの、お問い合わせからフォームに入力をお願いします。できるだけ速やかに回答いたします。

お問い合わせから、営業メール、いたずら的な内容を送付する方がいらっしゃいますが趣旨が異なりますので、読まずに廃棄いたしますのでご了解お願いするとともに、そのような行為のないようよろしくお願いします。

 

畳の敷き方


時代劇でこんなシーンがあります。

二人の侍が敵の屋敷に攻め込みました。大将の首を取らんと最後の部屋の襖を開けるとそこはもぬけの殻。

「もう何処かへ逃げてしまった・・・!」軍が取り囲んでいて人っ子一人、逃げることはできないはずの屋敷からどうやって逃げたのか。しかしもう一人の侍は「いや、まだ近くにいる」と言いました。

決してはったりで言った訳ではありません。

どうしてでしょう?

 

ちゃんと理由があるんですね。畳の敷き方には2種類があります。

祝儀敷と不祝儀敷です。

代表的なのは四畳半で部屋の真ん中に半畳を設ける場合、一般的に時計回りが祝儀敷で、

板時計回りは不祝儀で縁起が悪いです。切腹の間と言われてます。

敵の大将はあわてて逃げたから、畳を剥がして逃げた時に間違えたんです。2人の侍は畳を剥がして地下通路を見つけ、逃げた敵の大将を追いかけて行きました。

そんな話があります。

このように、建築は皆さんの生活にひっそりと寄り添っています。

杭の偽装事件ではなく、地盤調査・杭の根本的問題


おはようございます。ハロウィンも終わりました。府中市では、ふちゅうニコニコ商品券の販売フィーバー?も終わりました。そしてもう11月です!!

さて、先月より騒動が拡大している杭の偽装事件。この業界の恥ずかしい一面をさらけ出しているようで、非常に寂しい気分です。恐らく早期に対応していればここまで騒ぎにはならなかったのでしょうけど。本論から外れたところで騒ぎになっているのが非常に問題です。

杭、というより土の中の問題は、思ったより根深いです。というのは、法定で定められている調査で、土の中のことが全てわかるわけではない、ということを前提に、基礎や杭を設計しているからです。構造屋さんである、なまあず本舗設計室でも、正直判断に困る地盤って多いです。それは大手の技術者でも同じだと思います。杭や基礎を決定するための、地盤調査といわれているものの精度は、思った以上に低いです。そしてあのような大きなマンションの場合であっても、勘や推定が必要です。なので偽装問題は確かに問題ですが、偽装していなくても今回のようなことが起こる可能性は否定できないのです。

というのもマンションの地盤調査は、戸建て住宅で信頼性の低いスウェーデン式サウンディング試験ではなく、もう少し信頼性の高い標準貫入試験です。しかしこの試験も欠点はありますし、何より、すべての地盤面に対しての調査でないことも問題です。つまり一定の間隔(それも結構間隔が広い)で調査しますので、その間に急激な異変などがあった場合は把握できないことです。もちろん建物にはある程度の剛性がありますし、地盤が急激に変わるような要注意箇所はある程度先に把握していますから、大きな問題になることは少ないです。だからこそ今回のような事件もなかなか表面化しないのです。もし偽装しているつもりでやったとしても偶然支持層に到達していたり、また到達していなくても地盤地下しない場合もありますから。

そう考えても、できるだけ知識・技量のある調査者がしっかり調査を行い、その結果を踏まえた設計者が設計し、きちんとした業者が施工し、しっかり現地で管理して、杭が到達しなかった場合の指示も的確に行えば、トラブルは防げるはずです。数多くの技術者たちが関わって、ようやく施工できる建物で、誰か1人のせいにしたり、誰か1社のせいにしたり・・・そういう話しではないと思います。大手だから安心とか、安易な考えではしっかりした建物が建たないことをご理解していただければ、と思います。少なくとも、今回の事件は偽装していたとしても、他のどこかで防げた可能性が高いのです。建設業の総合力が問われている気がします。