コンクリートのかぶり厚


こんにちは!10月も下旬になりましたね。日本でもハロウィンがすっかり定着してきました。あのコスチュームや仮装がイマイチ慣れないのは私だけではないはずなのですが・・・馴染めません(笑)。

さて、現在P社ビルの補修を行っているのですが、今日、現場に呼ばれて行ってみたら

P1050425 (Small)

はい。鉄筋が露出しています。というより、元々コンクリートのかぶり厚(基準法だと3センチ)が取れていないというより、まったく被っていないレベルですねえ。

コンクリートは鉄筋を守っています。なくなると錆びてきます。またコンクリートも脆くなって剥がれ始めます。元はといえば、施工時にしっかり施工してくれていればこのようなことは起こりにくいのですが、今さら言っても仕方がありませんね。きちんとポリマーセメントで覆って補修しておきます。

鉄筋が出てくると言えば、最近軍艦島に行ってきました。こちらは鉄筋をしっかり覆っていたようですが、海風に長年あたって、鉄筋が錆びて覆っていたコンクリートが壊れてしまっています。

P1050062 (Medium)

↑軍艦島の様子。軍艦島に関しては別途記事を書きます。軍艦島に行く方は、「軍艦島に行くときの注意点」という記事を書いていますので、一度読んでみてください。