建築による手段


こんにちわ

前回のブログでこれからの住まい作りは省エネが基準になるという話をしました。

おさらいすると、

①元から絶つ  ②効率よく使う  ③上手に住まう

この3つで決まります という内容でした。

 

「軽く言うけど、具体的にどうすればいいの?」

現実的に家を建てる時は、どんな手段があるのか・・・・2つあります。

 ①建築よる手段

 ②設備にする手段

です。今日は①建築よる手段についてお話致します。

地域や敷地の状況を読み お庭に樹木を植えて自然を取り込んでいきます。これは建築計画上の手法です。

夏と冬でその対策が異なりますが、具体的な方法として

 

①落葉樹を植える

落葉樹は冬は葉が落ち、日が入りやすく、夏は葉が茂り日射を防ぎます。

カツラや、イロモミジは秋には紅葉が楽しめて大変人気となっています。

②深い軒の出

太陽光との高い夏の日射を防ぎます。これはお寺等の古い木造建築に多く見られます。さらに、雨の進入から深い軒は家を守ってくれます。

③ブラインド

すだれです。これは内側につけるより窓の外側に付ける方がより効果的になります。

ホームセンターなどでお手軽に購入でき、かなり利用されている方は多いと聞いています。

 

(脚注:国土交通省補助事業住宅省エネルギー技術施工技術者講習テキストから)

 

ちなみに最近家もすだれを購入しました。実際かけて見るとなかなかいい感じです。

夜でも外から部屋の中が見えなくていいですね。

あと、外出から戻った時の部屋を開ける時、いつもむわっとした熱風を全身に浴びてまるでサウナ状態だったのが、・・・そんなでもないのかな?余裕を感じている次第です。暑いことは暑いのですが、脳内不快指数は少し下降したようです。

微々たる変化ですが、少しの工夫で豊かになった気分です。それでは

 

 

住宅の省エネルギー化の推進


こんにちわ

最近テレビや新聞などでCO2削減目標とか、節電とか省エネ効果の高い家電に
買い換えたり電気自動車に乗り換えてみたり・・・・とか、いろいろ聞きますね。
わが国の温暖化問題や大震災を契機としたエネルギー問題に直面しており低炭素型の社会を作ることが大きな課題となっているのです。これらは国、世界がこれからの住みよい地球にするための大きな未来の宿題なんですね。
社会・・・住宅分野においては 新築住宅・建築物の段階的な省エネルギー基準への適合化が予定されています。

 

■これからの住まい作りは、省エネ化が標準になると考えられます。住まいの省エネは3つで決まります■
【 1・元から絶つ 】
これは家建てる時排出されるCO2を減らしましょうという対策です。
主に建築側に言われることです。

【 2・効率よく使う 】
これは、節水型トイレや止水機能のある水栓で電力をおさえて、太陽光パネルのエネルギーで生活するのを

目的としています。いわば電気の自給自足です。
主に入れる設備機器を吟味する必要があるでしょう。

【 3・上手に住まう 】
これは建主様の協力のことです。

上記のことはすべて、建築主様であるお客様が決めることになります。

私たちはお客様が建てたい家を現実にするためのお手伝いをさせて頂きます。その時分からないことがありましたら

お気軽にお尋ねください。

 

この省エネ計画は一人でなんとか達成できるようなものではありません。かといって「国が何とかするでしょう」な
他力本願でも叶わないません。
地球にやさしくすることで、家計が助かったり、人に優しいな住宅になるのですね。なんだか気分がいい話ですね。それでは

体感温度について


こんにちわ 先日今年初めてのカキ氷を食べました。

頭がキーンとする前に歯がキーンとしました。知覚過敏です。

 

暑いな~、と思ってふと温度計を見るとさほど温度は高くなかったり・・・・なんて経験ありませんか?

私たちが室内で肌で感じている感覚は、室温だけでは決まりません。壁や床の表面の温度の影響も受け変わっていくのです。

それが、体感温度です。

体感温度とは表面温度と室温を足して2で割ってものを言われています。

同じ室温が20度であったとしても、表面温度(壁際付近の温度)が低ければ、当然体感温度も変わってきます。

体感温度が低いとどんな事が起こるのか、

寒い→暖房を強くする→エネルギー消費→電気代が掛かる

こんな事になるのかも知れません。

 

おまけ

■感温度の計算式■

体感温度≒(表面温度+室温)÷2

で、算出できます。ぜひご自宅でもお試し下さい!それでは

 

太陽光発電システムについて


こんにちわ、今日は久しぶりの雨ですね。

私は普段小田急線をよく利用するのですが、こちらだいぶ
昔に高架になりましてもう地上を走っているのは一部の区間のみとなってしまいました。

すると車窓から住宅の屋根が見下ろせていろいろな形があって結構楽しいです。
最近太陽光パネルを設置している住宅を良く見かけます。

屋根の形や敷地にとってもさまざまですがが決まってますから、大きさのそれぞれ違います。
見て思うのは、太陽光パネルも形が変わったなということ。
私が子供の頃、ソーラーカーとかエコが流行りだした頃でしてその頃の太陽光パネルと
今のデザインではその違いに驚きます。

 

今回は太陽光発電パネルの種類についてご案内します。
■太陽光発電システムの種類と特徴

①単結晶シリコン型
(セル)太陽電池本体)全体がひとつの結晶になっているのが単結晶です。
新商品は単結晶シリコンが主流になってます。

【利点】変換効率が20%前後高く、少ない面積設置でも多くの発電が期待できる。
【欠点】シリコンの使用量が多いため、価格が高い

【主なメーカー】
ジャパンソーラー
東芝
リクシル

②他結晶シリコン
セルの中に、小さなシリコン結晶がいくつも入っているものが他結晶です。
価格と性能のバランスが良いため、現在まで最も生産されてます。

【利点】単結晶型よりもシリコン使用量が少ないため、コストが安い
【欠点】単結晶と比べて、発電量が見劣りする

【主なメーカー】
SHARP
京セラ
③ハイブリット型単結晶シリコン
単結晶の「高い発電効率」、アモルファスシリコンの「高温時でも発電量が低下しにくい」という
双方のメリット組み合わせたハイブリット型です。パナソニック、長洲産業が販売してます。

【主なメーカー】
SHARP
京セラ

 

同じように見える太陽光パネルですが、それぞれ違いがあるんですね

明日は 太陽光パネルが活躍できるように晴れるといいですね!

 

 

ふちゅうニコニコ商品券


おはようございます。急に暑くなりましたね。季節相応といえばそれまでなんですが、今まで涼しかったですからね。急の温度変化は体に悪いです。体調に気をつけ徐々に暑さに体をなじませましょう。

さて、日曜日は、競馬場の花火大会で盛り上がりましたね。残念ながら音だけ聞いていましたが(涙)。いよいよ夏という感じです。

さて、昨日は、ふちゅうニコニコ商品券の発売でした。前回は売れ残ったのですが、今回はプレミアム20%と超お得だったので、瞬殺!!すぐに売り切れました。販売所では混乱も発生していました。先週の弘前でも混乱していたのに、府中は想定してなかったようです・・・。SNSなどで行列写真が掲載されていますが、暑いなか、お疲れ様でした。

さて、そのニコニコ商品券ですが、なまあず本舗の各店舗でも利用できます。具体的には宮西町の「なまあずショップ」、美好町の「駄菓子屋なまあず」で利用できます。ルール通りおつりがでませんが、ぜひご利用ください。

ニコニコ商品券の発売に合わせて、駄菓子屋なまあずでは期間限定で花火を販売します。手持ち花火と噴出花火です。他では手に入らない限定セットもありますので、ぜひ足をお運びください(花火の販売開始は7月15日を予定しております)。