システムキッチンの価格考


おはようございます。今日は私なりのシステムキッチンの考えを書いてみます。

そもそもシステムキッチンとは、和製英語で日本の台所の形態の一種。様々なパーツを組み合わせ一枚の天板を載せ全体が一体になったキッチンのことです。

他のキッチンは、ブロックキッチン、ミニキッチンなどがあります。ブロックキッチンはセクショナルキッチンなどとも呼ばれ、流し台、調理台、コンロ台などを並列に並べ、テーブルトップに継ぎ目ができる安価なキッチンです。

ブロックキッチンと比べシステムキッチンは高いです。私がリフォームでよく使うリクシル(旧サンウェーブ)のエクシィというブロックキッチンの場合、定価ベースで20万円を切ることがあります。お客様はその価格にびっくりするのですが、ホーローキャビネットは意外に美しく評判は上々です。

システムキッチンではどうしても定価ベースで70万円以上のものでないと魅力を感じないのですが、その品質はかなりのものです。しかしながら割高感は否めません。

システムキッチンの価格は、そのカスタマイズ性にあります。カスタマイズ性が高いものは割高です。そのため仕様を絞った安価なパッケージを各社揃えています。それで満足できる組み合わせなら絶対にお得なのですが、中には大事なところを安価な部材に置き換えている場合もあり、すべておすすめか?とは言い切れない部分があります。そしてそれでもブロックキッチンに比べて高いのです。

カスタマイズ性が価格に与える影響は、各社ラインナップでわかりにくくなっていますが、タカラスタンダードなどは比較的わかりやすいです。

タカラスタンダードのシステムキッチンの下位機種はカスタマイズがそれほど充実していません。ベーシック暮らすのエーデルは驚きの20万円台からありますが、安っぽさはありません。もちろん上位機種のレミューと比べると・・・ですが。基本的な設計部分は大きく変わらないのに、定価ベースで価格差は20万円以上あります。ただ仕様が高いだけでなくカスタマイズできる部品も大きく違います。この2つの場合、標準仕様で満足できるのであれば、それほど大きな違いはないのです。特にエーデルは安価とはいえシステムキッチンなので、サイズ調整、一体感など手抜きなく行えるので安心感があります。また対面キッチンもできます。ただし、比較的安価とはいえ、カスタマイズするとあっという間に高くなってしまいます。やはりカスタマイズにはお金がかかるのです。

キッチンの価格は高いので、まずはご自身の使い方を考えて、仕様を考えましょう。その仕様にあって標準なものがあるなら、それを選ぶと安価に済みます。ただし仕様がそもそも良くない安価だが耐久性に難があるものは避けましょう。その点日本のシステムキッチンメーカーは、低価格のものでも一定の水準に達しているものが多く安心です。今回紹介した、リクシルのブロックキッチンのエクシィもタカラスタンダードのエーデルも十分と思える人は多いでしょう。

消費税があがり、建材・施工費も上がっている今、無駄なものにお金をかける必要はありません。そのあたりはメーカー住宅などの場合、なかなか低価格で選べるものがないのも事実。その点設計事務所、特にリフォームを手がけている設計事務所は柔軟に対応できますし、低価格リフォームのときのノウハウも充実しているので面白い提案ができます。なまあず本舗も低価格リフォームを数多くやってきた実績からアドバイスさせていただきますので、詳しくはお問い合わせください。

参考:

タカラスタンダードのシステムキッチンのホームページ

LIXILのエクシィのホームページ