床暖房の効果


おはようございます。思ったより急には寒くならず、比較的暖かい三連休でしたが皆様いかがお過ごしでしょうか?私は、姉一家が来訪したのでバタバタしていました。姉の娘も来年は中学生。早いものです。

さて、White GUWUでは、さっそくいくつかの実験を行っているのですが、その1つが床暖房運用にあります。White GUWUは天井が高いうえ、32畳の1部屋という住宅としては異常に広い空間があります。そのため冷暖房は大きな課題となります。もっとも学校やオフィスなら普通の広さともいえるので、住宅だけ特別・・・ということはないはずです。

White GUWUでは熱容量を考え、ガス床暖房を導入しています。断熱材などは十分に施工しているのですが、果たしてその効果は?床暖房の効果を実証するために、White GUWUではエアコンを付けていません。冬の間はガス床暖房で運用するつもりです。

さて、まだ11月下旬ですが、寒い朝も多いのですが・・・ランニングコスト、イニシャルコストはともかく、現状では「十分」だと感じます。暖まるまでの速度は遅いですが、床が少し暖まれば、気温が低くても意外にいけます。15度台で、くつろいでみましたが首が若干寒いくらいで、大丈夫です。温度上昇のカーブは低いですが、これはまだ秋なのでメモリを10段階の2から3程度しか運用していないからでしょう。また一度暖めると、意外にもちます。これは断熱材の効用もあるのですが、ガス床暖房の特性でもあるのかもしれません。なまあず本舗設計室の事務所では電気床暖房なのですが、すぐに冷えます。

今後もコストなどを含め検証していく予定です。お楽しみに!