現在進行中のプロジェクトについて


おはようございます。今年は天災が異常に多かった印象がある年です。特に雨は凄かったですね。天気に左右される仕事をしているので、特にそう感じました。おかげさまで、現場では大きな遅れやトラブルもなく進んでいます。これからはある程度余裕をもった進行プランで行う必要があるな、と改めて感じています。

さて、現在進行中のプロジェクトについて、お知らせいたします。プロジェクトのページにも掲載していますのでご参考ください。

まず工事中の案件。美好町計画(現在はWhite Guwu)は、10月14日に完了検査を迎えます。テックワンP3プラスという新しい工法を利用した、なまあず本舗オリジナル住宅です。見学会も企画いたしますので、興味のある方はぜひご参加ください。Yビルのエレベーター棟増築も工事は順調に進んでいます。リフォームでは文京区の大型の木造料理屋の耐震補強工事が今週始まりました。来年春までの巨大プロジェクトです。現在床を剥がしたり壁を壊しながら、最終的な補強方法を検討中です。M様邸耐震リフォームや屋根工事に入りますが・・・台風が近づいたため来週に延期しました。さすがに今工事を行うのは無謀です。

I様邸新築工事はプランが固まりいよいよ本設計に入ります。なまあず本舗で設計する住宅の中では非常に大きな部類に入ります。構造設計もしっかり行うため、意匠・構造と連係しながら設計しております。K様邸もプランと施工業者が決まりました。こちらの着工もまだ先ですが更に完成度を高めるため、現在準備中です。E様邸新築工事は、年内着工予定で非常に高速に設計を行いました。埋蔵文化の申請も出し、確認申請も月内に提出予定です。

耐震補強の大型プロジェクトとして、Lマンション(RC造)もいよいよ評定に出す準備中です。それぞれの強みを活かした設計事務所同士のコラボレーションで行っているこのプロジェクトも工事前の大詰めの状況です。なかなか良い補強設計ができていると感じています。

最近の傾向として、消費増税、円安や物価高、人件費の高騰、サッシ関連の値上げなどで、住宅工事にかかる値段が上がってきて、見積もりをやり直すことが増えています。それぞれはあまり影響がないはずなのですが、これだけ重なると大きな金額になってきています。なまあず本舗設計室では設計や作業工程の工夫により低コスト化を目指しており、部材や人件費にできるだけ切り込まない手法を取り入れています。もちろんこれにも限界があるのですが、この業界特有の下請けを叩いて・・・という手法は取りたくありません。これからもそういう姿勢を貫いて設計していきたいと思っております。