住宅の地盤調査は必要なのか(長文 その2)


必要なのは、その1の通り。地耐力がわからなければ、基礎を選べませんものね。

ではその地耐力を測る方法は、告示の1113号の第2に定められています。木造2階建てのような小規模かつ軽量の建物には、スウェーデン式サウンディングという非常に簡易な試験を行い算出することになっています。メリットは非常に安価で、多点調査が楽なこと。建物が軽量なので、不同沈下が怖いので、多点調査が楽なのは大きなメリットとなっています。機械が小さく扱いやすいのも普及した理由です。一番は価格!かもしれません。しかしながら構造に詳しい建築士の先生方は、スウェーデン式サウンディングを非常に嫌います。私は個人的にそこまで嫌わなくてもいいのに、と思いますが、確かに欠点だらけといえばだらけです。ですがその特性を知って対処すればある程度はカバーできるのも事実です。

スウェーデン式サウンディング試験とは、その名の通りスウェーデンで国有鉄道の不良路盤の調査として採用したことからこの名前が付いたそうです。元々は家に建築用ではないです(以上、ジオテック株式会社HPより抜粋)。鉄の棒をおもりを載せて地面に差し込んでいって(実際は回転しながら)、25センチ貫入させるの必要な回転数を記録します。回転数が多ければ固い地盤となります。音などで地質を推定できますが、実際の土を採取するわけではないので信頼性が薄いです。最近のスウェーデン式サウンディングは機械で自動的にやってくれるので楽ですし、中には土を採取することもあります。砂利層などでは鉄の棒が入っていかないので向きません。

砂利層などスウェーデン式サウンディングが苦手な地盤の調査は、私の場合は平板載荷試験を行います。これは基礎に見立てた小さな載荷版に、実際の建物の重量に見合う荷重をかけて沈下量を測定し安全性を確認するものです。短時間で調査できますが、基礎面までの掘削が必要ですし、地質も分かりません。しかし当たり前のような現実的な検査なので信頼性が高いです。

他には表面波探査法を使う事も多いです。表面探査法は、地面を揺らしてそのゆれの伝わる速さを測定して地盤を判断します。信頼性で若干劣ることがありますが私の場合は多点調査とスウェーデン式サウンディングとの併用で精度を高めています。汎用性が高いので様々な地盤で使えるのがポイントです。

もちろん一般的な標準貫入試験なども利用します。建物規模や地盤状況によって判断します。新築の費用はいろいろかかるので、目に付かない部分は安くすませたいものですが、基本的なことですからきちんと行いたいものです。義務化されて良かった反面、逆に設計者が地盤調査に興味を失ったことは残念です。

住宅の地盤調査は必要なのか(長文 その1)


住宅を建てるのには事前調査が必要です。道路や上下水道などさまざまです。そして地盤調査も必要です。設計事務所や工事業者の話を聞くと、法令で決められているからとりあえずやる、価格の安いところでお願いする、といった後ろ向き発言が多いです。地盤保証のため、とかもありますね。

法的には、建築基準法第20条の「構造耐力」の項(建築物は、自重、積載荷重、積雪荷重、風圧、土圧及び水圧並びに地震その他の震動及び衝撃に対して安全な構造のものとして、次の各号に掲げる建築物の区分に応じ、それぞれ当該各号に定める基準に適合するものでなければならない)を満たすことが必要です。20条は当たり前条文ですが、その後の構造的な条文の中心になっています。地盤に対してももちろん要求されます。

地盤に関しては建築基準法施行令38条「基礎」(建築物の基礎は、建築物に作用する荷重及び外力を安全に地盤に伝え、かつ、地盤の沈下又は変形に対して構造耐力上安全なものとしなければならない)が基本条文になります。この性能を実現させるために同3項(建築物の基礎の構造は、建築物の構造、形態及び地盤の状況を考慮して国土交通大臣が定めた構造方法を用いるものとしなければならない。この場合において、 高さ13メートル又は延べ面積3,000平方メートルを超える建築物で、当該建築物に作用する荷重が最下階の床面積1平方メートルにつき100キロニュー トンを超えるものにあつては、基礎の底部(基礎ぐいを使用する場合にあつては、当該基礎ぐいの先端)を良好な地盤に達することとしなければならない)に書かれています。令38条の他項と告示1347号が、基礎・地盤関連です。詳しくは条文を見ていただければわかること・・・と言いたいのですが、法令は独特の言い回しと、バラバラに書かれているので案外やっかいです。そのため建築士は法令に明るくなければなりません。意外とこのあたりの条文に詳しくない方が多いような気がするので注意が必要です。

難しいことを抜きにして告示1347条に地耐力毎の基礎の選定が書かれています。そのまま読むと地耐力が20kN/m2未満は基礎ぐい、20~30未満は、べた基礎、30以上は布基礎と読み取れます。この場合の地耐力は地盤改良を行った場合は、改良後で良いことになっています。住宅の場合は、基礎ぐいはあまり使いませんので、地耐力が不足している場合は地盤改良を行うことになります。

よ~く考えると、ここでは建物の重量のことは書いてありません。いうまでもなく建物重量と基礎底版によって必要な地耐力は決まっています。建築士はプロなんだから~と思っているかもしれませんが、そんなこと知らないのが普通です。まあ実際建物を重量計に乗っけて図るわけにもいきませんし。なので部材を拾って荷重計算するのですが、それすらしていないのがほとんどです。もちろん構造計算を行っていれば荷重は計算していますのでわかるのですが、通常の木造2階建ての場合、壁量計算やN値計算といった簡易なものしかしていないので荷重計算は行っていません。条文も少ないし、案外いい加減なんです・・・。

それでも平成12年に前述の告示1347号ができたおかげで、原則的に全建物は地盤調査を行っているわけで、地盤のトラブルは激減しました。しかしほとんどは業者まかせ。いいのかな~??といつも考えます。

消費税増税対応につきまして


おはようございます。今日も良い天気です。春らしい気温になり、いよいよ桜の開花が近いことを感じられますね。

さて、世間は消費増税の話題が多くなっております。いうまでもなく5%から8%へ上がります。それは設計事務所だろうとセレクトショップであろうと平等に訪れます。言いにくいことではあるのですが、なまあず本舗も4月1日から消費税8%としてお預かり申し上げます。なまあずショップ楽天市場店に関してはWEB上で別途記載がありますので、月末購入の方はご注意ください。

なまあず本舗設計室、なまあずソリューションは、今まで税込表示が多かったのですが、伝票システムの更新により、外税方式に切り替えました。4月1日請求以降は完全に外税8%表記となりますので、ご了承ください。既に見積済のもので、4月以降完了分は、請求時に8%表記になります。こちらもよろしくお願いします。

駄菓子屋なまあずは、1~3月上旬に既に仕入れ価格が値上がりした商品が多く、そちらは既に値上げ済みです。店頭商品で4月1日に増税を反映させることはありません。消費増税よりも各商品の値上がりが顕著であり、特に海外生産の駄菓子の値上がりは頭を痛めています。また10円の商品はそもそも利益が薄い上、さらに消費増税で提供が難しくなっていますが、駄菓子屋なまあず、なまあずショップ宮西町店では、引き続き10円で販売させていただきます。20円商品も同様です。30円以上の商品は、今後の仕入れ価格との兼ね合いで、据え置き、値上げを判断していきます。

なまあずショップ宮西町店は、駄菓子は、駄菓子屋なまあずと同様です。店頭商品は、「こどものかお」のスタンプ類、事務所協会の委託販売は、消費税増税にともない8%となります。他の店頭価格品は店頭価格通りとします(税込価格)。混乱がないよう気をつけますが、しばらくはご迷惑をおかけするかもしれませんがよろしくお願いします。

年度末の耐震診断の状況


おはようございます。今日は朝から良い雨が降っています。思ったより冷えなかったので良かったです。東京でもそろそろ桜が・・・という季節です。桜の開花時期に雨が重ならなければ良いのですが。

さて、世の中では年度末。耐震診断も一度締めとなります。木造の耐震診断のラストは先週に報告。来期に補強を行うそうです。本日、木造は今年度最後の補強工事の報告(狛江W様邸)です。近年非常に多かった小田急沿線シリーズもとりあえず終了します。お客様と大工さんの素敵な協力により、非常に良い工事となりました。

初の沿道耐震のSRCの耐震補強であるFビル(府中市)も、補強工事は終わりました(細かいものは残っていますが)。RC造の耐震診断も練馬と府中の2案件で今年度は終了。どちらも補強が必要な残念な結果となりました。練馬の件は、ぜひ補強したいということなので、補強計画を次年度に練り提案する予定です。他のRC造の耐震診断は、すべて報告済みであり、補強が不要なもの、補強が必要だけど補強工事は保留のものなど様々。依頼主様の置かれている状況は様々。要望をよく聞き対応策を提案していこうと思っています。小型S造の耐震診断も3棟ほど審査中で、本年度ギリギリとなります・・・。なんとか終了したいと思っています。S造と木造と増改築という複雑な販売所の耐震診断は、現在鋭意診断中であり、年度をまたいでの申請なので、予定通り進行しています。

沿道耐震以外では、RC造と木造の混構造住宅の耐震診断は、ようやくコンクリート試験の結果が上がってきたので、報告書の作成に入ります。S造の工場の耐震補強設計は、現在お客様に提案している最中で条件が整えば補強工事に入る予定です。

4月からは、東京北部・西部の鉄骨造を中心に診断予定が入っています。小型の案件を中心に4月からも地道に取り組んでいこうと思います。何か案件がありましたら、気軽にご相談くださいませ。

GUWUの用途


おはようございます。今朝も天候に恵まれて気持ちが良いですね。非常に暖かくなり春本番!という感じですが皆様いかがお過ごしでしょうか?

春先になって新築の案件、耐震の案件を頂くようになってきました。消費増税は確かに痛いですが将来的には必要な事項。みんなに訪れる痛みですので、自分だけ「痛い」と言うわけにはいきませんね。頑張ってまいりましょう♪

さて、GUWUについてですが、住宅以外にどのようなものに向くか?考えています。個人的には住居兼事務所、住居兼店舗などのそれぞれ住居以外のところに使うというのがいいと思っています。柱のないすっきりとした空間は店舗向きです。喫茶店などにもいいかもしれません。あえて平屋にして天井高を稼ぐ手法はむしろ贅沢で、2階建てでは出来ないようなものを作らねば意味がありません。

おそらく、喫茶店などは、イベントがたま~にあり、空間をそのたびに変更したい!という場合には非常に有効だと思います。最大12mのスパンが飛ばせるので、かなり広々とした柱の少ない空間を確保できるからです。GUWUというよりテックワンP3プラスの効能といったほうがいいかもしれませんが、GUWUだと断熱や耐震も統合的に設計してしまうので効率良く設計できる利点はあります。

あと、一坪ショップや、シェアオフィス、シェアハウス、シェアショップなどにも有効です。構造的な壁でなく区切れるのでスペースの節約になりますし、より弾力的な運用も可能です。木造のシェアオフィスなんて素敵で贅沢だと思いませんか?

そんなこんなで頭の中でぐるぐると考えていくと、GUWUには無限の可能性があるとともに、一般化するためには、良いアイデアをたくさん考えて皆様に広めていく努力が必要なんだな、と感じます。

カテゴリー: GUWU

ひな祭り


こんにちは。いよいよ三月になりました。オリンピックで盛り上がった2月はもうおしまいです。本格的な春が訪れます。例年になく大雪が積もったりして、改めて自然の脅威を感じる冬でした。地震の次は台風、そして雪。自然は我々をあざ笑うが如く気まぐれです。自然の恵みと脅威は背中合わせ。人間は自然の中で生きていかねばならないので、自然の摂理には逆らえません。うまくつきあっていくことが大切です。

さて、今日は3月3日。ひな祭りです。女の子の祭でひな人形を飾っている家庭も多いかと思います。何気にそれほど伝統がなさそうな祭ですが、今では日本各地に定着しています。我がふるさとの佐渡島でも、伝統的なお団子である「おこし型」を作る風習があります。なまあずショップでは3月1日におこし型教室を開催しました。おこし型はこんなかんじ。

20140301_181737_Android

着色した団子を型に入れ、起こして蒸します。団子の粉から作るので味は団子そのものです。ただしカラフルでキレイなので人気がありますね。ただこの型は木型で、非常に高度のワザで作られた伝統工芸です。佐渡でももう作る人がいないそうです。なまあずショップ楽天市場店では型を販売しております。実は祖父が作っていたので、その在庫がまだ少しだけ残っています。興味のある方はどうぞ。