GUWU


なまあず本舗設計室では、2月3日に、新しい木造住宅GUWU(「ぐう」と読む)を発表しました。公式ホームページも公開しています。

GUWUは別に特殊なことをしているわけではありません。ただ、近年劇的に変化する木造住宅の環境に合わせ、建築設計事務所も住む人も、そして建物も変わらなければならない時期がきているのだと感じています。

昔なら手軽に「リフォーム」という言葉を利用して、何でもありの時代でした。平屋建てに2階を載せるという、恐ろしいことが普通に行われていました。増築もそうです。本当は法律でいろいろ定められているのに、そのあたりは見過ごされてきました。そのため危険な住宅が増えました。

近年は逆に規制が厳しくなりすぎている、と感じます。ただコンプライアンスが叫ばれる中、リフォームを好き勝手やってもいい、とは思えません。なまあず本舗設計室では、多様なニーズに応えるべく、リフォームの法的対応(確認申請等)も行ってきましたが、そろそろ別のアプローチを考えねば、と思いGUWUを考案しました。

GUWUは、広い空間を作って、そこに間仕切りを置き、ライフスタイルや日々の生活、イベントに合わせて可変できる、シンプルな木造住宅の考え方です。人の成長、家族構成の変化、季節変化にリフォームという手段を使わず追従していけるように、できるだけシンプルにわかりやすい手法を取り入れています。建築家の職能放棄では??と思う方もいるかもしれません。しかし建築家も住まう人の将来を見抜けるわけではありません。ある程度の箱を用意して、そのあとは住まう人の自由に、そして自分たちで作り上げていただけたら、と思っています。いままでリフォームでしか対応できない部分を、自分たちでやれたら!と思う人に住んで欲しいと思っています。

現在、GUWUの第一号を設計中です。非常にシンプルですが、課題も見つかっています。広いので冷暖房や電気の問題が一番のネックでしたが、現在は解決しています。コスト面では安くなると思っていましたが、間仕切りなどを考えると思ったほど安くはないのもネックです(建物本体は安いです)。間取りの柔軟性もイマイチ(そもそも間取りがないわけですから柔軟性も何もないのですが・・・)。

このブログでも今後GUWUの設計・施工について書いていきますので、楽しみにしていてください。