ミニチュアお菓子教室(モンブラン&プリン)開催しました


10月26日に、ミニチュアお菓子教室を開催しました。モンブランは春に一回開催していますが、プリンは初めてです。

IMG_3370s

講師は、毎度お馴染みの小出と尾形。なお尾形はこの回をもちましてなまあず本舗から卒業いたします。次回のアシスタントは・・・お楽しみに。

今回も午前午後。ただし午前中は台風の影響が残っているので、少なかったです。

午後は・・・賑やかでした!普段と異なり今回は全員中学生以上でしたので、雰囲気が違いましたね。

IMG_3357 (Custom)

みんな上手です♪

IMG_3388 (Custom)

次回は11月16日(土)、シュガークッキー教室(もちろん食べられません)です。

DSC_1863

試作のなまあず君です。現在作り方を改良中。こうご期待♪

 

台風27号が逸れそうです


おはようございます。今朝の府中は小雨がぱらつく程度。台風が近づいているというより、秋雨前線の雨、といった感じです。

さて、台風の当たり年の今年ですが、最後の?台風になってほしい台風27号が週末接近してきます。最新の予報では、台風は南に逸れて本土への直撃は避けられそうです。といっても被害が多かった伊豆大島などは直撃しそうな勢いで見ていられません。台風を予測して週末の府中市の防災訓練は中止と発表されました。どちらにせよ影響はでてきています。西日本では台風に刺激された秋雨前線が活発化し、大雨状態・・・。今年は天気のバランスが悪いですね。

なまあずショップでは、明日は月一回のイベント「ミニチュアお菓子教室」です。今のところ通常開催を予定しております。台風の動き次第で中止・時間変更する場合があります。予約者にはできるだけ早めに連絡する予定ですのでよろしくお願いします。

T様邸耐震補強とW様邸耐震診断


おはようございます。また台風が・・・という話が現場では通常の会話になりつつある今日この頃。皆様いかがお過ごしでしょうか?なまあず本舗設計室も駄菓子屋なまあずも道路からの高さが低いので大雨に弱いのです。幸い浸水は今のところありませんが、これからが心配です。そのため簡易土のうを購入しました。


店内全品ポイント10倍&税込5,000円以上で送料無料!10/21am9:59まで緊急簡易土のう (10枚入)土嚢、川の増水や洪水の際に活躍!10分ほどで16~20kgに♪ 【アイリスオーヤマ】楽天HC【e-netshop】 土嚢 土のいらない どのう【0829dr_co】 【RCP】【10P04oct13】【0925IRIS】

これは使用前は薄く軽量で保存しやすいのですが、使用前に10分ほど水に浸せば土のうが完成します。使い捨てなのですが、いざというときに役立つはず!10枚入りですので、必要に応じて複数個備蓄しておきましょう。

さて、T様邸の耐震補強工事が無事終了しました。屋根の軽量化と小屋裏補強でした。市の助成金を使用しました。屋根の軽量化は耐震性を高めるのに非常に有効ですが、軽くなった分、小屋裏の止めつけが心配です。そこで屋根工事後に小屋裏から金物で補強しました。留める金物は安価なもので大丈夫ですので、金額はあまりかかりません。悪質業者はここに高い金物を使用して法外の金額を請求するのですが、実際は安価に出来る場合が多いです。もっとも狭いのできちんと施工できるかが鍵になります。

W様邸の耐震診断も行ってきました。狛江市です。最近、狛江と世田谷が多くなっています。屋根の作りが悪く漏水しやすい家でした。そのため屋根をやり直すこと前提で診断しています。雨漏りは建物の耐久性・寿命を著しく落とすものです。今の住宅なら・・・と思うかもしれませんが最近建てられた住宅の中にも雨漏りが多い家は結構見かけます。ご注意くださいませ。

11月25日には改正耐震改修促進法が施行されます。住宅は特に変わりはないのですが、不特定多数が出入りする大規模な建物に関しては診断義務化・罰則化などより厳しいものになってきています。最近、問い合わせがちらりほらり出てきています。なまあず本舗でもきちんと対応できるように現在社内で勉強中です。

寒くなってきました。そろそろ暖房の準備も必要になってきています。シーズン最初は特に点検をお忘れ無く!

N様邸近況(10/18)


天気が全般的に悪いのですが、N様邸は順調に進んでいます。基礎の工事の時晴れて良かった!

R0028541 (Custom)

土台の据え付け。アンカーの位置は若干ずれてしまうので、手作業で土台の修正が必要です。今回はオーソドックスにネコ土台の上に据え付けます。

DSCF8332 (Custom)

土台が終わると一気に木工事が進みます。プレカットで刻まれた材料を搬入し、どんどんくみ上げます。このタイミングが一番仕事が進んでいるように錯覚します。すぐにでも完成しそうな勢いですが、ここからが本番です。

DSCF8333 - コピー (Custom)

3階建ては、2階建てに比べて迫力がありますね。注意しなければならないことも多いです。

Aビル耐震診断


最近は、若干遠めの少し大きめのビルも耐震診断を行っています。先週はAビルの現地調査でした。非常にセキュリティの高いビルなのでいろいろ大変でした。半年くらい準備もかかりましたし。

劣化などを目視で確認し、事前調査で定めたポイントのコア抜きを行います。

R0028708s

このようにぽっかりと穴が空きます。もちろんこのあと補修しました。

事前準備がしっかりしていたので比較的短時間で終わりました。耐震診断の現地調査もそれなりのスキルが要求されますが、実際は図面を作ったり、役所の申請を行ったり、書類を作ったり、計算したり・・・現地での調査だけでなく膨大な作業があります。ビルはどれ一つ同じ物はありません(似たものはありますが)。我々の判断ミスで建物の欠陥を発見出来ない場合も出てきますので、慎重に行わなければなりません。

今シーズンはたくさん診断を行いました。また補強設計も並行して行っております。1件1件慎重に行っているので納期が遅れがちでしたが、最近ようやく軌道にのり予定通り行くようなりはじめました。春先からはだいぶ空きがでてきますので、今から耐震診断・補強を考えている皆様、ぜひご相談ください。

今週のミニチュアお菓子教室(モンブラン)


おはようございます。連休は雨続きで出かけられなかった!という人も多いのではないでしょうか?私も室内にこもっていました。今朝は良い天気で良かったです。

さて、今週土曜日(26日)は、恒例のミニチュアお菓子教室。今回はモンブランとプリンです。モンブランは春に一度やっているのですが好評だったのでもう一回やります。同じじゃつまらない!の声にプリンを作ることになりました。試作ではこんな感じ・・・

DSC_1845

モンブランは軽量粘土で、プリンは樹脂粘土、クリームはシリコンです。今回はハロウィンなので、ハロウィン風にデコってみるのも楽しいかもしれません。

午前・午後ともあと数名空きがあります。早い者勝ちです。予約制ですのでご注意を!

商工会議所の視察研修会


毎年秋に、むさし府中商工会議所の視察研修会に参加しています。私が毎年参加する数少ない行事の一つです。今年は青梅建設発生土再利用事業所と二ツ塚処分場でした。建築設計を行っている人間にとって、近くて遠い存在。設計を行っていると取り壊しもあるわけで、膨大なごみを出している産業の一つながらあまり知ることはありません。

DSC_1830

今回見学に行った建設発生土再利用事業所では、広大な採石場跡地に、受け入れた建設発生土の土質を改良して公共系工事に供給する場所です。東京都内にこれだけ大きな施設があるというのは驚きです。その割に機材などはシンプルです。もっとも扱う量が膨大で、広大な敷地内だから、機材が小さくシンプルに見えたのかもしれません。なかなか見ることができない場所ですので貴重な経験でした。

DSC_1831

二ツ塚処分場は、多摩地域25市1町の可燃ごみの焼却残さや破砕された不燃ごみが搬入される最終処分場です。日本人の年間に出すごみの量は膨大です。昔は埋立などで処分していましたが、年々場所がなくなっていきます。環境問題などもあり、ごみの問題は非常に重要です。近年リサイクル率が向上し埋め立てるごみは減ってきています。しかしそれでも最終処分されるごみは出てきます。

この二ツ塚では、焼却残さを原料にしてリサイクルしてエコセメントを製造する施設があります。この施設も非常に大きくてびっくりです。他のごみ焼却場ででた灰を運んできて処理するので、ここでは焼却はしないのですがね。エコセメントとは、焼却灰を主原料にした新しいセメントで2002年7月にJIS規格化されたものです。通常のセメントで利用される石灰石、粘土、けい石などの代替としてごみ焼却灰を混ぜます。通常のセメントとは異なる複雑な工程で作られるため、製造コストは非常に高いそうです。それでも本来埋め立てなければならない灰を利用できるため、最終処分場の延命など様々なメリットがあります。最終処分場は現在他に立地できる可能性が有る場所はほとんどなく、できるだけ使い続ける必要があります。この二ツ塚だって限界があります。エコセメントを作ることで、資源として再利用でき、再び利用できるのです。エコセメントは普通セメントとほぼ同等の品質を持ち、流通価格は変わらないように設定しているため、幅広い用途で利用されているそうです。

そのほかにも、環境に配慮して、様々な工夫がされている施設でした。このような処分場ができるだけ長く使えるように、我々もエコな気持ちを忘れてはなりません。

夜は懇親会。「黒茶屋」さんでした。建物も趣があり、料理もおいしく、非常に楽しい時間をすごすことができました。また来年も楽しみです。

台風が通り過ぎて


おはようございます。

台風26号が通り過ぎましたね。風が強かったけど、たいしたことがなかった!と思った方も多かったのではないでしょうか?

まぎれもなく巨大で強力な台風でした。それを証拠に直撃を受けた伊豆諸島はかなりの被害が出ています。

運が良かったのは、通過時刻がちょっと速かったこと、若干日本列島から逸れたこと、スピードが早かったことなどなど。運にも恵まれたわけです。

それでも被害は多かったわけで、改めて自然の脅威を実感します。ですから今回は、巨大な台風だったけど大丈夫だった!とは思わないようにしましょう。

さて、今日は狛江で耐震診断です。若干風は強いですが午後からなので大丈夫でしょう。天気も回復してきましたし。

それでは、台風後のゴミなどを片付けるとしましょう。

 

台風に注意(26号)


こんにちは。三連休は良い天気でしたが、今日は一転雨空。もちろん台風26号のせいです。

台風26号は、今年日本に接近する台風の中でも群を抜いて大きく強いです。現時点でも中心気圧は945hPa!!!海水温度も高いわけだから上陸時にもそれなりの気圧を保っていそうです。現時点の最大風速は中心付近で40m/sと超強力。建築基準法で東京の基準風速は34~36ですからね・・・・。超えちゃいます(ちなみに沖縄は46です)。最大風速とは別に定められている最大瞬間風速は55m/s!!!!はい。すごいです。ちなみに暴風域(25m/s以上)は中心から190kmとこれまた巨大。強風域に至っては北東側750km南西側600kmととてつもなく大きいです。

※最大風速とは10分間の平均風速の最大値。最大瞬間風速とは、瞬間風速の最大値です。一般に瞬間風速は平均風速の1.5~2倍程度です。

さて、これだけ大きな台風ですから、普段と異なった対策が必要です。

家のまわりで飛びそうなものは片付ける。自転車は屋内に入れる。雨樋のチェック、雨戸やシャッターを閉める。外の車はカバーをかぶせる。シャッターや雨戸がない窓は割れたことを想定して周囲のものをどかす、カーテンをきちんと閉める。大雨対策なども忘れずに!!

 

コンクリート打設(N様邸)


おはようございます。先週末から、新宿で建築ふれあいフェアをお手伝いしていたため、久々の通常出勤です。ふれあいフェアまでわざわざ来てくださった皆様に、この場をお借りして御礼申し上げます。

ふれあいフェアの会場からN様邸の現場は20分も離れていないので、フェア中にちょくちょく見に行っていました。ちょうど配筋検査から、型枠、打設という大切な時期でしたので、設計部長だけでなく私も・・・ということです。

現在のべた基礎は、地中梁下部とスラブを一回目にコンクリートを打ち、固まったら、上部の立ち上がりにコンクリートを打つという2段階の工程が必要です。なので天気も大切な要素です。運良く2日とも暑くない曇り空で滞りなく工程を終了しました。

DSC_1800

次の工程は、いよいよ木工事です。屋根がかかるまでは、晴天でいて欲しいですね。