年度末


おはようございます。3月の平日の最終日は、曇り空です(東京)。若干肌寒いですけど、コートが不要にも思えるので暖かいですね。やはり暖かい日が多かったのか、桜は満開を超えつつあります。皆様いかがお過ごしでしょうか?

おかげさまで、株式会社なまあず本舗も創業一年を無事に終えることができました。いろいろあった一年ですがなんとか無事に一年を乗り越えることができました。会社はこうやって一年一年過ぎていくんですね。一年一年着実に頑張って行こうと思っています。

一年目は、反省反省の一年でした。会社設立も大変でしたし、事務所登録など雑務も多かったです。もう少し計画的にやれば・・・ということも多かったです。また新会社名を広めるための施策も後手後手に回り、知名度の低さは未だ改善されておりません。これから改善していくことは山のようにあります。一歩一歩着実に解消していこうと思っております。

4月1日に、なまあず本舗公式ホームページで、毎年恒例になるであろう「今後の方針」を発表予定です。本舗に少しでもご興味いただいている皆様へのお知らせです。是非ご覧いただければと思います。

 

なまあずショップ春の新商品のおしらせ


こんにちは。天気はいいけど今日はちょっぴり寒いですね。上着を着ているとちょうどいい感じがします。

さて、今月はなまあずショップも仕入れ月間でした。まず、好評のミニ製図板。おかげさまで順調に売れています。軽い!A3版!安い!という良い三拍子と、弱い!マニュアルがない!ちょっと特殊!という悪い三拍子が、マニア受けしているそうです。初回ロッドが売り切れたので、次回は4月出荷になると思います。

なまあずショップで、売上げ数だけでは一番多いのは、こどものかおのスタンプ。低価格で品質が良く、かわいいです!!この春も店長が大量に(無謀な発注)仕入れしました。まだ箱の中みたいですけど(涙)。これからどんどん掲載していきますので、お楽しみに!

マルチリスイレーサーも久々に仕入れました。オークションやら限定販売やらで、久々に大量に出荷しました。先日の限定販売は深夜12時からにもかかわらず、1時間も経たないうちに完売しました。オークションや限定販売が3月末までありますので、ご入り用の方は是非ご購入ください。

駄菓子屋なまあずでは、10円~30円という低価格中心の駄菓子が人気を集めています。半数が10円というお買い得なお店です。周囲に置いているおもちゃも、ほとんど50円で販売しています。竹とんぼのプラスチック板は20円!!で大人気です。さて、春の目玉はプロ野球チップスですね。駄菓子屋なまあずとしては超高額!な90円!!という価格の商品です。現在は高くなりましたね。でもカードが二枚ついているので逆にお得かもしれません。他には、夏用に50円おもちゃを沢山仕入れました。また駄菓子屋なまあずで大人気の手品シリーズも新作を入荷。従来の50円シリーズに加え、100円シリーズも発売!!リクエストが多かったので、かなり充実のラインナップとなっています。これで美好町はマジシャンだらけになること間違いなし!!

それから、パンスターズ彗星やアイソン彗星など世紀の天文ショーがある今年、なまあずショップ・駄菓子屋なまあずでは、双眼鏡を販売します。セレストロン社の高性能の双眼鏡を低価格で販売する予定です。DSC_0333

正月の駄菓子屋なまあずの様子。このときよりかなりパワーアップを果たしています。春休みですので、ぜひお越しください!

ミニチュアお菓子教室(モンブラン)3月20日開催


おはようございます。桜が・・・満開に近くなりました!!春です!春ですよ♪という感じですが、桜まつり前に散り始めそうで密かに心配していますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

昨日は、ミニチュアお菓子教室でした。今回は新機軸で1日四回開催!でした。講師は、当社の小野。アシスタントに尾形というOOコンビです。この2人のコンビもかなりうまくいくようになり安心して見ていられますね。

2-s小野店長 (講師)5-s尾形(アシスタント)

小野は、なまあずに来たときは事務採用でした。それが、なまあずショップの店長になり・・・そしてイベントの講師までやってくれている親しみのある笑顔が特徴の頑張り屋さんです。尾形は、子どもがなまあずショップのミニチュア教室に通っていて、その縁で、なまあず本舗に設計職として採用された元気いっぱいのお母さんです。他のイベントも彼女らを中心に開催しますので、よろしくお願いします。

IMG_0123

モンブランは、モンブランメーカーという本格的な道具を使って絞り出します。粘土は100円ショップの手軽でキレイな軽量粘土を利用しています。ちょっとぼさぼさするのですが、それが良い質感になっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キレイにできました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本物そっくり!

常連の参加者は、だんだんなれてきましたね!うまくなっています。また、ぱど経由で新しいお客様もいらっしゃいました。素敵なおじさまや、期待の女子高生まで、様々な年齢の方に楽しんでいただきました。毎月開催は、正直大変なのですが、皆様の楽しそうに、そして真剣に作っている顔を見ると、やって良かったなと思います。

 

次回は・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハンバーガー教室です。春といったらハンバーガーでしょう??という冗談はさておき、フワフワしたパンを作り、中に粘土でレタスやパティやトマトを作って挟みます!特にパンは本物同様にフワフワ。2液混合で膨らむ様子は、見るだけでも価値がありますよ。お楽しみに!

 

 

店内改装


こんにちは。風が強すぎたり、過ごすには?な日が続いていましたが、今日は良い天気。東京はついに桜の開花宣言がでました。寒暖の差が激しいながらも暖かかったと言うことでしょうか?相変わらず花粉はすごいですが・・・。

さて、なまあずショップでは金曜日と土曜日で、店内改装をしています。いらっしゃったお客様にはご迷惑をおかけしております。ミニチュアお菓子教室などのイベントが続き、たくさんのお客様がいらっしゃるので、店内空間を広くしました。展示している商品数は、おかげさまでかなり売れてしまって少なくなっている時期なので、片付けずにむしろ商品数を増やして皆様をお迎えできると思います。見た目、かなり広くなりました。窮屈感がなくなり・・・良い感じです。店長以下協力して現在月曜日に間に合うようにセッティングを行っております。駄菓子コーナーは好評につきレジ前に拡張いたしました!20日のミニチュアお菓子教室は、新レイアウトで行うことになります。おかげさまでいつもより応募数も多く、楽しい教室が予想されます。ミニチュア教室の準備もぬかりなくおこなっております!お楽しみ!

さて、諸事情により、駄菓子屋は三連休していたのですが、本日は開店しております。これからも不定期に営業することもあるかと思います。ご迷惑をおかけしますが、今後ともよろしくお願いします。

鉄筋コンクリート造の耐震診断はなぜ高い??


おはようございます。昨日からはすごい強風が吹き荒れています@東京。近年強風が吹き荒れることが多いです。特に春。なぜでしょうねえ。台風と違って大雨を伴うことがすくないとはいえ、風速だけでは負けていないような気がします。もう少し天気予報でも注意をしたほうがいいような気がします。怪我人もでていますし・・・。

さて、鉄筋コンクリート造の耐震診断のお問い合わせを良く受けます。しかし成約になるケースは稀です。成約になるケースは、沿道耐震など補助金を得られる場合がほとんどです。理由は高いからです。電話でのお問い合わせで概略金額をお知らせすると、かなりの人が「こんなに高いのですか?」といいます。目安だけで良いから安くして・・・と言う方もいますが、それも難しいのです。

理由は、様々です。木造に比べて鉄筋コンクリートは壁を剥がす!みたいな簡略な調査ができないのも理由の一つです。図面が正確にある場合でも、それを一部確認しなければなりません。コンクリート強度を測る試験、鉄筋を確認するためのはつり。どちらも建築設計事務所ではできず、外注します。これが金額が高くなる一番のポイントです。設計事務所は一見高い報酬をもらっているように見えるのですが、この外注費が思いっきり負担になります。先日、とある診断の見積書をチェックしていましたが、さすがに笑ってしまいます。ほとんどが外注費でしたから・・・。特に小さめの住宅などは、外注費が診断費を上回り、人件費を除いても赤字・・・になることもあります。よってやる人もいませんし、良心的にやろうと思っても、非常に高い金額になってしまいます。

もっとも高い理由は、木造に比べて診断をマスターする時間もかかります。木造は構造計算の知識がなくてもできるかもしれませんが、鉄筋コンクリート造では、構造計算の知識は不可欠です。というのも、鉄筋コンクリート造の耐震診断ソフトは、構造計算ソフトを改造して作っているので、非常に難しいです。また診断手法も構造計算に近いです。ですから高い技術料を受け取らないと割にあいません。そして経費的にも高価な耐震診断ソフトの購入、サポート代金なども重くのしかかってきます。もちろん講習会なども出ないと技術を維持できませんし、書籍の購入も必要です。診断に時間がかかるので、人件費も非常にかかります。そのため安くおさめようと努力しても厳しいのです。

なまあず本舗設計室では、お客様の声をききつつ、図面だけの診断・チェックなどのみなど、柔軟な対応もやってきました。しかし限界もありますし、現地診断に比べて精度が低いのは否定できません。プロとしての仕事をするためには、ある程度の金額がかかることをご理解の上、実施させていただきます。

O様邸耐震リフォーム終了報告


昨日は、世田谷区のO様のお宅に工務店さんとお邪魔しました。先週終了した耐震リフォームの報告です。

何しろ12月末から工事開始したので約2ヶ月の大工事でした。O様の精神的、生活的負担を最小限に、と思い工事工程を組んでいましたが、なにぶん長期の工事。いろいろとご迷惑をおかけしました。

O様の家は、ちょっと古めの木造3階建て。揺れが心配で昨年夏にご相談がありました。図面・計算書と実物が大きく異なる建物でした。現状図を見ても揺れやすいな、と感じました。ただ開口部が多い道路面は、壁を作るのが難しく補強計画は難航しました。最終的にはJ耐震開口フレームを2個使うという荒技で、開口部を減らすことなく、理想的な補強を行うことができました。他にも、キッチンの交換、床暖房、断熱工事を行いました。工務店さんの奮闘もあり、非常によい仕上がりになり、O様もご満足いただけたようです。

木造3階建ての補強は、結構難しいです。ちょっとしたことで揺れが止まる反面、地震に対しての強度がどれくらいあがるか?わかりにくいです。また補強方法も限定されるので、構造計算の技術、リフォームの技術、部材や金物の理解など、木造2階建てとは別次元に難しいのです。構造計算されていて、その通り施工されていればいいのですが、実際は異なる場合も多いので、かなり苦戦します。今回も図面に記載された部材で施工されておらず、解体時にもう一度診断をし直すという一幕もありました。

まずは、無事に終了して良かったです。ちょっと遠目の長期間の工事というのは私も初めてだったので、あらためて近所での仕事ばかりに慣れていたんだな~と感じました。ただノウハウも多く得られた貴重な体験でもありました。この体験を次回以降も活かせればと思います。

東日本大震災から2年


おはようございます。昨日の強風と黄色い空は驚きましたね。自然は常に我々を驚かせます。

さて、今日は3月11日・・・そう東日本大震災が発生した日です。あれから2年が経ちました。速いようで遅いようで・・・・。

復興はなかなか進みません。それどころか、最近はちょっと忘れかけているきらいがあります。ここ数日、東日本大震災がらみのテレビ・新聞を見ると、あらためて時間が止まったままに感じてしまうのは私だけでしょうか?

それでも時間は経っていきます。当時の総理大臣は菅直人。それから野田総理、安倍総理・・・と変わっています。止まっているようでも確実に時間は経っています。政府の取り組み、現地の頑張り以外に、我々にできることはないのでしょうか?もう一度考える時期になってきているのかもしれません。幸い、少し景気は上向き気味。この動きを良い方向に持っていき、日本全体が元気になるように願ってやみません。