H様邸耐震補強


先日、終了したH様の耐震補強の報告をしてきました。H様邸は、木造3階建てで昨年竣工の住宅です。揺れが多いと言うことで、昨年耐震診断を行い1月に工事を行いました。基本的に、耐震補強の報告は、補強工事後すぐではなく、しばらくしてから行っています。これは工事の不具合や、実際の効果など体感できる時間が必要だと思うからです。もちろん、報告書の作成、写真の整理、補強後の評価など、やる作業は意外にたくさんあります。

98_large

玄関部です。柱を新設しました。スパンが長いこと、ビルトインガレージという不安定な架構もあり、振動が多かったのです。柱を追加することによって、振動が激減したそうです。構造計算されている建物でも、振動が多いかどうかはわかりません。簡単そうな工事ですが、実際は結構大変でした。土間は異常に固かったですし、アーチ状の垂れ壁もくせ者でした。リフォーム時には思いがけない障害がでてきます。思った以上に難工事でした。ちなみに垂れ壁内に仕口ダンパーを仕込んでいます。大きさがちょうど良かったので、外にはみ出ないで良かったです。

構造計算がOKならいい!みたいな風潮がありますが、構造計算は安全を確かめるツールであり、数字がすべてではありません。今回の架構も計算的には成り立ちますが、玄関・ビルトインガレージの間に柱も壁もないのは見た目からして不安定です。計算以前にこのような設計は避けるべきだと個人的には感じています。今回は現場の精力的な仕事が目に付きました。この柱の色を調合するのに非常に多くの時間をかけてくれました!細かいところですが、このような部分に真剣になれる職人さんは素敵です♪

 

 

81_large

吹抜け・階段部分から3階の部屋を実質一本の梁で支えていました。これでは3階の揺れは2階へ、2階の揺れは3階へ伝わりやすいし、非常に揺れやすいです。そこで階段手すり左側に柱を増設しました。写真だと後から加えたことがわからないくらいにきれいに仕上がりました。住んで間もない建物ですから、できるだけきれいに!を合い言葉にやりました。

 

80_large

 

新設柱(写真左側)の上部です。この通り階段と吹抜けになっています。見た目にも弱いのですが、構造計算上はOKです。やはり構造計算だけでは駄目なようです。そこで火打ちをいれて水平構面の強度をアップしました。思ったより目立たなかったですが、こうやって写真を撮ると・・・結構大きいですし、安心感がありますね。

なまあず本舗も、木造3階建ての構造計算は多数行ってきました。構造計算という業務は、意匠設計者が作ってきた図面を元に計算をおこなうという、ある意味受動的な作業です。しかしそこで安全性に関しての意見をいうこともできます。逆に数字だけクリアできれば良い!みたいな考え方も生まれてきます。木造住宅の構造設計者は、完成された住宅を見に行くことは稀です。計算だけで精一杯ですし、発注者もそこまであまり求めません。我々は耐震診断を行っているからこそ、気がつくこともありますし、現場にいることによって得ることは非常に大きいです。耐震補強やリフォームで得た知識は、新築で活かすことができます。そいういう点では恵まれているなと改めて感じます。

おかげさまで揺れがかなり減ったと満足していただけたようです。引っ越したばかりの新居を工事しなければならなかったH様の心境を思うと心が痛みましたが、無事終えてほっとしています。いろいろ勉強になった現場でした。この経験を次に活かしていきたいと思います。

 

リフォーム近況(2013年2月19日)


昨年末から続いていた、リフォームも一段落。O様邸は、耐震工事に続き、キッチンや床暖房、仕上げまで終わり、あとは外装と追加工事のみとなりました。K様邸も耐震工事が終わり、内装もほぼ完了。あとは外装だけとなりました。これだけ規模の大きなリフォームを平行で行ったことは前例がなく、H様邸新築工事やH様邸耐震補強工事とも平行していたため、かなりバタバタしていましたが、ようやく落ち着きました。おかげさまで良い工事が進んでいます。

府中市を中心に仕事をする、という方針はかわりがありませんが、新会社になってから、埼玉県の武蔵野線沿線と世田谷区方面に力を入れています。現在世田谷区付近では2件の耐震リフォームの計画が進んでいます。府中以外の交通事情に疎かったのですが、だいぶわかるようになりました。積極的に仕事をしていく!というスタンスではありませんが、施工業者との関係上、そのサービスエリア内での新築・リフォームの仕事は受けていこうと思っております。

備えあれば憂い無し?


おはようごうざいます!寒い日が続きますね。風邪でも引いて寒いのかな~と思っていましたが、実際寒いそうです(涙)。私はいたって健康です。皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、ロシアで隕石?が落下したようです。NASAの解釈では17mもの大きさの隕石が落下した結果だそうです。1200人ほど怪我人がでた、とか広島型原爆の300倍のエネルギーだとか、さまざまな情報が入ってきていますが、正直よくわかりません。

地 震などで、よく学者さんなどが「きちんとした備えを」といいますが、この隕石に関しては難しいようです。超スピードで突入してくるし、事前での発見はほぼ 不可能らしいですから。可能な大きさ(つまり巨大)な場合、ミサイルなどでも破壊は不可能らしいので事前発見も無駄になりそうです。それにしてもたくさん の宇宙からの隕石が毎年降り注いでいるみたいですが、大気圏のおかげで地上に到達する前に燃え尽きるものが大半らしいです。今回は大きさが大きいためこの ような事態になったものの、地上に直撃しなかったので、それでも影響は小さいそうです。1908年のツングースカ大爆発は、半径30キロメートルにわたっ て森林が炎上し、1000キロ離れた家の窓ガラスも割れたというわけですから、今回よりもかなり規模が大きかったようです。死者がでなかったのは、人が住 んでいない地方だったからのようです。もし東京のような都市に落下した場合、いずれの場合も大被害だったでしょう。

備 えあれば憂い無し!はやはり言い過ぎなのかもしれません。ただ最低限の備えをしておき、人生で生きている間に発生しうるであろう事象に備えることは重要で す。可能性が高いものから備えることは重要です。その点から考えると、ゲリラ豪雨対策は必須と考えます。もちろん地震対策も。沿岸部であれば津波対策も重 要でしょう。地域によって可能性は上下しますので、その土地にあった対策が必要です。府中の場合、洪水は可能性があるにしても津波はかなり確率は低いわけ です。津波をゼロといわないのは、東京湾に小惑星でも落ちてきたら可能性はゼロではない!と言う意味で、ほとんど議論する必要のない確率でしょう。

備えあれば憂い無し!は言い過ぎにしても、備えがなければ不安ですし、周囲に迷惑をかけることになります。これだけ騒がれても地震に対する対策をしない人が多いのに驚きます。無駄だ!と考えずに、少しずつ、できるところから対策をしていきたいものです。

立川断層について


おはようございます。今日も雪がぱらつくかもしれません。今年は雪が多いですね。天候もめまぐるしく変わります。体調にはくれぐれもご注意してくださいませ。

さて、2月8日と9日に、立川断層帯トレンチ調査の一般公開がありました。私は残念ながら行くことはできませんでした。昨年末から実施されている調査では、立川断層の新たな側面が見えてきました。

今回の調査は、自動車工場跡地を使った大規模なトレンチ調査。長さ250m、幅20m、深さ10mと大規模な溝を掘って活断層の調査を行うという非常に興味深いものでした。

立川断層は、従来、逆断層型の地震が発生するタイプだと思われていました。これは従来の調査でそのような、ずれが確認されていたからです。しかし今回の調査で見つかったずれは、垂直であり、断層が横にずれたときに見られる痕跡なのです。つまり、立川断層は縦に動くだけで無く、横にも動く可能性がでてきたということです。

今後の研究成果を待たなければわかりませんが、従来の地震のシミュレーションが変わってしまう可能性があります。それにより想定地震動も変更があるかもしれません。

ただし、府中市も含む立川断層帯に近接する地域は、もし立川断層が動き地震が発生した場合、普通に考えても震度6以上が予想され、大地震になることは間違いありません。それが横であろうが縦であろうが被害がでることには変わりがありません。報道により一喜一憂するのはやめにしたほうが良さそうです。そもそも立川断層以外の未発見の断層が動く可能性だってあるわけですから。必要以上に騒ぎ立てる必要はないと思います。

本舗のホームページのアクセスも、キーワード別で立川断層が首位になりました。それだけ注目度が高いということですので、今回ちょっとだけ私見を述べさせて頂きました。詳しくは下記ホームページにて。

府中市の立川断層(なまあず本舗設計室)

 

ミニチュアお菓子教室(チョコスティック2月2日)


おはようございます。府中は天気が良いですけど、東京でも雨が降っているところがあるそうです。府中も降るかもしれません。

さて、一昨日の2月2日(土)は、ミニチュアお菓子教室。チョコスティックを開催いたしました。

IMG_0046s

今回は、新しい試みとして、予約無しで、自由に来て自由に作って帰れる方式をとりました。そのため難易度をちょっと下げて、ペイントと仕上げに集中できるように準備してみました。このあたりの調整は、なまあずショップ内で試作を繰り返して、どのような方法がいいか?検討を重ねて決めています。

午前中6名、午後4名の参加があり、大盛況でした。常連さんには、ちょっと簡単だったかな??と感じましたし、実際「簡単!」という意見も頂きました。

IMG_0020s

続々と力作が完成!一人3個まで!という制約のなか、かわいいチョコスティックはどんどんできあがっていきます!みんな良い顔している♪今回も大成功のなか無事終了することができました。ありがとうございます。

終了後、反省会を兼ねて、次回作の試作を行いました。次回は3月20日です。今年は月1開催を目指しています♪次回作の試作品はこちら!

IMG_0064 (Custom)

ミニモンブランです♪お皿はミニチュアでよく使われる直径4センチの本格的なデコパーツのお皿です。軽量粘土とシリコンと、樹脂粘土を使い分けて小さいながらも本格的なものとなっています。ミニモンブラン教室は予約制となっています。詳細が決まり次第、報告いたします。

ミニチュアお菓子教室(チョコスティック:バレンタイン特集)


おはようございます。今日は春になったような暖かさですね。冬にコートを着ないで出勤した記憶はありませんが、今日は軽装です。

今年初めてのミニチュアお菓子教室は、チョコスティック。なまあずショップオリジナルメニューです。今年は次々に新しい試みをしています。教室も2月から毎月1回実施になりました。昨年までは隔月でしたからね。その分準備も大変ですが、楽しさもあります。店長の小野を中心に頑張って企画していますので、機会があれば是非ご参加ください。

ミニチュアお菓子教室は、ショップに出入りしていたお客様が、フェイクスイーツを教えられる!ということで、2009年8月に開始いたしました。当初のコンセプトは、子どもにも、いい材料でリアルなお菓子のミニチュアを!ということで、材料にも凝りました。なかなか高価で、こちらもびっくりしましたが(笑)。またなかなかお目にかからないものにも挑戦。クリスマスは特に豪華で、ブッシュドノエルやクロカンブッシュなど頑張って作りました。

近年は独自開催が増え、講師も店長の小野と、リフォーム部門の尾形の、名コンビ?が担当することが増えました。

さて、今日一組目の作品はこれ

DSC_0764s

午前中は6名ご来場です。久々の参加の子や、毎回来てくれる子、いろいろですね。ただ子どもはどんどん成長していくので、毎回驚かされます。

そんなわけで午後も13時半から15時半まで開催しています。力作期待できます!

意匠と構造設計の打合せ


こんにちは。なんだか良い天気の予感でウキウキします。

今朝、設計部長Yと、現在進めている木造3階建ての構造面について打合せをしました。なまあず本舗設計室では、構造設計と意匠設計の担当が両方ともいる恵まれた環境です。住宅などの設計は、意匠担当である設計部長主導で行っています。構造設計も並行して検討・設計しますが、最終的に設計部長が確認して、整合性や納まりなどを確認します。この作業を社内で出来ることは非常にスピーディーで良い設計がしやすい環境といえます。通常は、プランの打合せをした後に、ある程度固まったら構造設計事務所に依頼という形が多いのですが、平行しているので修正などが非常に容易です。

木造2階建ての場合、構造計算が必要ないのでは?と感じられる方も多いと思いますが、やったほうがいいに決まっていますし、きちんとした構造計画をできる建築士が設計したほうが安全な設計になるのはいうまでもありません。

現在の案件は、大きな木造3階建てなので、部長も構造担当も苦労しています。大きくなるとチェックする項目も多くなりますし。社内でお互いチェックしながら、住みやすさはもちろん、構造的にも安心できる住宅を設計していきます。