二種類の耐震補強の耐力壁


おはようございます。テレビをつければ選挙報道ばかり。しかし政党名は覚えられないくらい乱立し、まとまっていく・・・告示後にもう一度整理しなおす必要がありそうでわかりにくいですね。特に東京はダブル選挙ですから・・・・。

さて、選挙はともかく、我々も現場で頑張っています。I様邸の和室の耐力壁の施工が終わりました。

和室をクロス施工するため、耐力壁はかべ大将の真壁仕様としました。かべ大将はワンパッケージに壁材から金物まで含まれていて便利なのですが、意外に施工しにくいのが欠点です。特に真壁仕様はかなりの難易度です。和室の納まりは昔の施工はバラバラですからね・・・。金物が止まらなかったり・・・なんてことも。だからこそ、補強設計者は、様々な事態に精通し、正しく力が伝達できるような施工方法を熟知しておかなければなりません。ただつけるだけでは効果がないのです。そのために施工者と設計者は別々なほうがいいですね。なまあず本舗も施工をやったら?といわれるのですが、頑なに設計事務所としての立場を貫いているのは、そのメリットが高いからです。工事によっては割高になるのは否めません。しかしそれだけの信頼にお答えして、良い設計監理ができればと思っています。

さて、もう一つの耐力壁は、タイガーグラスロック耐力壁です。ちょっと特殊な壁で知名度は低いのですが、高強度な壁です。施工方法が柔軟で、床勝ち、床・天井勝ちなど細かく設定できます。かべ大将と異なり板だけでの納品で、その他の材料は自分で揃えなければなりません。ただかべ大将でも、付属の金物が使えないケースも多いので、このほうが便利!ということもあります。施工場所などによって使い分けています。場数を踏まないとなかなかわからないことなのですが・・・。

設計事務所に設計を依頼する意味


おはようございます。昨晩は寒かったですね@府中。お通夜に行ったのですがかなり着込んでいきました。打って変わって今朝は良い天気です。

設計事務所をやっているというと「設計料高いんでしょう?」と聞かれるのはいつものこと。ここで普通の設計者なら、「そうでもないんですよ」とか「実際は・・・」とか答えます。

しかし、家を建てるときの金額は、総額で考えるべきで、また個人の価値観でも変わってきます。その総額も設計事務所が高いと感じる人が多いのも事実です。世間的な目安の設計監理料は、工事費の10%程度といわれています。2000万円の建物だったら200万円というわけです。200万円あれば、上級のキッチンを導入できるし、仕上げも豪華にできますね。そこを除けたら・・・と思うのは自然な話ですし私もそう思います(思うなって・・・)。

私は、家を建てよう♪と思うときに、自分の好きな建物を建ててはいけない!と思っています。人間の好みはコロコロ変わっていきます。なので好き嫌いで家を建てるのは失敗の元です。そもそも賃貸でもいいかもしれませんし、マンションでもいいかもしれません。建売がいいかもしれません。さまざまな選択肢があると思うのです。だから設計事務所に頼むというのも一つの選択肢であって、それが一番良い!なんて私も思っていません(自信過剰な建築家ならそうおもうかもしれませんが~)。

ただ、その根本時点から相談できるところは、日本では皆無です。不動産さんが、比較的その役を担っていますが、彼らは不動産の専門家であって、住生活や住宅の専門家ではありません。そのため人にもよりますが、若干荷が重いと思います。銀行も同様です。お金の専門家で、ローンなど住宅に関わる重要な部分を担っていますが・・・住生活や住宅の専門家ではありません。ついでにいうなら、ハウスメーカーや建築設計事務所だって、住宅や建物の専門家かもしれませんが、住生活の専門家ではない場合がほとんどだし、専門分野の細分化によって総合的に相談できる人が減ってきているのも問題です。

なまあず本舗設計室は、そういうことを相談できる設計事務所を目指しています。もちろん我々にお任せ頂ければ嬉しいのですが、相談のうえ、お客様が目指すべき方向が見つかり他の選択肢を選んで良かったと感じて頂ければ、それも嬉しいことです。

そこで、我々に依頼する意味を考えてみたら・・・比較的自由な設計(メーカーなどは結構制約があります)、構造に自信(構造設計の事務所だから当たり前)、多くの良好な地元の施工店を持っている(長年府中でやってきていますから。他の地域は・・・)、などなどです。というわけであまりアピールしません(笑)。いくらいいと言われる建築家でも相性はあります。結婚と同じで家造りも相性で決まってくると思います。もちろん技術者の側面もあるわけで、技術的に確かでないところは論外です。まずは、なまあず本舗設計室を見つけてくださった方に、我々を良く知って頂き、いいな!と思われる事務所を目指していきたいと思っています。

つまり意味などと難しく考えないで、皆さんの人生設計にあった方向が設計事務所でえられるのであれば、設計事務所に相談してみましょう。あまり堅苦しく考えることはありません。設計事務所が敷居が高いというのは間違いです。ホームページなどでも設計者は探せますから。ただ出来ればその土地に根ざした設計者を選んだ方がいいと思います。地盤や気候、地域特性など熟知して設計してくれると思います。

 

駄菓子屋なまあず


おはようございます。11月も最終週。皆様いかがお過ごしですか?もうクリスマスの飾り付けや年末の準備・・・と気が早いような気がしますが、町はそんな感じですね。

さて、12月1日に、耐震館・アトリエなまあず跡地に、駄菓子屋(美好町店)をオープンします。府中市美好町で4中の北側に位置する住宅街です。私の両親が担当します。宮西町のなまあずショップを補完する意味もありますが、ゆる~く運営していくそうです。先週駄菓子類は仕入れました。今週、安価なおもちゃ類が到着する予定です。

美好町店は、安価なものと、Ji-jiブランドのみ扱います。駄菓子は10円~30円のものを沢山揃えています。おもちゃ類は、50円、100円のものを揃えました。飲料は揃えていませんが、目の前に安価な自動販売機を設置しています。100円玉で楽しめる店を目指して頑張りますので、応援よろしくお願いします。

最近の現場


こんにちは。毎日少しずつ寒くなっています。防寒具は大丈夫でしょうか?風邪を引いている人が増えています。皆様も十分に気をつけてください。

11月ももう後半。クリスマスイルミネーションが目立つようになりましたね。最近、都内にでることが多くなりましたが、都内は華やかです。しかし見た目だけ・・・なのかもしれません。そんなことを感じるように空きビルは増えていますし、清掃が行き届いていない裏通りが増えているように感じます。私が大学の頃は新宿によく行ったのですが、そのころとかなり印象が違います。

さて、なまあず本舗といえば、最近もリフォーム工事・耐震工事の監理のお仕事で飛び回っています。さきほど国立のI様のリフォーム現場に行ってきました。順調に進んでいます。同じ部材を使っても施工の仕方が微妙に違うのがおもしろいところ。設計事務所には、このような差異が蓄積されていきます。そしてよりよい方法を考える材料となります。任せっきりの設計事務所も多いのですが、なまあず本舗は時間が許す限り現場に行くように指導していますし、私もそうです。常に行っていることによって気がつくことも多いのです。

もうすぐ年末。できるかぎり速く片付けて、お客様によい年末を迎えてほしいものです。

 

省エネの目指す方向


おはようございます。今日から更に寒くなるみたいですね。冬用のコートを持ってきました。それでも今晩は寒いだろうな~。

さて、東日本大震災以降、更に省エネを目指す方向にきています。その方向性には異論はないのですが、最近かかってくる営業さんのトークに??と感じてしまうのは私だけでしょうか?

高額の太陽光発電システムの営業がよく来ます。助成金がでたり、売電ができることで利益がでますよ!的な営業が多いです。でも待ってください。それって省エネやエコとは関係ないです。

確かにエコなだけで高いものは売れません。これは、過去の経験からも確実にわかります。エコは個人にとって、それほどメリットがあるものではないからです。そこでメリット(太陽光にとっては助成金等)があれば・・・ということなのです。

本来なら自主的にやるようにならなければ意味が薄いような気がします。何でも国などに頼ろうという姿勢が、後々悪影響を及ぼします。現在、テレビが売れないで大変な家電メーカーも、良く考えたら地上デジタル化やエコポイントなどの施策の反動ともいえなくもありません。また電力会社を批判している人が、電力会社に電気を買い取ってもらっているという不思議な構図も見られます。

意識の問題で、きっかけは、国の施策などでいいのかもしれませんが、最近気になります。それは原発の反対運動でも同じです。もちろん原発は長期的にはあってはならないものですが、その間化石燃料で、CO2が大量に排出されていいのか?は別問題です。それを防ぐためには、確かに太陽光発電は、一つの解かもしれません。一つ一つの発電量は微量かもしれませんが、たくさん普及したら・・・ということなのでしょう。それ自体は間違っていないと思います。ただそれだけで解決できるほど甘い問題ではなく、長期的ビジョンにたった政策が必要なのだと思います。

我々は、とりあえず目の前にある状況を理解し、自分ができることから始める必要があります。無駄な電気を使っていないか?間接的に無駄なことをしていないか?たとえばゴミが減れば・・・とかいろいろあります。もちろん人間は、食べて働いて・・・とそれだけの動物ではありません。楽しむことも必要です。若干の無駄だって必要です。しかし意味のない本当の無駄からまずは排除していきましょう。太陽光パネルを載せたから電気は安心!といって無駄遣いすることはエコではないと思います。

設計者もそろそろ住宅の設計自体で省エネができるということを、知り、研究する必要性があると思います。スマートハウスだけがエコではありません。一般の住宅も設計面で省エネにすることは十分可能です。同じ断熱材を使っても設計で熱効率はかなり違ってきます。そのような腕を見せる良い時期だと思います。なまあず本舗設計室も近年になって(正直、遅いと思います)省エネ設計に関しての研究と一般住宅への応用を開始いたしました。その成果も後日ご報告できれば、と思います。

旧耐震基準の建物は減ってきている?


おはようございます。昨日からの雨が今日も続いて肌寒いです。もうすぐ止みそうなのですが。

さて、ありがたいことに今週も耐震・リフォームの契約が続きます。明日、M様の耐震診断、I様の耐震補強の契約、木曜日にN様の耐震リフォームの契約です。年内に終わらせるためにはギリギリのラインですが、頑張って終わらせられれば、と思います。

今年は耐震がブームでした。ブームということは、終わりがあるわけで、市の耐震診断の受付も下火になってきているようです。本当はブームで終わってはいけないのですが、事情もあります。昭和56年以降という現在の耐震診断の補助金の基準は、ある意味適確だったと思います。新耐震基準の建物は、それ以前より強いわけですから。もちろんそんなにきっちり分かれているわけではありませんが、どこかで線を引かねばこの手の作業は進みません。しかし新耐震も30年以上前の建物が出てきた今、だんだん旧耐震の建物も減ってきているのも事実です。今度は阪神大震災前とか(金物推奨基準ができた頃)、告示1460号(金物の告示)ができた頃とか、またどこか新しい線引きが必要な気がします。もちろん旧耐震基準の建物の耐震化は終わっていないわけで、今後も継続して耐震化を目指していきたいです。

 

イルミネーション開始


おはようございます。アメリカの大統領選挙も終わりますね。日本にはない独特な盛り上がりは、うらやましい反面、あそこまでやるの!という文化の差もびっくりしますね。アメリカも苦境の時。頑張って良い方向に向かって欲しいものです。

さて、なまあず本舗も時代の流れに合わせて変化していこうと思っています。設計事務所を取り巻く環境は劇的に変化を続けています。昨年までの常識が今年通用しなかったりします。また経営面も税制も含め大きな変化が予測されます。消費税だけでも大きいのに。

さて、その第一の変化。11月6日より、店頭で駄菓子販売を始めました。仕入れ先もしっかり確保しました。まずは店頭の小さなスペースで販売を開始いたしました。12月に正式に開始します。美好町店のほうでも駄菓子屋を開始します(実はこちらが主力です)。小さな店が減ってきたことによる弊害がでてきています。そのことから、なまあずショップを開店したわけですが、雑貨屋よりも更に気軽な駄菓子を扱うことによって、地域活性化の一役を担えればと思っております。

そして、11月から、なまあずショップ内部をリニューアルしました。ちょっとゴチャゴチャしていましたからね。入りやすく工夫しました。商品も見やすくなりましたので、ぜひお越しくださいませ。新商品も入荷しています。

またイルミネーションも開始いたしました。まずは流れ星です。

クリスマスシーズンには更にイルミネーションを増やす予定です。花壇も実は派手になっています(笑)。お楽しみに!