いろんな種類の耐震診断


おはようございます。なんだか天気が不安定な日が続きますね。今日も雨が降るそうですが天気予報は当たるのでしょうか??

さて、なまあず本舗設計室では、いろいろな種類の耐震診断を実施しています。メインは、木造2階建ての耐震診断です。半数以上は木造2階建てですね。しかし構造設計ができる建築士事務所なので、様々な依頼があるのも事実です。

まずは、鉄骨造の耐震診断。アスベストなどの問題もあっていろいろ難しいのですが行います。費用対効果が一番悪い診断なので、見積もりを出しても成約しにくいというデメリットがあります。鉄骨造は耐久性も高いし軽量でスパンを飛ばせるので、古くから多数の建物に使われてきました。近年は、施工性・設計性が飛躍的にアップした鉄筋コンクリート造に新築では押されていますが。

鉄筋コンクリート造の耐震診断も増えています。主に小型の雑居ビルと個人住宅を行っています。最近の沿道耐震も、鉄筋コンクリート造が多いです。

鉄骨鉄筋コンクリート造の耐震診断も行っています。古めの高層マンションでは多いです。非常に頑丈な構造でしられていますが、東日本大震災の仙台地区では被災して亀裂が入ったものを多く見られたそうですので、必ずしも絶対安心!というものではないようです。

最近増えてきたのは、木造でもツーバイフォーや木造3階建てです。こちらは診断を行う業者が少ないというのもあるのですが、比較的新しく需要も少なかったということもあるのでしょう。なまあず本舗設計室では、幅広い耐震診断に対応できます。是非ご相談ください。