耐震基準適合証明書


なまあず本舗は建築士事務所です。耐震診断後の耐震基準適合証明書の発行もできます。

では、適合証明書をもらうと、どのようなメリットがあるのでしょうか??残念ながら住み続ける場合のメリットは、ほとんどないので、取得はお勧めしません。というのも、不動産売買の時に、買い主に利点のある制度だからです。この意味がわかりにくいのですが、つまり売り主にはメリットはない→買い主にはメリットがある→買いやすい→売り主にもメリットがある・・・という図式が成り立ちます。本当にわかりにくいです。買ってから調べて・・・は駄目みたいです。

さて、メリットなんですが、まず住宅ローン控除が使えます。築浅の場合は、不要の場合もありますが、古い場合はメリットが大きいですね。他にも登録免許税が安くなったり、不動産取得税が安くなったりします。固定資産税も安くなりますね。税金以外では、地震保険料が減額されるのも大きいです。

ただし、古い建物は耐震性がないものが多いです。耐震性があれば、耐震診断→証明書の発行で済むので廉価ですが、実際は耐震性が不足するため、耐震補強をしなければなりません。そうなった場合の価格は???ということもありますので、いきなり適合証明書を取ろうと診断を行うことはお勧めしません。ある程度技術のある診断者なら図面を見ればある程度予測できるので、まずは相談ください。