府中市の耐震講習会


こんにちは。今日も暑いですね!そろそろ熱中症も注意しなければなりませんね。皆様いかがお過ごしでしょうか?

昨日は、府中市の耐震講習会。助成金を受けて耐震補強工事を行う施工業者さんは、必須の講習です。つまりこれを受けないと1年間助成金を使った工事を受注できないことになります。

私は、毎回裏方として参加(近年は話すことも多かった)しました。準備や業者の手配、当日の進行の補助などを行いました。まあ早い話「雑用」です。

今年も10時に耐震金物等業者・府中部会による相談会を開始。今回協力してくださったのは、株式会社アンデン東京様、株式会社住宅構造研究所様、日本パワーファスニング株式会社様、株式会社構造システム様、福井コンピュータ株式会社様、アムハード小西株式会社様の6社。毎度人使いの荒い担当(←私)を、手伝ってくれました。感謝です!

午後は、建築士、施工会社、不動産業者さんなどの講習会。約70名の参加です。例年の倍ですね。今年から毎年受講を義務づけられたためもありますが、近年の地震で注目が集まっているのも事実です。

初めは、府中市の担当の方から助成金についての説明。それからリフォームの確認申請手続きについても説明がありました。ルールに則り耐震診断・補強もリフォームも行わないといけない時代ですからね。そのあと一般社団法人東京都建築士事務所協会の耐震診断・補強工事の講義です。いつもに増してきちんと準備してくださった諸先生方に感謝!です。それから今年は珍しく時間通りに進行し助かりました。いつも時間調整に頭を痛めていましたので・・・。

休憩後は、耐震金物の施工の仕方。今回はアムハード小西株式会社のK氏に講義を依頼しました。旧知の仲とはいえ快く引き受けてくださったことに感謝いたします。用意してくださった資料も実用的で非常に評判が良かったです。

その後、相談会に参加してくださった業者さんたちのアピールタイム。適当なセッティングだったにもかかわらず、そつなくやってくださって感謝です。短時間だったため、飽きてしまう人も少なかったように思えます。

最後に、修了証を配布して(なぜかこれも毎年手伝っている)終了です。無事に終わって良かったです。