耐震診断について


こんにちは!寒いですけど、府中は日が当たる場所にでると暖かさを感じます。南側の窓際で仕事をしているのですが、なんとなく暖かく感じます。太陽はすごいですね。

さて、土曜日に山梨県のほうで連続して少し大きな地震が発生しました。土日の報道番組は地震関連の特集が多く組まれました。そのため耐震診断のお問い合わせが増えています。

耐震診断は、大地震に対してその建物が安全か?を見るための診断です。人間の健康診断のようなものです。よって健康診断では病気を発見することができますが治すことはできません。治療をしてはじめて治すことができます。耐震診断も同様です。診断では地震に対して大丈夫か?を評点という形でお知らせすることができます。しかしそれだけでは建物は強くなりません。

耐震診断を行って補強を行う人は、意外に少ないものです。やはり費用の面により諦める方が多いようです。しかし補強のグレードは、いろいろありますし弱点の補強や補修だけでも効果が望める場合もあります。少なくとも何もしないよりは、はるかにいいのです。もちろん補強設計を行い完璧にまで補強を行った方がいいに決まっていますが。

耐震診断の精度の善し悪しは、そのまま補強金額と補強箇所に響いてきます。診断が良ければ、的確に弱点を補強する補強案を作成することができます。診断が適当だと、補強方法も適当にならざるを得ず、補強箇所も増え価格も増えてしまいます。本当にプロの診断者なら、お金をそれなりに頂きますが、無駄な工事は進めません。診断者にもメリットはありませんから。

そんなわけで、無料の診断ではなく有料で精度の高い診断をお勧めします。長期的に見れば絶対そのほうがお得です。目先の金額にとらわれずにいきたいものです。安物買いの銭失いは避けたいですね。

なまあず本舗の耐震診断は、府中市内では15万円で承っております。図面がない場合は作成料が別途3万円かかります。ちょっと高いですが、木造の構造設計者が行う耐震診断は精度が高いうえ、補強設計も得意としております。是非ご相談ください。

メールマガジン「住まいのなまあず通信」


こんばんは。週初めからパソコンのトラブル対応で参っていますが皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、あの伝説の?メールマガジン「なまあず通信」が「住まいのなまあず通信」としてパワーアップして帰ってきます!発行はもちろんまぐまぐです。新マガジンとして発行申請を本日行いました。住生活に便利で役に立つ情報を発信してまいります。重点項目として省エネと健康住宅が新たに加わりました。耐震、バリアフリー、シックハウス、リフォーム、悪質リフォーム、防犯など住生活に欠かせない話題を集めています。毎週木曜日発行予定。もちろん購読は無料です。2月中旬配信開始予定です。

登録などは、申請がおりたあと、改めてお知らせいたします。

書斎な生活


こんにちは。今日も良い天気ですね。日曜日なのでどこか出かけたくなります。

さて、新ホームページが着々とできあがってきました。正式発表前に公開しているページも手を加えています。なまあずソリューションのホームページでは、過去の雑多な情報を「書斎な生活」という題名で公開を開始しました。一番手はマルチリスイレーサーです。伝説の砂消しといわれ、今では市場から完全に消えた旧型から最新のゴールドタイプまで紹介しています。この手のマニアックな記事はたくさん書きましたが、いろんなところに散逸していてネットを汚していましたね。その反省から、書斎な生活に集めました。書斎な生活とは、私が大学生のときに初めて作ったホームページの名前です。今回名前もふさわしいと思い、復活させました。なまあずソリューションのホームページの右側にメニューがずらりと出ます。まだ移植作業は始まったばかりですが、そのうちここからほとんどの記事にアクセスできるようになります。長文が多く読みにくい記事ばかりですが、ここにしかない情報も多くあります。是非宝探しの気分で読んでみてください。

なまあずソリューション

山梨県東部で震度5弱


おはようございます。今朝も冷えますね・・・と思っていたら地震!しかも結構大きい!続けて3回!府中市でも震度3はあったようです。眠さが吹っ飛びましたね。ちょうどテレビ朝日は河口湖の生中継をしていました。感覚としては河口湖が先に揺れ、府中が揺れる、テレビ朝日が揺れる・・・みたいな時間差を感じました。しかもテレビ朝日はあまり揺れていない感じがしました。距離と震度の問題のようです。一時的に東海道新幹線も止まったようですが他に大きな影響はなさそうです。

それにしても位置が位置だけに「富士山!」というイメージがつきまといます。私も不安がよぎりましたが今のところ大丈夫なようです。しかし放送中の富士山はきれいでしたね・・・こんなにきれいなものが噴火などするわけですから怖いですね。

さて、住宅の揺れ具合と耐震性は関係があります。地震によってよく揺れるな!と感じの方は耐震診断をしてみてはいかがでしょうか?揺れだけでは建物が地震に強いかどうかはわかりません。このところ地震が多いので建物自体の仕口が甘くなっていたりして強度が落ちているかもしれません。東日本大震災からもうすぐ一年ですが、その間の地震の数は例年を大幅に上回っていますから建物にダメージが蓄積しているかもしれません。

なまあず本舗でも耐震診断を受け付けております。構造設計事務所を母体としているため非常に信頼の高い耐震診断を実施しております。また耐震に関する相談も受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせください。

ホームページの更新情報


こんにちは。

このブログの正式運用は来週からですが、ホームページの更新履歴はこのブログで運用することになりました。カテゴリーの更新履歴に書き込みます。検索もしやすいし管理もしやすいというメリットがありますのでこの方法でいこうと思います。

このブログで更新履歴を書くのは、なまあず、なまあず本舗、なまあず本舗設計室、なまあずソリューション、構造トレインNZX、なまあずショップです。

住生活安心サイト「なまあず」のリニューアル


おはようございます。今朝も寒いですね。私は寒がりなのですが、さすがにこれだけ続くと慣れてきます。でももっと寒くなったら・・・嫌だな・・・。

さて、先日よりホームページのリニューアル作業を続けていますが、なまあず本舗の一番古いホームページである住生活安心サイト「なまあず」もリニューアルを2月1日に迎えます。

雑多な内容になってしまったのですが、このたびのリニューアルで、住生活に特化した情報提供サイトとして生まれ変わります。画面構成もシンプルになり、メニューも「地震、耐震、防災」「省エネ」「防犯」「住宅メンテナンス」「たてもの」の5つになりました。従来の他のメニューは、廃止、もしくはなまあずソリューションのホームページなどに移管を考えています。メールマガジンの発行も予定しています。建築の立場から住生活の情報を発信していく、なまあずを今後ともよろしくお願いします。

なまあずショップの紹介


こんにちは。府中市は暖かい日差しに恵まれのどかな感じですが皆様いかがお過ごしでしょうか?

なまあず本舗のショップ部門となる「なまあずショップ」は旧甲州街道沿いにあります。

なまあずショップ なまあず本舗

府中市役所前の交差点(高札場跡)から旧甲州街道を西(分倍河原・八王子方面)へ100メートルほどいったところにあります。画面中央より右側にある茶色の3階建ての建物です。

店頭はミニ庭園となっています。季節によって演出を変えています。2011年春にミニ庭園は完成しました。当店の手作りです。この庭園が目印です。看板は立てていません。正面からお入りください。

 

店舗前のウィンドウも目玉です。季節によっていろいろなものを飾っています。南向きなので夜でないと目立ちません(涙)。夜は照明をつけているので目立ちます。

入るとこんな感じです。正面がボックスショップとインテリア雑貨。左に見えるのが装飾用の棚です。右手にカウンターがあります。ちなみに設計室とソリューションは右手のカウンターの奥にあります。

カウンター前は、スタンプ売り場になっています。かわいいスタンプを大量に展示しています。現在当店人気ナンバーワンです。

デコパーツ なまあずショップ

こちらも人気のデコパーツ。種類毎に引き出しに整理されています。見るだけでも楽しいです。府中では珍しい品揃えです。

ボックスショップ なまあずショップ

ボックスショップです。月500円からと手頃な価格で出店できます。まだ空きがありますので、是非ご利用ください。1ヶ月からご利用できます。

入り口がちょっとわかりにくいとの評判ですので、春までに工夫する予定です。お気軽にお入りくださいませ。

なまあずショップ

東京都府中市宮西町4-7-1(旧甲州街道沿い)

 

 

 

木造住宅の新製品の予告


なまあず本舗設立にあたり、新製品や新サービスを発表予定です。今日は設計室より木造戸建て住宅・構造設計の新商品の概要をちょっとだけ。

なまあず本舗は、構造計算に強いことを活かし一戸建て住宅でも構造計算を実施することが増えています。しかし構造計算をしただけでは強度は変わりません(あくまで強度がどの程度か?がわかるだけです)。実際の構造設計では、更に一歩踏入って設計します。しかしわかりにくいのが現状です。

そこで、構造計算・構造設計を行い、その建物の通常の構造設計では補えない弱点を補強し制震機能をつけ、設計から竣工まで監理する新商品を開発しました。発表は3月になると思います。特徴として、地震に対して安心感というのはもちろん、高いデザイン性と設計・施工の自由度にあります。たとえばデザインだけ他の事務所!とか施工は知っている工務店!というのも可能です。長い期間を経てたくさんの工務店さんやデザイン事務所さんと仕事をしてきたノウハウを活かし実現しました。実際言うのは簡単なのですが、なかなか難しいことなのです。また、当設計室のオリジナルで構造設計の観点からデザインされた耐震性の優れた設計も可能です。もちろん監理の関係で府中市を中心とした近所のみのサービスとなる予定です。

まだ先になると思います。正式発表はまだ先になります。決まり次第発表いたします。

住宅設計の打合せ


こんにちは。まだこのブログは本運用ではありませんが、もう読み始めている方もいらっしゃいますし、検索エンジンにも引っかかっているみたいなので(でないと読みませんよね?)、きちんとブログを書くようにします。2月1日に改めてご挨拶いたしますが、よろしくお願いします。

さて、本日は住宅の新築の打合せで施主様のお宅に行ってきました。2回目の打合せです。前回、ある程度の希望とラフスケッチをいただいたので、それを元に3案を作成しました。事前に平面図はお渡ししておき、今日は立面図とパースを書いてお持ちしました。事前に図面を見て頂いたおかげで、非常にスムーズに打合せができて良かったです。特にパースのデザインは気に入って貰えました。今回パース初担当だったOもホッとしていました。若い夫婦なのでこれから長い時間この家で生活することになると思います。しっかりと設計して良い住まいにしていきたいと思います。来週には、今日打ち合わせた内容を修正して、更に煮詰めた図面を持って行く予定です。

なまあずソリューション(旧なまあず)


2003年より、なまあず(現なまあず本舗と区別するため旧なまあずと表記)を開始しました。なまあず本舗は、設計事務所とショップと旧なまあずの合併で4月に正式に発足します。その旧なまあずは、その一部門として、なまあずソリューションとして残ることになりました。情報発信と開発を主な業務としています。情報発信は住生活安心サイトなまあずの運営、メルマガの発行、電子書籍の発行などです。開発はホームページの作成、アプリ開発、構造計算ソフトマニュアル作成などです。

住生活安心サイトなまあずは、リニューアルして情報提供に特化したサイトとなります。またメルマガも発行予定です。住生活に便利な情報を提供していくポータルサイトを目指し取り組みます。また得意分野である、地震、耐震、防災、バリアフリーなどの記事も拡張していく予定です。