お勧め防災用品 2015(なまあず本舗)


今年は阪神大震災から20年目。様々なイベントも企画されています。年初より桜島が噴火しそうな感じにもなっており、再び防災に注目が集まっています。防災用品も日々進化していますので、紹介していきます。

 

 

★ヘルメットは必要不可欠ですが、嵩張りますよね。このタタメットズキンは、折りたたんで収納しておくことが出来ます!また緊急時は素早く立体化し着用することができるうえ、アーチ構造により強度を確保していますので信頼性・実用性が高いです。

★防災用としてだけでなく、現場に持っていくのもかさばらず便利です。価格は若干高いですが、それだけのことがあるお勧めの商品です。

★様々な防災ベッドがありますし、ベッドを被うタイプもあります。この商品はベッドの中に逃げ込むタイプなので、通常時は上部に圧迫されず開放的でいいです。

★強度は折り紙付きで、可動タイプにもかかわらず、緊急時のスイング機能も50kgの重さに耐えられますし、内部に逃げ込めば約2トンの荷重にも耐えることができる本格タイプです。工事も必要なく手軽に設置できることもポイントです。

★最近、雷や通り雨、集中豪雨が多いのは、気のせいではありません。特に雷は危険です。この商品は最大40km圏内の電荷を伴った雲を検出して教えてくれます。

★室内で安全であってもパソコンなどは壊れる可能性がありますので、先にパソコンの電源を落とす、などの対策も敷けるので、一個持っておいてもいい防災商品です。

★被災時には木を燃やしたりして暖を取ったり、料理したりすることも多いと思いますが、この商品は、燃やした熱で発電する新しいタイプの発電機です。上部で料理したり、暖をとったりすることも可能で、特に冬には役に立つ商品だと思います。

★2014年秋発売の新商品で、今後の活躍が期待できます。

★約3000回も着火できる現代的な火打ち石です。マグネシウムで出来ていて小型軽量で火が付けやすいので、非常用持ち出し袋に是非とも入れておきたい逸品です。

★海に面した町に住んでいるなら、この商品はおすすめです。海水で点灯するLEDライトです。海水だけで明かりがつくので重宝します。意外に明るいので沿岸部の方は常備しておくといいでしょう。

★非常食は皆さん買っていると思いますが、意外に賞味期限が短く、すぐに買い換えなければなりません。この商品は25年も長期保存が可能なのでお勧めです。

★非常時は実際、このような商品をたくさん食べ続けることなんてできません。あくまで救援が来るまでのつなぎのはず。きちんとしたものを買いましょう。

★なまあず本舗でも常備している、水を入れるだけで使える乾電池。

★意外にも被災時には、わずかなら水を用意できますので、活用の幅が広がります。

★上記の水電池で利用できるAMFMラジオです。セットに水電池が入っているのでこのパックを用意しておけば安心です。

★できれば、予備の電池を買っておきたいところです。

★携帯でもワンセグやラジオも・・・と思うかもしれませんが、バッテリー切れが心配。やはり独立したものを持っておきたいものです。

★2.8インチなので画面としては小さいですが非常時としては十分でしょう。155gと軽いうえ、テレビも15時間以上もち、ラジオでイヤホンなら34時間ももつので、十分でしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.